サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 宇宙の果てはどうなっているのか? 謎の古代天体「ヒミコ」に挑む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宇宙の果てはどうなっているのか? 謎の古代天体「ヒミコ」に挑む
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/19
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2639-6
  • 国内送料無料

紙の本

宇宙の果てはどうなっているのか? 謎の古代天体「ヒミコ」に挑む

著者 大内 正己 (著)

古代宇宙の巨大天体「ヒミコ」。発見者の日本人天文学者が、ヒミコの謎について、発見・研究の過程を追いながら詳しく解説。宇宙の歴史や天文学の成り立ち、最新の望遠鏡についても説...

もっと見る

宇宙の果てはどうなっているのか? 謎の古代天体「ヒミコ」に挑む

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代宇宙の巨大天体「ヒミコ」。発見者の日本人天文学者が、ヒミコの謎について、発見・研究の過程を追いながら詳しく解説。宇宙の歴史や天文学の成り立ち、最新の望遠鏡についても説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大内 正己

略歴
〈大内正己〉1976年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。東京大学宇宙線研究所准教授。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の科学研究員を併任。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/24 12:48

投稿元:ブクログ

この本
「宇宙の果てはどうなっているのか?」
子供の頃からの疑問が
そのままタイトルになっているのだ!
読まずにいられましょうか(^.^)

著者は東京大学宇宙線研究所准教授 大内正己さん。
130億光年の彼方の巨大天体ヒミコを発見した
38歳の若き天文学者だ。

宇宙の果てはどうなっているのか
それを明らかにするために大内さんたち
世界中の天文学者が日夜
観測と考察を繰り返している。

この本にはもちろん
聞き慣れない専門用語がたくさん出てくる。
しかし
「宇宙の進化」「天文学の歴史」で
宇宙とその研究の基本を
「望遠鏡の世界と観測の実際」で
観測方法と研究の実情を
「ヒミコ発見」「ヒミコとは何か」で
ヒミコの「謎」、その謎とは何なのかを
丁寧にわかりやすく説明して下さっている。

さて、ヒミコの謎とは。。。?

そもそも宇宙は
小さな銀河が合体と集合を繰り返して
大きな銀河に成長していく
ボトムアップシナリオに従って進化したと
考えられている。

しかし
ビッグバンから間もない時代に(といっても8億年後)
現在の宇宙の標準的な銀河に近い
直径5万5000光年、質量は太陽の数百億倍
という大きな銀河が存在するとしたら
それはどういうことなのか?

ということ。
さらに、ヒミコはガスに包まれた3つの星の塊が
横一直線に並んでいる。
これもなかなかに珍しいことなのだそうだ。

今も大内さんは観測を続けており
世界中の学者たちがヒミコを追いかけているので
今後、その謎は少しずつ解明されていることだろう。

宇宙は加速しながら膨張を続けているから
宇宙の果てをのぞくことが果たして
人間にできるのかどうか。

それでも、あてのない旅を続ける
天文学者の皆さんが私はとてもうらやましい。

2014/11/27 00:11

投稿元:ブクログ

発見者が自ら語る巨大銀河ヒミコ発見の顛末。前半で観測天文学の前提知識も要領よくまとめてあって万人に読みやすい。駆け出しの頃のエピソードや大望遠鏡の観測時間獲得競争,研究チームの作り方といった天文学研究の裏話も大変興味深い。
ヒミコ命名の経緯も思い入れがあるようで詳しい。130億光年離れた古代の銀河で,すばる望遠鏡を使って日本人研究者が発見,多くの謎に満ちた天体ということで卑弥呼の名前を採ったそうだが,良いネーミングと思う。すんなりというわけではなかったようだけど,晴れて採用になって良かった。
序盤では観測天文学者として「近代天文学の12大発見」を推してるのだがこれも有用。
①ガリレオの望遠鏡による天体観測(1609-10)
②ケプラーの法則(1609-19)
③ハーシェルによる天の川銀河の発見(1800頃)
④太陽からの赤外線の発見(1800)
⑤エディントンによる一般相対論の検証(1919)
⑥ハッブルによる系外銀河と宇宙膨張の発見(1924-29)
⑦ツビッキーによる暗黒物質の示唆(1934)
⑧宇宙マイクロ波背景放射の発見(1964)
⑨宇宙大規模構造の観測(1989)
⑩宇宙背景放射の非等方性の発見(1992)
⑪太陽系外惑星の発見(1995)
⑫宇宙の加速膨張の発見(1998-99)

2015/01/17 19:29

投稿元:ブクログ

初期宇宙の銀河ヒミコの発見者による、宇宙探索の物語です。
理論屋による解説本が多い中、観測屋の夢溢れるドキュメンタリーは、新鮮であり、気持ちが伝わってきました。うらやましい限りですね。

2015/10/31 09:11

投稿元:ブクログ

物理的な内容から、泥臭い観測の現場まで、バランス良く簡易な表現でまとめられた良い本だと思います。
悠久の時間にロマンを感じる職業、大変でしょうがその素晴らしさが存分に述べられており、羨ましさを感じました。