サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

シュラ(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/17
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205989-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シュラ (中公文庫 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結)

著者 沢村 鐵 (著)

八年前、自分の家族全てを惨殺された美結。武器商人・田中晃次から、犯人の正体を知らされた彼女は復讐に我を忘れ、警察組織から離脱する。一方、全世界を影響下に置く強大な敵・田中...

もっと見る

シュラ (中公文庫 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

シュラ 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4

702(税込)

シュラ 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

八年前、自分の家族全てを惨殺された美結。武器商人・田中晃次から、犯人の正体を知らされた彼女は復讐に我を忘れ、警察組織から離脱する。一方、全世界を影響下に置く強大な敵・田中と戦うべく、日本警察と佐々木兄妹たちは、逮捕したサイバーテロリスト“C”と手を結んだ…。すべての秘密が明らかになる、シリーズ完結篇。文庫書き下ろし。【「BOOK」データベースの商品解説】

美結は武器商人・田中から、8年前の事件の真相を知らされる。復讐鬼と化した彼女は警察手帳を置き、姿を消す。一方、Cを確保した日本警察は混乱していた。本当の敵はCではなく、田中だと誰もが理解して…。シリーズ完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シェラ

2015/12/31 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

沢村作品の一作目です。いいですね。一柳いいですね。今後の続編期待しています。非常に展開が早くかつ主人公も魅力的です。自作を早めにお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/30 10:48

投稿元:ブクログ

2014/11/28
完結。
このシリーズってどの本も読んでる間は非常に熱く、次!次!って読み進めるんだけど最後に重要人物が死んで冷や水をかけられて終わるってのの繰り返し。
だから途中はすごく面白いんだけど1冊読み終わるとしゅーってしぼむ。
別に殺さなくていいのに。
でも途中はとてもおもしろかった。
内容とは関係ないけど三村さんのツイッターがなければ出会わない本だったと思うと縁って不思議だなと思った。
そしてこの本を読んで尚、私は死刑制度に賛成です。

2014/08/26 19:45

投稿元:ブクログ

シリーズ全て読み終わったので、一括登録。ストーリー展開に疾走感があって読んでいて気持ちいい。今のご時世、ラストをどう捉えるかは読者次第か…。

2015/09/25 19:38

投稿元:ブクログ

特命担当・一柳美結シリーズの4冊目「シュラ」

全4巻のまとめ、説明的な内容を踏まえて、物語をまとめて行きます。ちょっとクールダウン的な第4巻。

 世にあふれる「警察小説」でも、まだまだこう言う面白いものが出てきますね。

読んで良かったです。

2015/02/26 23:22

投稿元:ブクログ

結末は思い描いていたものと少し違って、まだまだ終わっていない感じです。
途中、やや中だるみした部分もあったので、評価は☆一つ減らしました。

2014/12/06 17:43

投稿元:ブクログ

長かった〜!でも素晴らしく面白くてかっこよかった!やっぱ勧善懲悪だよな。
ドラマ化したら良さそう。いや〜良かった。

2015/06/23 07:56

投稿元:ブクログ

完結。
全体として考えれば、最終巻の中盤までは、かな~り面白かった。

それだけに、最後の約200ページは……。

★3つ、7ポイント。
2015.06.22.図。

●4冊目でやっと、ヒロインがヒロインらしく活躍。長かった……。

●敵の“強大さ”に鑑みれば妥当っちゃ妥当だけれど……。文庫本4冊もかけて紡いだ物語の結末がアレでは、さすがに不満が……。
もうあとちょっとだけで良いから、スッキリさせれ欲しかったな。

●“親子”のくだりは、果たして必要だったのか?

●美結さんの、最後のアレ・・・。
筆者のギャグですか????
匂わせる記述も、無いわけではなかったけれど……。
『うそだろ?』と、ツッコミを入れたくなってしまった。


※完結と言わず、そこいらへん↑も含めてスッキリさせてくれる続編なんぞがあったら、きっと買うだろうな。

2016/07/03 18:42

投稿元:ブクログ

これで終わり?と思わせる終わりかた。
途中もいまいち迫力に欠ける。
4分冊にせず、スピーディに話が進んだ方が楽しめた気がする。

2014/10/18 04:23

投稿元:ブクログ

ん?これで完結?全世界を支配下に置くその皇帝と、敵対する天才サイバーテロリスト坊主、さらにはそのテロを阻止せんとするチームの女子留学生、彼らが実は親子兄妹だったりする。壮大な宇宙スペクタルのスターウォーズも確かそんなんだったっけ。ちわ喧嘩。憎悪と忠輔が唱える正義との葛藤、こののっぴきならない状況下で、美結は手も無く彼此それぞれの提唱者に懐柔されてしまう。そして次々と繰り出される殺戮兵器によって東京は大混乱、してるはずなんだけど、結局は警察機構の中での大騒ぎに終わっちゃったような鬱積あり。

2014/08/14 00:52

投稿元:ブクログ

シリーズ完結。ただの刑事物のシリーズかと思いきや、かなり予想外のスケール感。死刑や復讐是非などの思想論も充実しており、期待以上の作品だった。まだちょっとしつこい部分や無理矢理感はあるものの、同じ歳の作者ということで、次回作にも期待!