サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

壁と孔雀(ハヤカワ・ミステリワールド)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

壁と孔雀 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 小路 幸也 (著)

警視庁SPの土壁英朗は仕事の負傷で休暇を取り、幼い頃両親の離婚で別れたまま2年前に事故死した母の墓参りに赴く。北海道にある母の実家は町を支配する名家で、今は祖父母と小5の...

もっと見る

壁と孔雀 (ハヤカワ・ミステリワールド)

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警視庁SPの土壁英朗は仕事の負傷で休暇を取り、幼い頃両親の離婚で別れたまま2年前に事故死した母の墓参りに赴く。北海道にある母の実家は町を支配する名家で、今は祖父母と小5の異父弟・未来が住んでいた。しかし初めて会う未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に篭もっていた。その真意とは?さらに町では謎の事故が相次ぐ。信じるべきものがわからぬまま、英朗は家族を護るため立ち上がる。【「BOOK」データベースの商品解説】

警視庁SPの土壁は、2年前に事故死した母の実家を訪れる。初めて会った小5の異父弟・未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に籠もっていた。町では謎の事故が相次ぎ…。『ミステリマガジン』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

警視庁SPの土壁は仕事中に負傷し、休暇をとって幼い頃別れたまま亡くなった母の実家を訪ねた。初めて会う異父弟はなぜか座敷牢に籠り、母殺しを告白する……クイーン的興趣溢れる本格ミステリ【商品解説】

著者紹介

小路 幸也

略歴
〈小路幸也〉1961年北海道生まれ。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」でメフィスト賞を受賞しデビュー。著書に「僕は長い昼と長い夜を過ごす」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

タイトルに始まり、タイトルに終わる。

2016/03/28 13:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どういう意味なのかさっぱりわからないタイトルだが、読み進めていくうちにナルホドと思わせる。
そして起承転結の結の後にさらに転々と転がる推測。
にもかかわらず守ろうとする主人公の決意に一種の爽快感を感じる。
ただ、存在すら知らなかった異父弟に、すぐさま兄としての愛情が抱けるものかちょっと疑問。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/21 14:18

投稿元:ブクログ

+++
警視庁SPの土壁英朗は仕事の負傷で休暇を取り、幼い頃両親の離婚で別れたまま2年前に事故死した母の墓参りに赴く。北海道にある母の実家は町を支配する名家で、今は祖父母と小5の異父弟・未来が住んでいた。しかし初めて会う未来は自分が母を殺したと告げ、自ら座敷牢に篭もっていた。その真意とは?さらに町では謎の事故が相次ぐ。信じるべきものがわからぬまま、英朗は家族を護るため立ち上がる。
+++

タイトルからはどんな物語が始まるのか全く見当がつかなかったが、過酷にもやさしくあたたかい物語が待っていた。警視庁SPの土壁英朗の幼いころ別れた母の実家である北海道の来津平町の篠太家は、その昔の篠太藩から続く家計で、町の有力者であった。警護している政治家の身代わりとなって撃たれ、休暇を取って母の墓参りに来津平にやってきた土壁である。思いのほか歓迎され、異父弟までいたと知って喜ぶのだが、次々と事故が起き、母の死にも何か事情がありそうなので、個人的に調べ始める。同僚や友人たちの協力によって少しずつ見えてくる真相は、思いもかけないものであり、一応の事件解決後の土壁の推理に、さらに驚かされる。ずいぶん大がかりで周到な作戦だ。弟・未来と祖母・桂子とのこれからがあたたかく光あふれるものになるよう祈らずにはいられない一冊である。

2014/11/03 16:09

投稿元:ブクログ

任務中の負傷によりリハビリ前の土壁は、墓参りのため母の実家を訪れる。
そこで異父弟と会うのだが…。

推理ものっぽいけど実はそうでもない、かもしれない。
ラストがあっさりしているのは相変わらずかな…。まあ作者だしな。
タイトルの意味に納得。

2015/06/16 15:55

投稿元:ブクログ

たぶんジュブナイルなんでしょう。だから、大人が読んで文句を言うのは筋違いだって事は重々承知の上なんですが、あまりにも優しすぎる登場人物達には、やはり違和感をぬぐいきれません。

2014/10/08 14:07

投稿元:ブクログ

任務で怪我を負ったSPの英朗は
その休暇を利用し幼い頃に離別したまま亡くなった母の墓参りに北海道へ飛ぶ。
そこにはまだ幼い異父弟がいた。

ぐいぐい読ませるが結末が良くも悪くも小路テイスト。

【図書館・初読・10/8読了】

2014/10/26 10:43

投稿元:ブクログ

一目見てその特性を動物にたとえるspの土壁。けがを機に亡母の故郷を訪ねたところで事件に巻き込まれる。

2014/11/16 15:55

投稿元:ブクログ

母親のお墓参りに行くだけのつもりだったのに、あれやこれやがおもしろいほど関係してくると、もう確かめずにはいられなくなるわなぁ〜。

2014/09/29 17:43

投稿元:ブクログ

わーお!ヾ( ̄O ̄;)ノ  これはすごいっ!・・・ふふん、気になる?気になるでしょ~?ニヤニヤニヤ(¬w¬*)
孔雀ね・・・ナルホド~!んふんふんふ( ̄m ̄* )ムフッ♪
内緒、だよ~んだ!www ぜひ読んでみてね~♪

2015/01/03 14:55

投稿元:ブクログ

「守る」とは
【内容】
負傷したSPが、ほとんど縁のなかった母の墓参りに行くとそこには自ら座敷牢に入った異父弟がいた。
そして、次々に、というほどではない生暖かい脅しのような事件が起こり始める。
【感想】
雰囲気ほど大層な事件ではないが何をどうすれば大切なものを守れるのか、というあたりが主眼かと。(2015年01月03日読了)

2014/10/20 22:49

投稿元:ブクログ

職務中に負傷したSPが、母の墓参りに帰省した先で巻き込まれる事件。不穏な要素があってサスペンスな気もするのに、どこかしらほのぼの。兄弟愛にもほっこりさせられます。
そこまでも仕組まれていたんだ! ってのに驚き。けっこう大きな事件のはずなのに、読み口は非常に穏やかな一作でした。やはり小路さんの作品だなあ。

2014/10/15 07:47

投稿元:ブクログ

★2014年10月8日読了『壁と孔雀』小路幸也著 評価B〜 B+
人情作家?小路のサスペンス小説
警視庁の要人警護にあたるSP である土壁英朗は、担当大臣がテロ襲撃を受けた際、名誉の負傷を負ってリハビリ中。その期間に思い立って、離婚して結局早逝した母の故郷へ初めて墓参りに向かう。
そこでは、想定した以上の複雑な事情が絡み合い、現地で何度も事件が起こり、次第に自分の置かれている状況の真相が明らかになっていく。

人情派の小路らしさをなるべく押さえ込み、サスペンス色を全面に押し出す作品。まだサスペンス小説としては脇の甘いレベルの作品ではあるが、時に現れる小路らしさを評価すれば、ファンとしては合格点をつけざるをないか?!(^O^)

2015/10/17 13:47

投稿元:ブクログ

ミステリっぽいけれど、どちらかというと二時間ドラマのような話でした。
面白かった。
現代の時間軸での、こう、横溝文学的なもの、といった印象が。

関係ないですが、なんだか良い感じのデザインリングが欲しくなりました。

2014/11/18 08:23

投稿元:ブクログ

SPの主人公が事故死した母の墓参りに行く。そこから起きる謎の解決。ラストがはっきりしない分モヤモヤが残るな。
2014.11.18

2014/09/15 04:05

投稿元:ブクログ

これはミステリーなのかな。ミステリーと言ってしまうと、甘いと一蹴されてしまう気がする。けれどこの、著者独特の温度というか、切なさと希望と、胸に残るざわざわした感覚が、たまらない。他人を信じることの重さ。重いけど、忘れたくない重み。真相は、真実は、明らかにされることだけが全てではない。そんなことを考えつつ。うーん、好きだなあ。[2014.09.14]

2016/06/18 22:46

投稿元:ブクログ

良いヒューマンミステリ、だなんて硬く評価してみる。

とても面白かったし、続編でもあれば間違いなく読むけれど。読み返すことはないだろう。それでいい。これはそういう、完結すべき物語だ。