サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発安全保障政策の新機軸

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発安全保障政策の新機軸
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/09
  • 出版社: 旬報社
  • サイズ:19cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8451-1360-6
  • 国内送料無料

紙の本

虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発安全保障政策の新機軸

著者 新外交イニシアティブ (編),柳澤 協二 (ほか著)

集団的自衛権の行使容認、辺野古移設の強行着工…。日米外交の歪みを象徴する“沖縄米軍基地問題”。外交・防衛・安全保障の専門的見地から、安全保障政策の「あるべき姿」を発信する...

もっと見る

虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発安全保障政策の新機軸

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

集団的自衛権の行使容認、辺野古移設の強行着工…。日米外交の歪みを象徴する“沖縄米軍基地問題”。外交・防衛・安全保障の専門的見地から、安全保障政策の「あるべき姿」を発信する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

普天間基地問題にどう向き合うか 柳澤協二 著 13−31
海兵隊沖縄駐留と安全保障神話 屋良朝博 著 33−77
日米の盲目的な主従関係が招く沖縄支配 半田滋 著 79−96

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/20 01:46

投稿元:ブクログ

軍事力の配置は軍事戦略の手段であり、軍事戦略は国家目標の手段である。アメリカの国家目標が冷戦時の兵力水準の維持から対テロ戦争へ、さらには全体の兵力削減、合理化の中でのアジアにおける軍事バランスの確保へと変化している中で、もっとも下部の手段である基地の配置が一貫して変わらず、それがアメリカの目標である抑止力の不可欠な用意であり続けている。

抑止とは相手が侵略した場合にこれを阻止して目的に見合う以上の損害を与える意志と応力を認識させることによって侵略を思いとどまらせることwいう。

安全保障分野における日本の更新世ゆえに日米同盟は未成熟。
軍事力の均衡は重要であるが、抑止力の実際の動きは抑止する側の国家と抑止の対象となる国家との間の心理的関係に依存している。

2015/06/03 22:08

投稿元:ブクログ

抑止力論の概念(拒否的抑止と懲罰的抑止)をわかりやすく説明し、在日米軍と自衛隊の役割を論じたマイクモチヅキ氏の論考はやはり学者の議論で一読に値する。ポールヒュースの抑止の概念にも納得させられた。それ以外の日本人識者は残念ながら木をみて森を見ずの議論で、全体としては少し期待外れの一冊。

2015/05/19 22:51

投稿元:ブクログ

この本は「柳澤協二」氏の執筆した論考を類っているうちに見つけた本なのですが、この本を通して知った「新外交イニシアティブ」という団体について知ることができたことが一番の収穫だったかもしれない。屋良朝博氏、半田滋氏は別の論考・鼎談集で語られていたことを概ねたどっていたので、読んだ(出会った)順番としてすでに目新しい論考ではなく、復習をしているような感じだったのだけれど、マイク・モチヅキ氏の論考は、アメリカ側から見た日米同盟体制のことが伺えるお話もあって、大変面白いと思いました。

何より良かったのは猿田佐世さんのお話で、なぜ、新外交イニシアティブが立ち上がっていったのかというお話にはとても感激しました。外交関係も一面的なものではないはずで、アメリカの国内における世論というものがあるなら、おそらくそれだって多様なはず(最も、認知していない、という層が圧倒的に多いのでしょうけれど)なので、その様々な層に向かってきちんとアプローチを掛けるために必要な人と人のつながりを土台にした外交、「国家という後ろ盾をもってする」外交ではなく、人と人の相互の関わりとして広げ深めていく外交というもののあり方の一端を見せていただいたような気がします。数少ないお友達とだけ話をするのではなく、様々な立場、見識、経験、背景を持った人たちと、オープンに語り合い、知り合い、お互いを理解し合った上で、お互いの将来を一緒に考える、これが本来のWin-Winの関係を作り上げられるのであって、相手の言う事だけを聞いてそのままオウム返しのように(バカの一つ覚えのように!)口にするような阿呆には「外交」なんてことは夢のまた夢なんだろう、と強く思わされたのだった。

外交は日米同盟だけじゃない。たくさんの国と「平和」をキーワードにして語り合うことができるのは日本だけ、平和こそが日本のキーなのだから、その軸足が揺らぐことなく、日米同盟の(深化ではなく)進化を強く願わずに入られませんでした。

ちなみに一言付け足しておくと、安倍晋三氏は「深化」という言葉を使われることがしばしばありますが、相手の言うことをそのまま自分の口から出しているような人に深みなどあるわけはない。極めて浅薄な、おもてずらだけの言葉遊びに夢中になっている低レベルなお話しかできない頭空っぽの政治ごっこをしているようにしか見えません。己を知れ、という言葉こそが彼にさし上げるにふさわしい言葉であろうと強く思う次第です。

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む