サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かたづの!

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771570-5
  • 国内送料無料

紙の本

かたづの!

著者 中島 京子 (著)

慶長五年(1600年)、角を一本しか持たない羚羊が、八戸南部氏20代当主である直政の妻・祢々と出会う。羚羊は彼女に惹かれ、両者は友情を育む。やがて羚羊は寿命で息を引き取っ...

もっと見る

かたづの!

1,944(税込)

かたづの!

1,555 (税込)

かたづの!

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

慶長五年(1600年)、角を一本しか持たない羚羊が、八戸南部氏20代当主である直政の妻・祢々と出会う。羚羊は彼女に惹かれ、両者は友情を育む。やがて羚羊は寿命で息を引き取ったものの意識は残り、祢々を手助けする一本の角―南部の秘宝・片角となる。平穏な生活を襲った、城主である夫と幼い嫡男の不審死。その影には、叔父である南部藩主・利直の謀略が絡んでいた―。次々と降りかかる困難に、彼女はいかにして立ち向かうのか。波瀾万丈の女大名一代記!【「BOOK」データベースの商品解説】

八戸南部氏当主・直政と幼い嫡男の不審死。その影には南部藩主・利直の謀略が絡んでいた。次々と降りかかる困難に、直政の妻・袮々はいかにして立ち向かうのか。波瀾万丈の女大名一代記。『小説すばる』掲載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸時代、“女性"という立場で、清心尼はいかにして有象無象の敵を前に生き抜いたのか。「武器を持たない戦い」を信条とした、世にも珍しい女大名の一代記。著者初の歴史小説にして新たな代表作。


【商品解説】

著者紹介

中島 京子

略歴
〈中島京子〉1964年東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。出版社勤務、フリーライターを経て、「FUTON」で作家デビュー。「小さいおうち」で直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

今月のプラチナ本。

2015/08/18 22:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダヴィンチの今月のプラチナ本になっていたので購入。
買ってから知ったのですが、装幀は名久井直子さんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女大名一代記

2016/04/15 01:51

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:westtribe - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとファンタジー要素の入った女大名一代記。
面白く読めました。主人公にとって幸せな時代が短すぎて、辛いというか切ない。
遠野物語ってちゃんと読んでないんだよなあ。現地にも行ってみたくなった。

「小さいおうち」含め著者の他作品は未読。これから少しずつ読んでみようかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇抜に見える設定が、案外素直に生かされている。

2015/08/23 20:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女藩主を描いた歴史小説、かと思いきや、語り手はかもしかという変わり種。しかも、最初に出会った時は生きてたけど、その後死んで角が箱に納められたというかもしか、その角がこの語り手なのだ。なんという変わった設定…。出だしは少し戸惑ったけど、しかしこの設定がなかなかいい。ただただ歴史を紐解かれるのより、想像力がはばたく感じがある。かたづのが見守る女藩主には厳しい試練が次々ふってかかり、あまり幸せなことが起こらないのでまともに話が進むとかなり鬱屈する話かと思う。それが、途中で河童やぺりかんなどの人外のものが登場してくることで、多少明るくなっている。結末、かたづのの決心が味わい深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/09 06:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/07 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/14 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/11 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/05 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/07 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/19 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/05 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/22 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/17 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/07 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る