サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

記憶喪失の花嫁(MIRA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

記憶喪失の花嫁 (MIRA文庫)

著者 マリー・フェラレーラ (著),塚田 由美子 (訳)

目が覚めたとき、彼女は何も覚えていなかった―隣に眠る男性が誰なのかも、自分の名前も。不安に駆られて、ホテルの部屋をかき回した彼女が見つけたのは、純白のウエディングドレス。...

もっと見る

記憶喪失の花嫁 (MIRA文庫)

780(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目が覚めたとき、彼女は何も覚えていなかった―隣に眠る男性が誰なのかも、自分の名前も。不安に駆られて、ホテルの部屋をかき回した彼女が見つけたのは、純白のウエディングドレス。すると、眠っていた男性が目を開けた。豹のようにしなやかな体に端整な顔立ちの彼は、彼女が記憶をなくしたと知るとわずかに顔をこわばらせて教えてくれた。彼女の名はホイットニー。彼、ゼーンとハネムーン中の花嫁だと。だが美しい夫は、目に欲望を浮かべるものの彼女をベッドに誘おうとせず、キスさえもためらう。彼は本当に私の夫なの…?【「BOOK」データベースの商品解説】

目覚めると、記憶をなくしていた。隣で眠っていた男性は花婿のゼーンで、私は花嫁のホイットニー。ふたりは新婚旅行中だという。でも、それならばなぜ、彼の愛撫はぎこちないの?【「TRC MARC」の商品解説】

目が覚めたとき、彼女は何も覚えていなかった――隣に眠る男性が誰なのかも、自分の名前も。不安に駆られて、ホテルの部屋をかき回した彼女が見つけたのは、純白のウエディングドレス。すると、眠っていた男性が目を開けた。豹のようにしなやかな体に端整な顔立ちの彼は、彼女が記憶をなくしたと知るとわずかに顔をこわばらせて教えてくれた。彼女の名はホイットニー。彼、ゼーンとハネムーン中の花嫁だと。だが美しい夫は、目に欲望を浮かべるものの彼女をベッドに誘おうとせず、キスさえもためらう。彼は本当に私の夫なの……?【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/15 22:00

投稿元:ブクログ

LS63の再版。
一時的な記憶喪失で、自分を花嫁だと思い込むホイットニー。
新婚のふりをして、ある男に近づく工作員であるゼーンは、任務を忘れた彼女の行動に、ドキドキハラハラという、テンポの良いサスペンスロマンスです。
無邪気に彼を信じ、素直な直感で彼との愛を信じようと、数々の矛盾する疑問に悩みながら彼を誘惑という展開。
サスペンス度は低く、記憶喪失ものの恋愛につきものの裏切られてという展開も悲壮感はない。どちらかというとコミカルで楽しいお話。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4128.html