サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 森里海連環による有明海再生への道 心の森を育む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

森里海連環による有明海再生への道 心の森を育む
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/23
  • 出版社: 花乱社
  • サイズ:21cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-905327-36-3
  • 国内送料無料

紙の本

森里海連環による有明海再生への道 心の森を育む (花乱社選書)

著者 SPERA森里海・時代を拓く (編),田中 克 (監修),吉永 郁生 (監修)

有明海の水際環境の保全と再生という喫緊の課題に向け、森と海のつながり、自然とともに生きる価値観の復元を目指す森里海連環の考え方に基づいた、研究者と市民協同による実践の成果...

もっと見る

森里海連環による有明海再生への道 心の森を育む (花乱社選書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有明海の水際環境の保全と再生という喫緊の課題に向け、森と海のつながり、自然とともに生きる価値観の復元を目指す森里海連環の考え方に基づいた、研究者と市民協同による実践の成果を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

多くの生きものたちが姿を消しつつある日本の沿岸域。ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、アサリも日本周辺の海から姿を消そうとしている。すべての生きものの「ふるさと」である海に、深刻な影響を及ぼし続けている人間の営み。かつて「宝の海」と呼ばれ、今では瀕死の状態となった有明海こそは、そうした日本の縮図である──。
水際環境の保全と再生という喫緊の課題に向け、森と海の“つながり”、自然とともに生きる価値観の復元を目指す森里海連環〈もりさとうみれんかん〉の考え方に基づいた、研究者と市民協同による実践の成果を問う。
**
本書は、未来志向の価値観を“森里海のつながり”より広め、東北で生まれた“森は海の恋人”の世界を実現する、現在進行形の物語である。それは、今まさに進められている三陸沿岸の震災復興に共通する全国的課題である。
【目次】
はじめに 田中 克
第1章 筑後川流域から有明海再生を 田中 克  
 1 瀕死の海、有明海の再生〜森里海連環の視点と統合学による提言〜
 2 筑後川河口域は有明海の“心臓部”
 3 干潟再生実験 有明海の腎臓・肺機能の活性化
 4 有明海再生シンポジウム、三年間の軌跡
第2章 陸の森と海の森を心の森がつなぐ〜第四回有明海再生シンポジウム報告〜
 1 有明海再生への展望 田中 克
 2 山の森、海の森、心の森 畠山重篤
 3 韓国スンチョン湾に諫早湾、有明海の未来を重ねる 佐藤正典/田中 克
 4 大震災を乗り越え、自然の環から人の和へ 畠山 信
 5 有明海のアサリ復活を人の輪で 吉永郁生
 6 有明海の自然と漁の特徴〜有明海と人の関わりを撮り続けて〜 中尾勘悟
第3章 NPO法人SPERA森里海・時代を拓くの誕生
 1 メカジャ俱楽部からNPO法人SPERA森里海・時代を拓くへ  内山耕蔵
 2 NPO法人SPERA森里海・時代を拓くの目的と思い SPERA森里海会員
 3 世代をつなぐ森里海連環に未来を託す
  地元高校生の干潟体験と有明海再生への思い 伝習館高校/八女高校生物部
  地球の未来を担う子どもたちへ 木庭慎治
 4 有明海再生におけるNPO法人の役割〜漁師の期待〜 平方宣清
第4章 瀕死と混迷の海・有明海再生への道
 1 アサリの潮干狩り復活祭りに未来を託すNPO法人SPERA森里海・時代を拓く
  蘇ったアサリの潮干狩り祭りに参加して 伝習館高校生物部
 2 森里海連環による有明海再生の展望〜もう一つの提言〜 田中 克
おわりに 内山里美/田中 克【商品解説】

著者紹介

SPERA森里海・時代を拓く

略歴
NPO法人SPERA森里海・時代を拓く……2010年10月,第1回有明海再生シンポジウムの実行委員にメカジャ倶楽部として参加。その後3年間に,2回目の日田,3回目の福岡シンポジウムを開催,太良町アサリ漁場実験地調査や支援活動などを経て,2013年4月,NPO法人「SPERA森里海・時代を拓く」を設立。「森里海連環学」を基本理念に,人の輪づくり,心の森づくりをテーマとして,自然環境の保全,特に水辺環境の再生と子どもたちの環境教育に取り組む。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/18 21:37

投稿元:ブクログ

https://www.amazon.co.jp/review/R2LDTKW0V6RBM/ref=pe_1162082_175797672_cm_rv_eml_rv0_rv

2014/12/15 22:11

投稿元:ブクログ

多くの生きものたちが生息していた生物多様性豊かな有明海の諫早湾干潟が瀕死の状態に
「 諫早干拓「開門」なぜもめてるの?http://thepage.jp/detail/20131128-00000006-wordleaf 」 
 干潟で育った人たちのそれぞれの思い出と豊穣の自然環境まで諌早湾干拓閉門で失くしました。 営農のた防災のために失ったモノの方が大きかった。その失ったものの豊かさに今気づき 周辺の住民が動き市民主導型で再生事業が始まりました。 一昔前の宝の海 に戻すためにようやく動き出したところ。生き物目線が今までなかったのが生き物目線で見るようになると森も里も海も全て繋がっていることがわかってよかった。
どうしてもめる必要があるのだろうか?
生き物目線から見れば諫早湾をどうすればいいかすぐわかると思うのだけど、
もう一度豊穣な自然環境 宝の海を市民の手で取り戻してほいいと思います。

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む