サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うらおもて人生録 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/404p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-127002-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

うらおもて人生録 改版 (新潮文庫)

著者 色川 武大 (著)

優等生がひた走る本線のコースばかりが人生じゃない。ひとつ、どこか、生きるうえで不便な、生きにくい部分を守り育てていくことも、大切なんだ。勝てばいい、これでは下郎の生き方だ...

もっと見る

うらおもて人生録 改版 (新潮文庫)

724(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

優等生がひた走る本線のコースばかりが人生じゃない。ひとつ、どこか、生きるうえで不便な、生きにくい部分を守り育てていくことも、大切なんだ。勝てばいい、これでは下郎の生き方だ…。著者の別名は雀聖・阿佐田哲也。いくたびか人生の裏街道に踏み迷い、勝負の修羅場もくぐり抜けてきた。愚かしくて不格好な人間が生きていくうえでの魂の技術とセオリーを静かに語った名著。【「BOOK」データベースの商品解説】

優等生がひた走る本線のコースばかりが人生じゃない−。いくたびか人生の裏街道に踏み迷い、勝負の修羅場もくぐり抜けてきた著者が、愚かしくて不格好な人間が生きていくうえでの魂の技術とセオリーを静かに語る。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

人生はギャンブル、ではないけれど

2002/05/19 18:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

つらいことが重なってヘコんでる時期に読んだせいもあるけれど、この本の中のコトバがすごく胸に染みた。
「全勝を狙うな。9勝6敗を狙え」とか、「運と実力を見極めろ。運の総量には限りがある」とか。ギャンブラーならではのコトバはすごく含蓄がある。人生をギャンブルに置き換えて考えるのは安易なことかも知れないけど、それにしてもグッと来た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きていく力

2001/05/17 14:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カノー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『麻雀放浪記』とはまた違う色川武大名義でのエッセイ集。著者がばくちの世界から得た、ちょっと心の隅っこにとどめておきたいことばが並ぶ。
 乾いた勝負事を淡々と描いた小説の面影はあるものの、少しはにかんだ少年のような、いろんな人に愛された阿佐田哲也の姿がそこにはある(しかしまた、そんな感想さえも彼の策略じゃあないだろうか、と思わせるところがまた、阿佐田流)。

 いつも勝てるわけじゃない。
 だから…
 「人を好きになること」
 人を好きになっていって、その思いが貯金みたいに貯まっていく。そうすればピンチのときに、まるで手持ちのカードみたいにそんな人たちのことを思い出されてくる。自分が好きな人は、自分の力になる。
 「黒星の算えかた」
 全勝なんて出来ないし、したくもない。目標は九勝六敗だ。

 上手くいかないことがあったりして、負けが込んできたような気分になったとき、手にとって読み返す本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「起源」と「病」(このエッセイに込められた凄みを味わうために):<<自分は、あの苦しみのようなものを忘れることができない。それからあの至福の味わいも。それから不安も、いっときの平安も>>

2004/07/06 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

色川さんの小説に何度か出てくる「遊び」について。
(引用は凡て『狂人日記』より)

>

僕も子どものころにやったことがある。そこから先は、どこまで「リアリティ」に憑かれてしまっているか……彼が力士の名前をカードに「書く」ことから生じてきたもの。

>

>

そして「他者」が現われる。

>

彼はやがて野球好きの弟を巻き込むためにプロ野球選手のカードを作り、「どういうわけか、やむにやまれず、というかたちで、映画の撮影所も作」り、やがて「自分でも恐れていたこと」に手を出す。

>

>

>

医師:「自分は何か。曖昧な部分のどこか一点に自分の位置がありそうだが、はっきりしない。そういう思案はプラスにならないどころか、病気を進行させる因になりかねません」
自分:「つまり、生き方を簡略化しろとおっしゃるんですね……それが治療ですか。自分を簡略にしようとするくらいなら、こうして質問なんかしませんがね」

(色川さんの言葉)
「狂人日記について言えば、自分たちの運命というかその状態に対する怒りがもう少しあれば、解決とはいかなくても救いに似た印象を呈するかなと思うんだけど、怒るとそこで発散してしまって書けなくなってしまう…」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

落第生の処世術

2001/05/30 03:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:阿藤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 しのぎを削って生きてきた人の血の通った言葉には、上滑りではない説得力がある。落第生の処世術は、なんだか気を楽にしてくれる。
 「自分だけが気がついて、ほかが節穴なんてことは、世の中に滅多にないんだ。そう思ってると穴ぼこに落ちるぞ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/03 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/27 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/26 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/17 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/05 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/06 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/11 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/10 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る