サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 食べない人たち 「不食」が人を健康にする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

食べない人たち 「不食」が人を健康にする
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/10
  • 出版社: マキノ出版
  • サイズ:19cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8376-7214-2
  • 国内送料無料

紙の本

食べない人たち 「不食」が人を健康にする

著者 秋山 佳胤 (共著),森 美智代 (共著),山田 鷹夫 (共著)

不食とは、食べるのをがまんすることではなく、食べないほうが、心と体にとってどれだけらくで、どれだけ多くの幸福をもたらすかを知ること。3人の不食の実践家が明かす、不食のテク...

もっと見る

食べない人たち 「不食」が人を健康にする

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不食とは、食べるのをがまんすることではなく、食べないほうが、心と体にとってどれだけらくで、どれだけ多くの幸福をもたらすかを知ること。3人の不食の実践家が明かす、不食のテクニックと新しい生き方。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

食べない生き方

2015/10/02 02:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mosiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

このままでは食べていけないんじゃないだろうか…、そんな不安は、食べないでも生きていけるとしたら即座に解消されるだろう。
この本はまさにその、食べない生き方を実践されている方々による本である。
一朝一夕には真似できない、しかしこういう生き方があるのだと知っているのと知っていないのとでは人生が違ってくるように思う。食べるということの意義について考えさせられる一冊。面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもわかりやすい。

2014/09/02 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:masashi358 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不食という衝撃的な言葉の意味がとてもわかりやすく書いてある。筆者達の経験を通じて、少食から不食への道が理解しやすく書いてある。自分にも実践できそうに思える。
不食の必然性も納得できる。おすすめ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小食の先にある世界

2015/02/04 12:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:panevino - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ1年程度、1日1食をめざしてきた。2日に1日~3日に2日は、1日1食生活を苦も無く送れるようになってきた。
 そうすると不思議なことに、もっと食べなくても大丈夫って感覚がが芽生えてくるのだ。自分の体が小食生活に慣れてきたのかな。

 プラーナ(エネルギー)を摂取できるから食事は要らない。その感覚はまだ皆目見当つかないし、信じ切っているわけでもない。でも、それが本当なら、是非とも体感したいな、とも思う。
 少なくとも、現代栄養医学に反する生活を続けてきて、体調も体型も体力も改善しているわけだから、今の世間一般の常識と反しているから、っていうのは僕にとっては信じない理由にはならない。

 1年先、3年先の僕が、どこまで不食に近づいていられるか、不思議体験を自分でも経験できるのか、楽しみで仕方ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

より進化した「不食」の理論

2016/06/28 12:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sankaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

2004年に山田鷹夫氏の最初の不食の本を買い、自分でも猿まねで不食を始めたが2011年に完全に挫折。体調を崩し普通の食事に戻った。その後、南雲吉則氏の本などを読み、2013年に回復した時は、自然と朝ごはん抜きの一日二食になっていた。
2016年5月の新聞広告に秋山氏の本が掲載されたので今回この本を手に取った次第である。

「体と相談しながらやる」「不食ではなくまずは少食を目指す」「十年かけるつもりでやる」などより安全性が考慮された理論もさながら、久しぶりに読んでみてやはり読むのが非常に楽しかった。というのも自分の食生活も最初に始めたころより確立されてきたこともあるだろう。
不食の前段階として、玄米菜食や青汁から始めるということからも伺えるが、何より「質の良い食事に意識を向けさせる」。これが不食への第一歩のように思う。プロ野球の工藤公康選手の「粗食」などが大きな助けになるかもしれない。私はそれに10年かかってしまったが・・・(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/03 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/27 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/01 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/28 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/02 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/01 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/11 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/23 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/03 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/07 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

栄養・食生活 ランキング

栄養・食生活のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む