サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学(サイエンス・アイ新書)
イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学(サイエンス・アイ新書) イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学(サイエンス・アイ新書) イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学(サイエンス・アイ新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学 (サイエンス・アイ新書 動物)

著者 森 昭彦 (著)

想像をはるかに超えた装飾美、未知なる生化学のドグマ、そして愛すべき行動の数々…。写真やイラストを交え、イモムシのちいさなカラダに秘められた生態系進化の奇跡をわかりやすく解...

もっと見る

イモムシのふしぎ ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学 (サイエンス・アイ新書 動物)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

想像をはるかに超えた装飾美、未知なる生化学のドグマ、そして愛すべき行動の数々…。写真やイラストを交え、イモムシのちいさなカラダに秘められた生態系進化の奇跡をわかりやすく解説します。【「TRC MARC」の商品解説】

イモムシのにょこにょこと動くあのカラダにどれだけの生態系進化の奇跡が凝らさせているのか、ご存じでしょうか? 前代未聞の本書によって、これまでのイメージがガラリと変わり、あなたの好奇心をこれでもかと喚起します。その真実をぜひご賞味ください。
イモムシの“にょこにょこ”と動くあのカラダにどれだけの生態系進化の奇跡が凝らさせているのか、ご存じでしょうか? 前代未聞の本書によって、これまでのイメージがガラリと変わり、あなたの好奇心をこれでもかと喚起します。想像をはるかに超えた装飾美、未知なる生化学のドグマ、そして愛すべき行動の数々。身近な生き物たちの、美しくも愛くるしい“真実”をご賞味ください!!【商品解説】

目次

  • 第1章 生命の奇想天外摩訶不思議
  • 魔法のカクテル・レシピ ~クロシジミ①~
  • 帝国潜入と化学偽装 ~クロシジミ②~
  • 戦慄のベビー・シッター ~ゴマシジミ①~
  • 暗号解読のプロフェッショナル ~ゴマシジミ②~
  • 完全肉食主義 ~ゴイシシジミ~
  • 不夜城の黒幕 ~ボクトウガ~
  • 輝く水辺でバカンスを ~マダラミズメイガ~
  • いもむし空を飛ぶ ~マイマイガ~
  • セミのダンゴ ~セミヤドリガ~6

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

割り箸でつまんで捨てる前に読んでほしい。

2015/03/29 17:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

写真と体験からイモムシを面白く紹介。新書版の見開きの左半分に説明、右半分には写真やイラスト。だいたい見開きでまとめられている話のほとんどは個別の虫の飼育に関係している。あくまでも主役は幼虫で、大きさや食草、似たような種との見分け方なども適宜載っている。ドクガなどの幼虫の居場所などは、家庭菜園や園芸をする人にも役立ちそうだ。
 「イモムシ」を扱っているので「昆虫とはなにか」の本としては偏っている(イモムシにならない昆虫も多いから)かもしれないけれど、昆虫の面白さはよく伝わってくる。身近にみられるチョウやガがかなり含まれているので、ちょっと目線を変えた「チョウ・ガ図鑑」でもある。

 著者はこのサイエンス・アイ新書で植物や動物の話を既に数冊著している。どれも文章が面白くて楽しい(たまにはやり過ぎ感を感じるときもないとは言えないが)。本書のように実際の体験が書かれているところは特に面白いと思う。たとえばトビモンオオエダシャクという尺取虫は『さわり心地は柔らかく「ぐにょ」。クセになる』。オオスカシバの成虫は鱗粉がなくて羽根が透けているのだが、飼育して羽化させると「飼育箱が鱗粉だらけ」。食草のヘクソカズラの匂いとコーヒーの香りが混じると「ガス漏れ臭」になるというイモムシは、面白いけれども家でむやみに試すのはやめておく方がよさそうだ。
 畑を、庭を荒すからとすぐに「わりばしでつまんで」しまわないで、少し良く観察してみてもいいのではないだろうか。「敵を良く知ること」も大事である。良く知って見ると、敵もなかなか可愛かったり、頑張っているなと共感させられたりするかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見開きで完結されていて読みやすい

2015/10/17 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:minomonta - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本で扱うイモムシとはチョウ・ガの幼虫のことだが、それらについて非常にわかりやすく解説している。大きくは4章から成るが各種またはテーマごとの解説が右ページに文章、左ページにイラストまたは写真と見開きで完結されているので気になったページから読んでいける。オールカラーのわりに価格も安いので良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/21 07:20

投稿元:ブクログ

イモムシ、面白い!これほど多彩とは、想像以上。
虫嫌いな僕だが、なぜかイモムシはそれほどでもないのである。思わずイモムシを飼いたくなってしまう。

2015/01/22 23:34

投稿元:ブクログ

タイトル的に、これは読まねば、と思って読んでみたけど、まぁ予想通りというくらい?普通に面白かった。
書いてる内容がそんなにすごいということじゃないけど、文章がうまくて、フルカラーだし、なんかいい季節になったらイモムシを家に連れてきて育てちゃおうかな、と思ってしまった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む