サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. シェイクスピアの退魔劇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

シェイクスピアの退魔劇(富士見L文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/08
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 富士見L文庫
  • サイズ:15cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-070302-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シェイクスピアの退魔劇 (富士見L文庫)

著者 永菜 葉一 (著)

黒死病の流行により亡者が跋扈する十六世紀ロンドン。カトリックの秡魔師たちが追放されて以降、この街を守っていたのは霊的な力を秘めた「退魔劇」だった。始まりの舞台は、テムズ川...

もっと見る

シェイクスピアの退魔劇 (富士見L文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

シェイクスピアの退魔劇

713(税込)

シェイクスピアの退魔劇

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

黒死病の流行により亡者が跋扈する十六世紀ロンドン。カトリックの秡魔師たちが追放されて以降、この街を守っていたのは霊的な力を秘めた「退魔劇」だった。始まりの舞台は、テムズ川の南にある劇場、三日月座。記憶を失くし、迷い込んだ少年が出会ったのは、稀代の劇作家を自称する美女―シェイクスピアだった!一瞬で心を奪われた少年は、彼女の「従僕」となり、ともにロンドンの魔を秡う「退魔劇作家」の道を歩み始めるのだが…。さあ、ここにシェイクスピアの幻想劇が幕を開ける―!【「BOOK」データベースの商品解説】

黒死病の流行により亡者が跋扈するロンドンを、霊的な力を秘めた「退魔劇」が守っていた。記憶を失くした少年は、稀代の劇作家を自称する美女シェイクスピアに出会い、共にロンドンの魔を祓う「退魔劇作家」の道を歩み始める。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/17 00:23

投稿元:ブクログ

 ロンドンにはゴーストのたぐいとミステリーがよく似合う。

 苦手な文体なので最後まで読めるか心配だったのですが、謎が二転三転して真相へ至る展開にドキドキしつつ一気読みしてしまいました。
 無駄な装飾のない文章なので、こういう「早く先を知りたい!」と思うような展開のときにはさっさか読めて良いですね。

 演劇的な配役で、それぞれの思惑が立体的に交錯するように描かれている点はすごく好きです。
 しかし根本的に、シェイクスピアである必要性を感じないし、女性である必要性もぶっちゃけない。
 あと、従僕がちょっとかっこよすぎたのがなぁ。かっこいいのはいいんだけど、そのかっこいい由縁が欲しかったというか……。「僕も一緒に地獄に墜ちます」までに、もっとはっきり成長していく過程を見せてほしかったり。

 わたし的に、いろいろと惜しい作品でした。

2014/11/10 10:19

投稿元:ブクログ

2014年11月9日読了

視点が変わる様はまるで舞台脚本のようだけど、その切り替えは好き嫌いあるんじゃないかなと思う。内容はそそられるけど、やっぱり視点切り替えのせいで気持ちがブツリと切れて、物語に入り込めない。同時に他人事のように感じてしまうのは否めない。
気が強い通り越してイラッとするシェイクスピアの存在は魅力的で、やっぱり惹かれるものはあるけど、W主人公というには従僕に食われてる。どっちをメインにしたかったんだろう?

従僕の正体を意味深に濁して終わるのは物語としては綺麗だけど、1巻完結としてはどうなんだろうか。マーロウはキャラ的にいいと思うんだけど。
素材としては面白いので、ちょっと勿体ない作品だなぁと思った。

2015/07/12 11:35

投稿元:ブクログ

シェイクスピアのことばには力が宿る。

素材は自分好みなのに、なんかもったいない印象だった。偽史ということで、IFの世界だと割り切ればいいのだが。シェイクスピアの正体は、それこそ色々な説があるので、女性だった、というのもひとつ面白いけれど、(女性だった設定はフィクションの世界では定番)何か、広がる感じがしなかった。もったいない。劇が魔を退ける役割をするというのも、演劇の歴史をひもとくと面白い話だし、楽しめなかったのが残念。

劇作家シェイクスピアが女性でも、女性が舞台にあがるでも、当時(いわゆる「正史」の当時)なら受け入れられないことなので、そういうところが引っかかってしまったのもあるかもしれない。エリザベス女王が演劇を好んでいたのと、女王の一存で事態が動いてしまうのは、『恋に落ちたシェイクスピア』風ではあるけど。『恋に落ちた〜』を重ねてしまって、この話が受け入れられなかったのかもしれない。

2014/09/13 22:08

投稿元:ブクログ

舞台の幕と幕間を意識して構成された話なんだろうな。と思いつつさらりと読めた本。ただややキャラクターの立たせ方が態とらしくて世界に入り込むには引き込まれ方がイマイチ。設定が活かし切れてない印象。

富士見L文庫 ランキング

富士見L文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む