サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

磁極反転

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-336211-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

磁極反転

著者 伊与原 新 (著)

78万年ぶりに地磁気が急減衰、地球は強烈な宇宙放射線にさらされ始める。深刻な通信障害が発生、巨大ネズミの目撃が相次ぎ、異様な寒冷化が進行、6月の東京に雪が降る。激しい磁気...

もっと見る

磁極反転

2,160(税込)

磁極反転

1,728 (税込)

磁極反転

ポイント :16pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

78万年ぶりに地磁気が急減衰、地球は強烈な宇宙放射線にさらされ始める。深刻な通信障害が発生、巨大ネズミの目撃が相次ぎ、異様な寒冷化が進行、6月の東京に雪が降る。激しい磁気嵐、太陽フレアの恐怖、街に鳴り響く緊急警報。そして奇妙な噂が囁かれる。都内各所の病院から、妊婦たちが忽然と姿を消しているというのだ…。理系ミステリーの新鋭が放つ前代未聞の巨編。未曾有の大変異と驚愕の犯罪が交錯するミステリー大作!【「BOOK」データベースの商品解説】

地磁気が急減衰、地球は強烈な宇宙放射線にさらされ始める。激しい磁気嵐、太陽フレアの恐怖、失踪する妊婦たち…。未曾有の大変異と驚愕の犯罪が交錯する近未来ミステリー。『yomyom pocket』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

地球のN極とS極が逆転し始めた! 未曾有の状況と驚愕の犯罪が交錯する大作。78万年ぶりに地磁気が急減衰、そこで起こる異常事態とは。東京の夜空にオーロラが現われ、大規模通信障害が発生、人工衛星が落下する。異様な寒冷化、太陽フレアの恐怖、街に鳴り響く緊急警報。そして奇妙な噂が囁かれる。妊婦たちが次々失踪しているというのだ……。理系ミステリーの新鋭が放つエンターテインメント巨編。【商品解説】

著者紹介

伊与原 新

略歴
〈伊与原新〉1972年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。「お台場アイランドベイビー」で横溝正史ミステリ大賞を受賞。ほかの著書に「プチ・プロフェスール」「ルカの方舟」等がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

そういう世界もくるのかな

2014/12/17 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハートの三 - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球のN極S極が反転… そんな考えもしない事が起きたら生活はどう変化するのか.
磁場の変化が起き, それに呼応するように様々な事件が発生する. その時の人々の生活が細やかに書かれている.

最後の世界には文章書きさんの理想があるかもしれない.
磁極反転にともなってスピード・効率社会から少し抜け出せるかもしれない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/24 15:57

投稿元:ブクログ

タイトル通り地球の磁極が反転するというパニック小説。俺のような素人には十分リアリティがあって楽しめました。日本でオーロラが見られるようになればいいのになぁ。

2014/10/12 09:52

投稿元:ブクログ

地球の磁場が逆転。でも話は妊婦と生まれてくる子どもの話だな。
2014.10.11

2016/10/07 08:09

投稿元:ブクログ

「科学者にとって科学はプロセスで、どの段階であろうと
修正もあれば棄却もあり得る。でも一般人にとって科学は結論」これは本当にそう思う

2014/09/04 22:41

投稿元:ブクログ

文系の私にはなかなか歯がたたない感じの作品であったが、ふと小松左京さんの作品を思い出した。「日本沈没」や「首都喪失」などのハードSFの系列のもの。
たくさんのデータに支えられているんだろうなあと思う。
作中で、人々、特に母親(それも妊婦)が地磁気や放射線に右往左往する姿が、福島の原発事故後の人々の姿を彷彿とさせる。
科学的な態度とはどういうことなのか。冷静に事実を把握するとはどういうことなのかを考えさせられる。
しかし「赤いオーロラ」が見えたら不気味だろうなあ。
N極とS極が入れ替わるとどう問題なのかが今ひとつ実感できなかったのは文系の限界かもしれない。
最初はとっつきにくいが、読み始めると引き込まれる。

2014/10/10 21:00

投稿元:ブクログ

かなり専門的な科学の話で始まって読みにくいかと思ったけど、相変わらず登場人物が魅力的で続きが気になって一気に読めました。

2017/02/02 08:36

投稿元:ブクログ

前半は理系小説という感じでした。後半はそうでもないかな。個人的には磁極の逆転可能性が生じたところで右往左往する人々が福島原発事故と完全にリンクしました。難しい問題です。

2014/10/05 09:04

投稿元:ブクログ

78万年ぶりに地磁気が逆転。逆転する前の急減衰で通信障害が起きたり、東京でオーロラが現れたり、人工衛星が落ちたり。
人間にはどうしようもないとあきらめつつも、自分たちは助かりたいという人も少なくなく・・・

2014/10/17 20:33

投稿元:ブクログ

ミステリと思って読み始めたら、自然災害モノ?
自然災害モノと思って読んでいたらやっぱりミステリ?
……と気持ちが定まらないままで、難しい言葉とページ数に立ち向かえるかしらと心配しつつも、読みやすい伊予原さんの文章に引っ張られて読了。
磁極が反転することが、地球史という視点で見たら珍しくないイベントというのと、今の磁極期が平均を遥かに超える長さで続いている=いつ磁極反転が始まってもおかしくない、ということに興味を引かれた。
厚労省の変わったお役人・乾さんがもっと出張ってもよかったのに。
って私が好きなだけですが。

2015/06/10 22:00

投稿元:ブクログ

地磁気が減衰し、さらに北極と南極の位置が入れ替わってしまったらどうなる。誰も経験していない事象なのだが、東京でオーロラが見えるようになったり大規模な電波障害が発生したり、どのような物理現象が発生するのか、また、人々がどのような行動をとってしまうのか、これらをリアルに描いている。

話はすこしずつ地磁気が減衰していき、最終的には地磁気がほぼなくなる。その間に起こることを描いているだけだ。その単純な筋書きだからこそ、すべての文章が人々を引きこむ。作者の筆力のすごさを感じさせる。

磁極反転の前に同じ作者の「ルカの方舟」を読んだが、個人的には磁極反転の方が圧倒的に面白かった。おそらく、こちらは理系の人でなくても読めると思う。