サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

約定

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-334232-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

約定

著者 青山 文平 (著)

小さな道場を開く浪人が、ふとしたことで介抱することになった行き倒れの痩せ侍。その侍が申し出た奇妙な頼み事と劇的な顛末を描く「三筋界隈」。果し合いの装束のまま、なぜか独りで...

もっと見る

約定

1,836(税込)

約定

1,469 (税込)

約定

ポイント :13pt / 紙の本より367おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さな道場を開く浪人が、ふとしたことで介抱することになった行き倒れの痩せ侍。その侍が申し出た奇妙な頼み事と劇的な顛末を描く「三筋界隈」。果し合いの装束のまま、なぜか独りで腹を切った侍の謎を追う「約定」。他、武家としての生き方に縛られながらも、己れの居場所を掴もうともがき続ける武士の姿を浮き彫りにした本格時代小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

真剣仕合、藩命、果し合い、介錯…。武家としての生き方に縛られながらも、己れの居場所を摑もうともがき続ける武士の姿を浮き彫りにした本格時代小説全6編を収録。『小説新潮』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

真剣仕合、藩命、果し合い、介錯。刀が決する人生の岐路を鮮烈に描く武家小説。小さな道場を開く浪人が、ふとしたことで介抱することになった行き倒れの痩せ侍。その侍が申し出た奇妙な頼み事と劇的な顚末を描く「三筋界隈」。果し合いの姿のまま、なぜか独りで切腹した侍の謎を追う「約定」。武家としての生き方に縛られながらも、己れの居場所を摑もうともがき続ける武士の姿を浮き彫りにする本格時代小説。【商品解説】

収録作品一覧

三筋界隈 5−42
半席 43−76
春山入り 77−112

著者紹介

青山 文平

略歴
〈青山文平〉1948年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社勤務を経てフリーライター。2011年「白樫の樹の下で」で松本清張賞を受賞し作家デビュー。ほかの著書に「かけおちる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

長編のほうがうまい。

2015/09/27 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

武士の決まりや階級、お役などが詳しく書くのに長けている作者だが、そういった知識が長編の中で読むと邪魔にならないが、短編だとやや出しゃばり気味。話の筋のおもしろさや情緒を楽しむ余裕を読者に与える前に、知識を前面に押し出してきているという印象を受けてしまう。今回の短編集ではどれもが刀にまつわる話でもあり、この刀についてもまた様々にうんちくが傾けられる。結果、読むのが正直ちょっとしんどくなる。
また、「かけおちる」などでは許せた一種強引な展開が、短編だと無理があるように感じられる。読後感に空虚さが残り、清々しい感動やしっとりとした情緒に繋がらないのは残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/23 21:51

投稿元:ブクログ

清廉で涼しい、細やかな短編集。

読了し、しばし余韻にひたるとき、目に入ってくる、白をベースに、すこし手触りの残る質感のカバーまでもが心憎いばかりに爽やかである。

男性の手になる時代ものというと、わりと硬質なものばかり読んでいて、勝手にその文脈で世界に飛び込んだもので、まずはその細やかさにはっとした。
まるで、イェーイ!とかいってカジュアルに飛び入り参加したパーティーが、実はドレスコードバリバリのジェントルな会で、でもわりと優しめに歓迎されちゃったような?
あれ違うか。

ただ、ジャケ読みした場合はたまに、そんなこともある。計算外、想定の範囲外のエア感。

そしてその場合往々にして怪我するのだが、今回は想定外の大成功。

正直、最初の作品は、あれって思った。すみません。主人公の日常とそこに投げ込まれた老人との邂逅までは本当に丁寧にたぐられて美しかったけど、え、そのおち?
それはないよね安易よね、って思ってしまった。生意気ですみませんが。

ところが、次の作品で、またその先で、静かにじわじわ世界に引き込まれていった。足から沈んで、気がついたらどっぷりと。

90と70の老親子。釣りで親が落水で命を落とす。家督を譲られない息子の仕業なのか、しかしなぜいま?
夫の不在に、閉塞感から逃れようと密かに小さな贅沢を望む妻が感じる違和感の正体と、その意外な結末。


短編のそれぞれになにごとかの事件、時には人の死を伴う事件が起こるが、それがまとまりよく、かつめりはりと説得力を持つ。その理由を考えた時、すべての作品で際立つっている、小道具の存在がそうさせるのかな、と思った。登場人物の思いと細かい描写があいまって、物語に一本、筋を通している。

もしかしたらこの人は、長編の推理小説をも書ける人なのではないだろうか。
短い中にしっかりと書き込まれた人物描写、そこに投げ込まれた小道具の細密な表記、俯瞰された背景、そのひとつひとつが最後につながり、謎がとける論理性。重厚な推理小説の条件がすべて満たされているように、おもうのだけれど。


もちろん、論理性だけではない。矛盾だらけで愛おしく間違いだらけのわれわれの、そんな綻びもそこに、正しく投影されている。作者の愛に溢れたあしらいとともに。


姿勢を正して、折り目正しく読みたくもなる、そんな本。