サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ターンオーバー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/02
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:19cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-1244-5
  • 国内送料無料

紙の本

ターンオーバー

著者 堂場 瞬一 (著)

高校野球、アメリカンフットボール、やり投、マラソン、ラグビー…。プレーする興奮と観る感動をそのままに、アスリートたちの様々な瞬間を切り取った、手に汗握る純スポーツ小説集。...

もっと見る

ターンオーバー

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校野球、アメリカンフットボール、やり投、マラソン、ラグビー…。プレーする興奮と観る感動をそのままに、アスリートたちの様々な瞬間を切り取った、手に汗握る純スポーツ小説集。『ランティエ』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

連投 5−53
インターセプト 55−86
失投 87−117

著者紹介

堂場 瞬一

略歴
〈堂場瞬一〉1963年茨城県生まれ。新聞社勤務のかたわら小説を執筆し、2000年「8年」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「ヒート」「独走」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

堂場スポーツ小説にハズレなし!

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

連投する高校生投手の故障を見抜いた新聞記者の話である「連投」。作戦を読まれていると感じた司令塔の選手が、その原因を考え対処するアメフトでの数十分を伝える「インターセプト」。肩に不調を抱えるやり投げのベテラン選手と挑戦者たる若者のライバル関係を描く「失投」。箱根駅伝を走った実績を持ち、初めてのマラソンに挑む大学生の姿を、その心の内を中心に読ませる「ペースダウン」。毎年シーズン開幕戦で負傷してリーグ戦をフルに戦ったことのない大学4年生のラグビー選手。そして迎えた4年目の開幕戦を描いた「クラッシャー」。結果を求められる最終戦、最多勝タイで並ぶ若手とベテラン投手のうちどちらを先発させるのか悩む監督。それぞれに抱えた事情と心理の描写がおもしろい「右と左」。以上の6編からなる短編集は、主人公たちの努力や成長、栄光と感動を描くといったものとはひと味違う、トップアスリートならでは競技への取り組みや心理を、それぞれに違った魅力や特色を持つ競技を舞台に、リアルにかいま見せてくれる作品です。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

2015/06/04 09:04

投稿元:ブクログ

色んな競技の短編集。まぁどれも普通な感じ。 2015.6.4

2015/01/02 10:52

投稿元:ブクログ

もう駄目だと思っても局面がふと変わり、よーし!と思うことがある。
スポーツにおいても人生においても。
諦めなければ負けではない、終わるまで終わらない、そんな事を思うスポーツ選手の話の幾つか。
スポーツ選手のちょっとした内面を覗いた感じがして、選手も一人の人間と身近に感じる。

2014/08/06 17:27

投稿元:ブクログ

人生のある時期にスポーツに(自分なりの)力を注いだヒトであれば誰もが経験したことのある「分かれ道」。
一生懸命に必死でがんばっているのに、結果が出ない。何が悪い?なぜ結果に結びつかない?
このまま進むか、やり方を変えるか、立ち止まるか、戻るか、もしくは、やめるか…
そんな「分かれ道」に立った男たち。
過酷で熾烈でまるで修行のような勝負の世界で、闘い続ける彼らの、鮮やかなターンオーバーに胸が熱くなった。
個人的にはやはりなじみのある二つの野球の物語の中の、渋井のクールなのに熱い友情と、黒澤のニヒルなしたたかさが好きだ。

2014/09/13 09:32

投稿元:ブクログ

堂場さんは警察もののシリーズが好きなんだけど、スポーツものもなかなかいいんですよね。昨年は野球と陸上の長編でしたが、今回は各種スポーツを扱った短編集。この作品は高校野球やアメフト、ラグビー、やり投げ、マラソン、プロ野球のプレーや采配などを取り上げたもので、臨場感があってなかなかいいです。

2014/09/04 13:21

投稿元:ブクログ

#読了。高校野球、アメフト、やり投げ、マラソン、ラグビー、プロ野球の6編に別れたスポーツ小説。スポーツ好きな方にはお勧め。

2014/09/07 01:11

投稿元:ブクログ

スポーツ選手を主人公とした短篇集。
ドキュメンタリー的な臨場感があるが、そのスポーツを知らないとちょっとツライ部分もある。
説明をある程度必要とするのだが、ピンとこなかったりする。文章で伝えることの限界を感じてしまった。

『連投』
テーマは高校野球。
この夏も話題になった、タイムリーなネタ。
夏の甲子園神奈川県予選を勝ち進むピッチャーを取材している新聞記者は、連投により選手生命が絶たれることを危惧している。
故障をおして登板を続けていたピッチャーがなぜ決勝の先発を回避したのか、というのが物語のキーで、予想外の回答が用意されている。

『インターセプト』
次はアメフト。
ひとつの試合、なぜパスが通らないかという謎だけで話が成立する内容の濃さ。
ただしアメフトについてほとんどわからないので、画が浮かばずふうんという感じで終わってしまった。

『失投』
陸上・やり投げ。
選手権に臨む主人公は国内のトップ選手。
後輩に追われる心理と、かつて自分も誰かを追い越してきたことを振り返る。
競技の話は出るが人間模様が物語の中心。

『ペースダウン』
次も陸上、長距離。
実業団入団を控えた大学四年生の主人公が初のフルマラソンに臨む。
これまで爽やかな読後感だったが、この物語はだんだん暗雲立ち込める。

『クラッシャー』
ラグビー。
大学4年生、これまで3年連続シーズン最初の試合で大怪我を負い、時間をフイにしてきた主人公が、また怪我をするのではないかという恐れを抱えながら試合に臨む。
とりあえず痛い。

『右と左』
最後は野球に戻り、プロ野球。
横浜の球団は明日がリーグ最終戦。
現在最下位だが混戦により勝てば4位に滑りこむ状況で、監督は翌日の先発投手を決めかねていた(予告先発じゃないのかと思うけどそれを言うと話が続かないので設定を受け入れる)。
共に15勝をあげる高卒2年目の右腕大洞と、10年目のベテラン左腕黒澤。
大洞は新人王を狙い登板を熱望しているが、黒澤はコンディションの悪さから回避したいと思っている。
対照的な2人の心の動きを中心に物語を進めながら、監督はどちらを選ぶのか、という謎がただの心理小説にせず物語を締めている。

2014/12/01 00:14

投稿元:ブクログ

短編だけに深みを持たせようとして、専門用語を使ってはいるものの中途半端。
専門用語を使っていながら事細かく説明していたり、その言葉に作者自ららがとらわれ過ぎていてしまっていたり。

それより何より、スポーツネタの割には爽快感やスピード感が全く無いのはどうしたものか。

2014/10/05 19:34

投稿元:ブクログ

様々なスポーツを扱った短編集で面白かったです。
ただ、アメフトは個人的に観戦歴20年以上ある為か、他の短編よりも落ちる印象でしたね。

2014/10/21 12:16

投稿元:ブクログ

スポーツの中で様々な場面での判断。試合中の駆け引きはもちろんだけど、やるか止めるか・ケガの見極めや復帰時期・誰を使うかなどの、判断を迫られるキリキリとした雰囲気には私まで変なプレッシャーを感じてしまいました。

選手にとってはいろんな重圧の中、それなりの成績を残すのは並大抵なことではないだろうし、それに耐えたり自分をコントロールしたりとアスリートって本当に大変。私ももっとスポーツに詳しくなり、試合の結果だけでなく、チーム事情や選手の背景や駆け引きをもひっくるめて観戦できるようになれば、もっと楽しめるんだろうなぁ。

色んなタイプの選手がいて、みんな個性的だけど、本人の才能や努力が大部分の中、それを支えてくれた人たちがいることを素直に感謝している選手をみると、謙虚だなぁとつい応援したくなる。

2015/05/18 16:27

投稿元:ブクログ

スポーツを題材にした短編集。高校野球、ラグビー、アメフト、マラソン、やり投げ、プロ野球。新聞記者出身と言うこともあり、堂場瞬一の書くスポーツ小説はドキュメンタリーのようだと思う。

2015/09/21 09:22

投稿元:ブクログ

様々なスポーツ競技を題材にした短編集。著者が色々なジャンルのスポーツ競技に通暁しているのは、これまでも野球以外に陸上やラグビーを取り上げた長編小説を読んでいた。読後感として、物足りなさを感じたのは、短編だからか、着地からの逆算で物語を書いているような気がしたからだろうか。うまいっちゃあ、うまいんでしょうけど、手練れな感じが。

2016/09/24 14:20

投稿元:ブクログ

堂場瞬一の短編集。スポーツものを読みたくて読んだけどなかなか面白かった。いろんなスポーツのアスリートの心理描写がリアルに描かれていて、すごく理解しやすかった。特にマラソンの話は、自分が初マラソンに挑んだ時の失敗と重なってシンパシーを感じた。どうしても最初に飛ばしてしまうんだよなぁ。
今度は長編を読んでみたいと思う。