サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本をめぐる安全保障これから10年のパワー・シフト その戦略環境を探る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本をめぐる安全保障これから10年のパワー・シフト その戦略環境を探る
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/09
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:21cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1414-7
  • 国内送料無料

紙の本

日本をめぐる安全保障これから10年のパワー・シフト その戦略環境を探る

著者 渡邉 昭夫 (編著),秋山 昌廣 (編著)

いずれ米中二大強国へと覇権は移っていく。そのとき、日本を含めたアジアはどう動くのか。安全保障学の泰斗11人が、喫緊の課題と将来の展望を果敢に論じる。【「TRC MARC」...

もっと見る

日本をめぐる安全保障これから10年のパワー・シフト その戦略環境を探る

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いずれ米中二大強国へと覇権は移っていく。そのとき、日本を含めたアジアはどう動くのか。安全保障学の泰斗11人が、喫緊の課題と将来の展望を果敢に論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

パワー・シフトのなかの日本の安全保障 山本吉宣 著 16−57
2010年代世界と日本の位置 中西寛 著 58−78
米国新戦略と日米同盟 坂元一哉 著 79−95

著者紹介

渡邉 昭夫

略歴
〈渡邉昭夫〉財団法人平和・安全保障研究所副会長。著書に「アジア・太平洋の国際関係と日本」など。
〈秋山昌廣〉東京財団理事長。著書に「日米の戦略対話が始まった」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/25 13:14

投稿元:ブクログ

日本の戦略は自己の能力を強化するとともに、アメリカとの協力によって、脅威に対抗すること。日本は中国の軍事的な拡大、特に海洋への進出に直接に大きな影響を受けている。

日本は二十のパワーシフトに直面している。米中のパワー取らんじションであり、自身の中国に対するパワーシフトである。

2014/11/02 08:02

投稿元:ブクログ

中国の台頭に伴う米中間のパワーシフトと急速に進む日本の相対的な国力低下。
本書はこれらを背景に、防衛戦略研究会議(1999年、防衛省防衛研究所内に設置)が2013年末に発表したレポート「2010年代の国際環境と日本の安全保障」を一般向けに再編集したものです。

全11章からなり、1章でパワーシフト、パワートランジット(覇権国交代)その物を解説した以降、
世界における日本のポジション(2章)、日米同盟(3章)、日中関係(4章)、日露関係(5章)、朝鮮半島(6章)、東南アジア(7章)、シーレーン防衛(8章)、宇宙開発(9章)、サイバー空間(10章)と続き、最終章で総括を行っています。

上記の通り内容は多岐にわたりますが、中でも印象的だったのが、ニコラス・スパイクマン教授の3つの”地中海”(地中海、カリブ海、南シナ海)と言う概念と、中国の「対米関係さえ押さえておけば、対日関係はどうとでもなる」とのスタンスを利用し、米中関係が比較的安定している間に日本の国力を回復させるべきであるとの提案です。

特に前者の3つの”地中海”については、

アメリカはこれらを自国の世界戦略上、極めて重視しており、もし中国が南シナ海における航行の自由を侵そうとするのであれば、アメリカの国益の根幹を侵害する事となる。
そして、アメリカはその歴史において、航行の自由が侵された事を切っ掛けに戦争に参入した事がある。

との事で、南シナ海を自国の排他的なテリトリーにする為、様々な活動を見せる中国とアメリカの関係の今後が気になる所です。

正直、本書の総ページ数が約280ページである為、各章に割り当てられたページ数は2,30ページと、取り扱っている内容に比して少な目な印象を受けました。
しかし、世界的な激変期における日本の国家戦略が一冊にまとめられた点は大きな長所と言え、これ一冊読めば日本の現状把握に大いに役立つのではないかと思います。

お時間のある時にでもどうぞ。

日本の国防・自衛隊 ランキング

日本の国防・自衛隊のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む