サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ティーンズラブ
  4. 新妻は秘密に喘ぐ 伯爵様に愛されて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新妻は秘密に喘ぐ 伯爵様に愛されて(ヴァニラ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新妻は秘密に喘ぐ 伯爵様に愛されて (ヴァニラ文庫)

著者 蜜乃 雫 (著)

ある事情から令嬢ロゼリアの身代わりに、伯爵家のセドリックに嫁ぐことになったパン屋の娘リディア。彼女の目的は1日も早く離縁されること。令嬢らしからぬ行動で嫌われようとするも...

もっと見る

新妻は秘密に喘ぐ 伯爵様に愛されて (ヴァニラ文庫)

626(税込)

【電子限定インタビュー付】新妻は秘密に喘ぐ~伯爵様に愛されて~

648 (税込)

【電子限定インタビュー付】新妻は秘密に喘ぐ~伯爵様に愛されて~

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある事情から令嬢ロゼリアの身代わりに、伯爵家のセドリックに嫁ぐことになったパン屋の娘リディア。彼女の目的は1日も早く離縁されること。令嬢らしからぬ行動で嫌われようとするも、伯爵からは昼も夜も激しく愛され甘い蜜月に溺れてしまう。彼への想いと嘘をつき続けることに悩むリディアは―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

「ふしだらな花嫁は、これがお望みかな」 ある事情から侯爵令嬢ロゼリアの身代わりに、伯爵家のセドリックに嫁ぐことになったパン屋の娘リディア。早く離縁されたい彼女は、令嬢らしからぬ行動で嫌われようとするが…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

電子書籍

冒頭のシーンは騙された!

2015/11/09 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pisces_pk - この投稿者のレビュー一覧を見る

身代わりのストーリーで存分に堪能する、しかもパン作りプレイが斬新!ヒーローは溺愛系とは意外だ、嫉妬深いも萌える!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

フレッドにも秘密がありそう。

2015/08/31 14:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

早くに母を亡くし、パン屋の叔父、フレッドに育てられた娘、リディア。
出入りしている侯爵家の娘ロゼリアの身代わりになり、伯爵家に嫁ぐところからお話が始まります。
全く違う境遇の2人がよく似ている…ご都合主義以外の何者でもありませんなぁ、と軽く読み飛ばしましたが、それも後の伏線になっていようとは…

リディアの使命は、とにかく早く離縁されること。
貴族の娘にあるまじき行動をとって、結婚相手である伯爵家のセドリックに嫌われようとする度に、逆に惚れ込まれてしまう、よくある展開。
リディアも、セドリックに身も心も愛し、愛されて行きます。
嘘をついていることが辛くて、真実を告げようとするリディア。
けれども…

って感じで、めくるめく激情型の展開です。
セドリックは甘くて優しいですが、これまた激情タイプで、疑心暗鬼と嫉妬に狂ってすごいことやっちゃいます。
まあ、愛があるのが見え見えなので、痛々しくはありません。
パン作りエロがなんともエロいです。

リディアのキャラクターが可愛くて、あまりにもピュアで人を信じやすい彼女の思考回路に、読み手もドキドキハラハラさせられます。
そんな甘いもんじゃないのよーと、私達の心の声を代弁してくれるのが、良識派の侍女マーシャ。
彼女の存在が、暴走しそうなストーリーの進行をうまくコントロールしてくれます。

ストーリーの進行に、埋められなかった気になる穴がポツポツあるので、あまり★の数はあげられないけれど、★以上に面白く読めた一冊です。

フレッド叔父さまも、ただのパン屋のくせに知的で品があって、なにかまだ裏があるのかな~って感じがしました。
スピンオフとして、続きが読みたい感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身代わり婚

2016/10/12 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

庶民育ちの娘が侯爵令嬢の身代わりとなって伯爵に嫁ぎ、なのでバレないうちに離婚されるように仕向けなければ…!という設定の割に大してその役割に身を入れてない、というかろくな演技をしていない。まあ、庶民丸出しなので通常であれば伯爵に気に入られることはないはずなんだけど。庶民育ちだけど実は侯爵の庶子でしたという設定が、かなり早い段階から透けて見えてたのでそこは今ひとつ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

結局ラブラブ

2014/10/05 22:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リディアはパン職人の叔父に育てられたパン屋の娘だ。
 公爵令嬢ロザリアとは身分を超えて友達のようにお付き合いをさせてもらっていた。そのロザリアに縁談が持ち上がるが、ロザリアは別の男性と恋をしていた。お嬢様の無邪気なお願いで、リディアが身代わりに伯爵家に嫁いで、早々に離縁されるようにすることになってしまった。
 初夜。リディアには夫婦の夜の営みについて全く知識が無かった。無かったからこそ簡単に身代わりを引き受けてしまったのだが。
 夫となったセドリックに優しく激しく触れられて----。

 ヒロイン・リディアの素直で優しい気質が反対に笑いを呼ぶところも有り好感の持てるキャラクターであると思います。
 そんな天然ヒロインをどんどん好きになっていくヒーロー・セドリックも好感が持てました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/20 00:21

投稿元:ブクログ

パンやの娘のリディアがお得意先の侯爵令嬢ロゼリアの身代わりに伯爵セドリックに嫁ぎ、早急な離縁を勝ち取ろうとするも、セドリックと相思相愛になった上に嘘がばれちゃったって感じで進みます。内容的には先が見えるんですけど、最後のリディアの身の上は意外だったかな。

ロゼリアが相手の男に騙されて、国外に一人っきりだったのが、最後はハッピーになっていたみたいだけど、お嬢様一人が何もなかったんだろうか?って、変なところが気になっちゃいました。

あと、イラストはデジタルっぽいんですけど、私の好みとは違ってて、それがちょっと残念でした。