サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/24
  • 出版社: 産経新聞出版
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8191-1248-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

著者 皿木 喜久 (著)

あなたは子や孫に教えられますか? 日本が戦った本当の理由を…。日清・日露、米英との戦いなどについて解説します。『産経新聞』連載「子供たちに伝えたい日本人の近現代史」から戦...

もっと見る

子供たちに伝えたい日本の戦争 あのときなぜ戦ったのか 1894〜1945年

1,404(税込)

子供たちに伝えたい日本の戦争

1,404 (税込)

子供たちに伝えたい日本の戦争

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたは子や孫に教えられますか? 日本が戦った本当の理由を…。日清・日露、米英との戦いなどについて解説します。『産経新聞』連載「子供たちに伝えたい日本人の近現代史」から戦争に関する部分を取捨選択し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

皿木 喜久

略歴
〈皿木喜久〉昭和22年鹿児島県生まれ。京都大学文学部卒業。産経新聞社入社。特集部長、論説委員長などを経て産経新聞特別記者・編集委員。著書に「紅陵に命燃ゆ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の戦争

2014/09/17 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新から日本は外国の脅威に曝されて、何時植民地にされるか危機感が蔓延していた。北はロシア、南はイギリス、フランス、オランダ等列強に囲まれていた。ロシアの南下を防ぐため、朝鮮半島はロシアの植民地にできない。清国を叩くべき日清戦争をやり、すぐさま、眠れる獅子の清国が弱いと知るなら、列強は、次々に植民地にしていった。利権をめぐりロシアと対立し日露戦争が起き、欧州で第一次世界大戦に参加。それでも、列強国は、東南アジアの小国日本が目障りだった。ドイツの委任統治国を委任するようになると、列強と接することにより、利害が対立し、大東亜戦争に発展。今までの戦争の経緯がよく書かれている。ほどんとが、戦争が起きて、結果、こうなった。しかでていない。それも、日本人が悪いことをしたと、連合軍の裁判そのものを引用して書かれているし、教科書もそうなっている。日本人が真実を知らないで、戦勝国の史観をそのまま鵜呑みにしていることが、大きな過ちである。それが、戦後70近くになっても、改めようとしないのが、日本である。ドイツは、いち早く戦勝国の史観を捨て、独自の生き方を模索、成功して、他国に言われることない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/10 06:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 04:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/05 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

戦争・テロ・平和 ランキング

戦争・テロ・平和のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む