サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. スパイダーマン:ステイシーの悲劇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スパイダーマン:ステイシーの悲劇
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

スパイダーマン:ステイシーの悲劇 (ShoPro Books)

著者 スタン・リー (作),ジェリー・コンウェイ (作),ギル・ケイン (画),ジョン・ロミータ・シニア (画),高木 亮 (訳)

お前のことは、絶対に許さない! スパイダーマンの世界に大きな影響をもたらした2つの悲劇。ジョージ・ステイシー警部とグウェン・ステイシーの死を描く。【「TRC MARC」の...

もっと見る

スパイダーマン:ステイシーの悲劇 (ShoPro Books)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お前のことは、絶対に許さない! スパイダーマンの世界に大きな影響をもたらした2つの悲劇。ジョージ・ステイシー警部とグウェン・ステイシーの死を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/05 01:00

投稿元:ブクログ

古本の光文社バージョンが懐かしいが、大判・カラー・より忠実な訳出(しかたないし味もあるんだけど)で悲劇のドラマ性が強調された再訳。グウェンが一言もない間に死んでしまうのはいかにも「話作りのための死」であんまりな気がするけど、普段にない鬼気迫るムード作りは確かに貫禄。G.ケイン&JRSRコンビの画は今見ても抜群の筆力でカッコよくお洒落。

2016/12/12 00:05

投稿元:ブクログ

「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで映画においても再現されたスパイダーマンの歴史の中でも大きなイベントであるステイシー父娘の死にまつわるエピソードを収録した一冊。かつての著者たちが載せたコメントにもある通り、その後のコミックの展開を変えたのかもしれない重大な事件がしっかり読めるのはとてもうれしい。他のスパイダーマン関連作の解説の中に必ず顔を出すほどのエピソードなので、ぜひ一読しておくべきだろう。
ピーターの等身大のヒーロー像に、我々は共感して読み進めてしまうので、グウェンの死に対してもそのように受け止めなければならない。そして直接の死因がよくわからないとしたら…。一人の人間の死の影響について、じっくりと考えさせらえる良作である。
なお、邦訳作品では意外にお目にかかれない、ドクオックとグリーンゴブリンのちゃんとした活躍が読める点も魅力的だ。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む