サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る
路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る 路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/23
  • 出版社: 蒼竜社
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88386-433-1
  • 国内送料無料

紙の本

路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る

著者 トキタ セイジ (著)

あの超人気マンガ『闇金ウシジマくん』主人公には実在のモデルが存在した!!“リアル・ウシジマくん”が語る、嘘と裏切り、笑いと涙、そして人情で綴るフィクションではないリアル過...

もっと見る

路地裏拝金エレジー 『闇金ウシジマくん』モデルが語る

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの超人気マンガ『闇金ウシジマくん』主人公には実在のモデルが存在した!!“リアル・ウシジマくん”が語る、嘘と裏切り、笑いと涙、そして人情で綴るフィクションではないリアル過ぎる13のエピソード!!【「BOOK」データベースの商品解説】

ピンサロ嬢ママ、高飛びホスト、年金暮らし、出会い系婦警、ダメヤクザ…。マンガ「闇金ウシジマくん」の主人公のモデルとなった著者が、噓と裏切り、笑いと涙、そして人情で綴る、闇金と客とのつながり。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トキタ セイジ

略歴
〈トキタセイジ〉1971年東京生まれ。都内の高校を卒業。某消費者金融に就職。その後独立し高利貸しを営む。賃金業を引退し、企業顧問、不動産取り引きなど様々な事業を展開。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/30 22:38

投稿元:ブクログ

チェック項目13箇所。一度でも一線を踏み越えたやつはそう易々とは元いた場所には戻れない、借金てのは、そのての 犯罪と同じぐらいに常習性が強い、タチの悪いものなんだ。やつからの事後報告はただの一度もなかった、まぁ、いってみれば家族の恥を他人の俺に知られたわけだから、やつにしてみりゃこれほどバツの悪い話もない。借金がクセになっているようなやつは、それが”自分の金ではない”とわかってはいても、手持ちの現金が増えるだけでひとときの安堵感に酔ってしまうのだ、金の貸し借りってのは、貸す俺たちにではなく、佐々木のような借りグセのついた債務者のメンタリティにこそ、往々にして問題はある。だいたい佐々木のようなダメ人間は、仮に弁護士に高い金を払って自己破産をしたところで、どうせすぐ金に困るのがオチ、立ち直る”見込み”のない彼らにとっては、ブラックリストに載せられて新規の借り入れができなくなることのほうが、よっぽど恐怖というわけだ。たとえやむを得ず乗り込むことになっても、取り立ては目立たず、騒がず、確実に――、それが俺が思う闇金の信条だ。なにをもって幸福とするかなんて、それこそ千差万別、なにかを我慢して生きているやつが多いこの世のなかで、好き勝手に”飲む・打つ・買う”を堪能したうえに、人生の幕引きまで自分の意思でやってのけた鈴村は、考えようによってはものすごく幸せなやつだったんじゃないかとさえ、俺は思う。ここでのカギは、相手に反論する余地を与えないことと”最悪”よりは少しばかりマシな選択肢を用意してやること、袋小路に追い詰められて正常な判断力を奪われてしまった人間の本能は、その場をやり過ごすために、自分から”ちょっとマシ”を選ぶようにできている。なにしろ、やつは銀行や行政からはすでに見捨てられたも同然の存在だ、長年連れ添った嫁や年頃の娘をもついい歳をしたオッサンの話をまともに聞いてやれるのが金貸しの俺だけだなんて、こんな不幸なことはないだろう?俺たち金貸しの判断基準なんてもんは、いつだって”得か損か”の二者択一、それ以外の物差しを後生大事に持っていたってロクなことはないからな。だいたい、客の支払い能力を超えてまで払わせ続けたって、結局、途中で飛ばれるのがオチ、お互いが”ウィンウィン”な関係のときにきれいさっぱり手を切るのが、この商売を長く続ける秘訣でもあるからね。警察っていうところが元来、身内には滅法甘い組織であることを考えれば、表沙汰になっている不祥事なんてものは、むしろ氷山の一角、その背後には相当数の”ダメ警官”が暗躍していると思ったほうがいい。そこらのサラ金を使えば”信用情報”として履歴は残るし、万が一にもブラックリストにでも載れば、それこそキャリアに傷がつく、高い利息を払ってでも体面だけは取り繕う、それが警察官という生きものだ。ヤクザを相手に金を貸すときは、やつらにとってはただの紙ペラでしかない借用証より、こっちのほうが話も早いし、確実だ。

2015/02/13 17:32

投稿元:ブクログ

実話とは言え、中身が無いというか思った程でもなく、逆にフィクションである『ウシジマくん』の方が圧倒的なリアルに感に満ちている。

ご利用は計画的に。

2015/10/07 01:49

投稿元:ブクログ

闇金ウシジマくんのモデルになった人が体験したエピソードを集めた本。
文章がうまくてサクサク読めました。頭いいんだろうなぁ。

エピソードはどれもライトなものばかり。
きっとエグいのは見聞きしたものも含めていくつかあるとは思うけれど本に入れられなかったんだと思います( ;´Д`)

図書館で借りました。