サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. お話きかせてクリストフ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お話きかせてクリストフ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/08/25
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:22cm/127p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-580-82212-2
  • 国内送料無料

紙の本

お話きかせてクリストフ (文研ブックランド)

著者 ニキ・コーンウェル (作),渋谷 弘子 (訳),中山 成子 (絵)

クリストフは、中央アフリカのルワンダからイギリスへやってきた転校生。学校の生活にもなれて、少しずつ勉強もできるようになってきた。でも、本で物語を読むことだけは好きになれな...

もっと見る

お話きかせてクリストフ (文研ブックランド)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クリストフは、中央アフリカのルワンダからイギリスへやってきた転校生。学校の生活にもなれて、少しずつ勉強もできるようになってきた。でも、本で物語を読むことだけは好きになれなかった。お話は、身ぶり手ぶりをつかって話すものだと思っていたから…。小学中級から。【「BOOK」データベースの商品解説】

ルワンダから内戦をのがれてイギリスへやってきたクリストフ。友だちと遊んでいたときに、銃で撃たれた傷を見られたのをきっかけに、自分と家族がルワンダで経験した戦争について語りはじめ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ニキ・コーンウェル

略歴
〈ニキ・コーンウェル〉イギリス生まれ。ソーシャルワーカー、教師等を経て、作家となる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/13 23:13

投稿元:ブクログ

ルワンダの内戦から逃れてイギリスにやってきたクリストフ。言語の違いも乗り越えて、イギリスの学校に馴染んでいくが、たったひとつ、物語が本に書かれているのだけは我慢ならない。お話はすべからく自由でなければいけないから。口承文学の世界からきた人たちにとって、物語を書き留めることは、物語の死を意味するのかもしれない。

ルワンダのぐじゃぐじゃは、もとよりこの文章レベルの本を読む人たちに理解させるべきものでもないので、戦争ものというより、戦争のスパイスも入った異文化理解文学かと思われる。

2015/08/09 20:55

投稿元:ブクログ

8歳の男の子が 自分自身におきた 内戦の話を 亡命先の イギリスの学校で語る…同じ国の人どうしが 争う「内線」…むなしいです((T_T))

2015/07/18 11:34

投稿元:ブクログ

物語の伝承は、体験者自らが語ることが一番伝わる。
そして、今なお、世界のどこかで起こる戦争への終焉と平和な生活への希望を強く思う。

小学生のクリストフの成長物語。
家族とともに、ルワンダからイギリスへやって来た。
肌の色の違いから、学校ではイジメにあう。

しかし、みんなの前で、自分の物語を語ることで、
大きく成長していく。
内戦に巻き込まれ、命からがら出国してきたのだ。

『どこの世界にも、ほかの人より上にいないと気のすまない人がいるんだ』
クリストフの父親が語る言葉が印象的だ。

学校や地域、民族や人種、そして、国家。
「優越的でいたい」という争いが、人類の歴史。
また、争いによる悲惨さを、伝えていくのも、人類の歴史。

本は多くのことが学べる。
けれど、臨場感が伝わりにくい。特に、戦争や紛争などは。
ときには、体験談を直接聞いてみることも大切と感じた。

平成27年度青少年読書感想文全国コンクール・小学校中学年課題図書。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む