サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

魂の在処
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02610-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

魂の在処

著者 中山 雅史 (著),時見 宗和 (著)

あるのは負けずぎらいとサッカーを愛する気持ちだけ−。サッカーにすべてを捧げた男、中山雅史。希代のストライカーの実像とは。足が折れても走り続ける熱情の源を、自身の言葉と関係...

もっと見る

魂の在処

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

魂の在処

1,123(税込)

魂の在処

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あるのは負けずぎらいとサッカーを愛する気持ちだけ−。サッカーにすべてを捧げた男、中山雅史。希代のストライカーの実像とは。足が折れても走り続ける熱情の源を、自身の言葉と関係者の証言で明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中山 雅史

略歴
〈中山雅史〉1967年静岡県生まれ。日本リーグのヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)に入団。2012年、一線を退くことを発表。
〈時見宗和〉1955年神奈川県生まれ。『月刊スキージャーナル』編集長を経て独立。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/08 20:44

投稿元:ブクログ

ジュビロのサポマガに掲載されていた時見さんのコラムも掲載。

あの頃はジュビロに当たり前のように中山選手がいたなぁ~

とあらためて懐かしく思います。



勝つのは当たり前、今日は何点獲るだろうか

そしてゴン中山は点を獲るか

そんなところに一番の関心事を置きながら

磐田に向かった日々がありました。



そしてスタジアムにはたくさんの表情があった。

ドゥンガが怒ってるよ。

福西、守備しろよ。

服部、すごいスタミナだなぁ~

10番と7番の遊び心。

そしてそのチームの象徴としていつもゴン中山がいた。



はたしてジュビロにあんな日々がまた訪れるのだろうか。

いつか中山さんがジュビロに指導者として戻ってきて

あの時のようなチームを作ってほしいと本気で思っています。



チームは再びユースでの育成に力を入れ始めました。

やっぱり生え抜きって格別だよね。



そこから育った選手たちが中山監督のもと

Jリーグそしてアジア、世界を席巻する日を待っています。



その時、また「魂の在処」を読みなおそう。

2014/09/02 06:26

投稿元:ブクログ

献本でいただいた一冊となります。

“ゴン中山”の愛称で親しまれ、私の世代ですと“カズ”とともに、
彼らの全盛期とJリーグ草莽期を重ねてみる人も多いのではないでしょうか。

Jリーグ以前から、何事に対してもそのガムシャラで、
ひたすらに前向きなプレイスタイルが印象的な選手ですが、、

こちらは、そんな彼にまつわるトピックが30本、まとまっています。
文の長短がなんとも極端ですので、あちこちに発表されたものなのかな、、

ただ、その内容はいかにも中山さんらしいエピソードがてんこ盛りで、興味深く。

本人の言葉もあれば、時には周囲の人々の言葉もある、
共通しているのは、常に全力で、前向きであること。

 “(プロフェッショナルとは)サッカーに対する真摯な姿勢を見てもらい、
  共感してもらい、応援してもらうこと”

その“魂”の全てをサッカーに捧げ、それをさらけ出している、
理屈ではなくただ、人の心奥を揺さぶるような存在だと思います。

Jリーグが始まってから20年が過ぎ、、

速さやテクニック、身体能力を比べればいくらでも巧いのはいる、
チームとしての戦略も比べようもないほど変わっている、

育成環境もプレイ環境も、スポーツとしての知名度も、、
それこそ比べようもない位に恵まれるようになっている。

 “中山には自分が試合に出られなくてもチームをまとめる力がある”

それでも、彼(とその世代)が持つ“魂の輝き”は、
まだまだ色褪せることなく伝わってくるのではないでしょうか。

1998年はカズにいてほしかった、2002年はゴンちゃんだった、
2006年はいなかったと、2010年は本田選手だったのかな、、

そして2014年はやはり、不在だったとあらためて。

さて今週から、2018年に向けた新しい体制がスタートしますが、
実体をもった“リーダー”を育てる必要ではないのかな、なんて。

2014/11/01 22:43

投稿元:ブクログ

熱い思いが詰まった本です。Jリーグ創設時期からずっとフロントランナーとして走り続けたゴン中山の内面、またその周りの人から見た中山がわかりました。サッカーに対する頑ななまでの真剣な姿勢・プレーは、やはり私を魅了してならない。
引退報道のときはがっくりきたけど、でもこれ以降もずっとゴン中山であることは変わらないと確信できます。がんばれ!
あと、まだ現役を続けているカズも、改めてすごいんだなぁと実感。

2015/02/24 18:37

投稿元:ブクログ

泥臭い男というイメージがあるゴンちゃん。

あまりサッカーのことを知らなかったのでゴンちゃんがケガをしながらピッチに立っていたということを知りませんでした。

今という瞬間に全力だったゴンちゃんの魂は熱いです。


この本の構成といいうのか時系列の並びがのせいで少し読みにくいなと思いました。

サッカー・フットサル ランキング

サッカー・フットサルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む