サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. キリマンジャロの雪 フランシス・マカンバーの短く幸せな生涯

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キリマンジャロの雪 フランシス・マカンバーの短く幸せな生涯
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発売日:2014/07/20
  • 出版社: 青灯社
  • サイズ:18cm/179p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:978-4-86228-073-2
  • 国内送料無料

紙の本

キリマンジャロの雪 フランシス・マカンバーの短く幸せな生涯 (金原瑞人MY FAVORITES)

著者 アーネスト・ヘミングウェイ (著),金原 瑞人 (編)

● 翻訳家・金原瑞人さんが選ぶ My Favorites シリーズ。 ● 日本でも人気の米作家・ヘミングウェイの珠玉の短編の中から、  アフリカの雄大な情景と繊細な心...

もっと見る

キリマンジャロの雪 フランシス・マカンバーの短く幸せな生涯 (金原瑞人MY FAVORITES)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

● 翻訳家・金原瑞人さんが選ぶ My Favorites シリーズ。
● 日本でも人気の米作家・ヘミングウェイの珠玉の短編の中から、
 アフリカの雄大な情景と繊細な心理描写が魅力の二編。
● 原文をそのまま、すべて収録。
● 英文と見開きの丁寧な語注で、辞書なしで読める。
● 多読用に最適。【商品解説】

目次

  • まえがき 金原瑞人
  • The Snows of Kilimanjaro
  • The Short Happy Life of Francis Macomber
  • あとがき 金原瑞人

著者紹介

アーネスト・ヘミングウェイ

略歴
アーネスト・ヘミングウェイ
アメリカの小説家(1899-1961)。イリノイ州オークパーク生まれ。
高校卒業後新聞記者となる。第一次大戦やスペイン内乱での従軍経験をもとにした『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』など、自身の実体験に取材した作品を多く残した。
『老人と海』が世界的ベストセラーとなり、1954年ノーベル文学賞受賞。
シンプルで力強い文体と冒険的なライフスタイルは20世紀のアメリカの象徴とみなされ、各方面に影響を与えた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

矮小さと雄大さ

2016/09/03 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

アフリカの自然のちからを感じた。一方で、人間のおろかさや弱さも描いているところがヘミングウェイらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/28 21:15

投稿元:ブクログ

英語に対する能力のなさを再認識。
分からない言葉が出てくると右扉の語注に目を向けては筋を見失い、また筋を追い始めると単語に詰まるの繰り返し、情けなし。
とは言うものの独特の空気を纏った作品であることは分かりましたかな?アフリカというより、狩猟およびその描写がむしろ鍵のような気がして、原文を読んだ甲斐があったかも。この2作品を翻訳版で読むとおそらくあっさりした作品に見えてしまうのではないかと思われる。
完全に負け犬の遠吠え的感想ですな、これは。

英語・外国語 ランキング

英語・外国語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む