サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

痛いエロ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

痛いエロ (POE BACKS)

著者 アンソロジー

痛いエロ (POE BACKS)

999(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/25 14:01

投稿元:ブクログ

アンソロ本を読み終わった時、テーマが固定されているだけに「食傷気味」つまり「お腹いっぱい…うっ…」となる時と、「この価格でこの満足度!!」と言う場合がある。『痛いエロ』は個人的にはお得感満載。満腹度を超えて「うっ…」となる手前で、痛いだけ、痛い先行ばかりでないコミカルさ、ギャグテイスト、洒落た捻り・逆転劇があり、非常に丁度いい感じである。読後直後なは固定してどの作品が…と言うのは逆にないのだが、プルちょめ『アイツは嫌われている』、プルガリア『午後11時15分足のスメル』の肉体の発するあらゆる臭気が立ち上がって来そうな感じがいい。
神楽坂はん子、梶本レイカ、市川けい、恋煩シビト…BL作家としてファンを抱えている人の作品は非常に綺麗にスマートにまとまっている感じだ。上手さが際立つ。
個人的にはこの作品数で¥925はかなりお得な感じ。一作一作が非常に短い短編集なので、じーっくりぐわーっとのめり込んで読みたい人向けではないが、一発芸の連続と言う感じでテンポよくがーっと読めたのが爽快だった。終始シリアスばかりじゃなくコミカルな要素がある作品もあり、あと、なんといってもページ数が少ないので起承転結が早く(オチが解り易い)読んでてスピード感がある。私のようなせっかち向きだ(笑)
痛いエロ、自分だったらどうとらえてどう言うもの想像するかなぁ、って考えると楽しい。慢性的に同じ場所に噛み傷があり、治癒することがない、と言うのは個人的に「痛痒」くていい。一作品、ページ数が少ないと言うのも逆にいいかもしれん。アンソロ本で10作前後の短編収録の場合、一作品に対する当たる確率は当然低くなる。短編は(4P程の超短編も含めて)如何に記憶に残るかと、起承転結が完了しているのかと、起承転結していてももうちょっと長めに読みたいか、だと思う。
「痛い系」好きと言うと誤解を招く場合もあるが、痛い描写をエロ同様に高揚して読んでいると言う部分も否めないが(ブログにも書いたが「好きな子を苛めたい幼稚さの表れ)、「これだけ痛いのに救われると言う決着を着ける作品にする作家さんの物語力が凄い」の方が勝ってるだよね。

2015/02/05 16:32

投稿元:ブクログ

ボコり愛が読みたかったのと、新しい作家さんを発掘するために購入。
井戸ぎほうさん、羽澄しろさん、すなこさん、ゆのぱんちゃこさんが気に入りました。

2014/12/16 02:12

投稿元:ブクログ

ショートショートでしたが自分的にお買い得だったかな(新規開拓に)特に最後のゆのぱんちゃこ先生、絵が綺麗で余韻の残るアンハッピーエンドでとても良かった。ふゅーじょんさんありがとう(笑)
でもこれ系統のアンソロジーは痛いとか、不憫とかの暗いテーマが多いのが不思議、得てして最近のBL(同人)作家さんたちは得意分野でもあるからでしょうか。こういういじめとかレイプとか普通の漫画だったら胸糞悪くなるテーマもBLだとなんか読めてしまうというか、むしろ痛い奴が純潔に見えるというか…。ちなみに肉体的痛さはあまり無かったです。

2014/07/24 19:43

投稿元:ブクログ

今までよんだアンソロん中では結構評価高いかもしれない

表紙詐欺かもしれない!痛そう〜かわいい〜〜と思って買って全部物理的な「痛い」なのかと思いきや性格的な「痛い」も結構多くて(むしろほとんどこれ)個人的に全然(物理的に)痛くなかったですwww『In theas words』の痛さをMAX5だとしたら『痛いエロ』は0.8くらいかな〜
痛いの嫌いな人でも全然読めると思う。

普通におもしろい作品多かったので☆4

ポーバックス ランキング

ポーバックスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む