サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ピサロ 永遠の印象派
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:18cm/142p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-422-21225-8
  • 国内送料無料

紙の本

ピサロ 永遠の印象派 (「知の再発見」双書)

著者 クレール・デュラン=リュエル・スノレール (著),藤田 治彦 (監修),遠藤 ゆかり (訳)

印象派の長老であり、いったん、点描主義つまり新印象派に移行しながらも印象派へと回帰したピサロに関する最適の手引書。ピサロの生涯だけでなく、印象派全体、さらには19世紀後半...

もっと見る

ピサロ 永遠の印象派 (「知の再発見」双書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

印象派の長老であり、いったん、点描主義つまり新印象派に移行しながらも印象派へと回帰したピサロに関する最適の手引書。ピサロの生涯だけでなく、印象派全体、さらには19世紀後半のフランス絵画も展望できる。【「TRC MARC」の商品解説】

1830年にデンマーク領アンティル諸島で生まれたカミーユ・ピサロは、フランスで画家としての生涯を送った。主に農村風景を描き、自然の風景や人々の暮らしを豊かな色彩で描いた。8回行われた印象派展のすべてに唯一参加。若手画家との交流も盛んに行い、新印象派の作品を熱心に制作した。また、晩年には都市景観などの描写にも取り組んだ。19世紀の印象派の中心的存在であり続け、印象主義の探求に人生を捧げた巨匠の軌跡。【商品解説】

目次

  • 第1章 アンティル諸島からパリへ
  • 第2章 印象派の冒険
  • 第3章 印象派から新印象派へ
  • 第4章 最後の住居エラニーと最初の成功
  • 第5章 都市シリーズ
  • 資料篇

著者紹介

クレール・デュラン=リュエル・スノレール

略歴
〈クレール・デュラン=リュエル・スノレール〉美術史家。著名な画商ポール・デュラン=リュエルの子孫。カミーユ・ピサロの作品の研究と鑑定に従事。数多くの展覧会を企画している。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む