サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/08
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209475-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

著者 エミリー・バゼロン (著),高橋 由紀子 (訳)

インターネットにより複雑化したいじめ問題。気鋭のジャーナリストが、ティーンエイジャー3人の事例を徹底検証するほか、フェイスブック本社を取材し「ネットいじめ」の問題について...

もっと見る

ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

1,750(税込)

ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情

ポイント :16pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

インターネットにより複雑化したいじめ問題。気鋭のジャーナリストが、ティーンエイジャー3人の事例を徹底検証するほか、フェイスブック本社を取材し「ネットいじめ」の問題について探る。【「TRC MARC」の商品解説】

小さなきっかけからいじめの標的になったモニーク。ゲイを公言していじめられたジェイコブ。いじめを理由に刑事告訴されたフラナリー。三人の事例から、ネット時代特有のいじめ問題を検証する。【商品解説】

著者紹介

エミリー・バゼロン

略歴
〈エミリー・バゼロン〉イェール・ロースクール卒業。同校でフェローを務める。オンラインマガジン『スレート』のシニアエディター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/18 15:39

投稿元:ブクログ

アメリカでのいじめについての研究書。
いくつかの実例が挙げられ、いじめの概要、そしてそれがどのように解決されたか、もしくは不幸な終わり方をした例について、その後関係者はどうなったかという分析がなされる。
インターネット以前の世界では、主として学校内で起きる出来事だったいじめが、インターネットというツールを手に入れて、いつでもどこでも行われるものに変容した。
ノルウェーから始まり、アメリカにも伝えられたいじめの研究及び対処プログラムの紹介。
そして、フェイスブック、MySpaceでのいじめ対策についての紹介を含む。
ネットいじめとその対処について割かれているページは多くないが、いじめの全体構造の中で、ツールとして使われていることを考慮すれば、そのくらいの扱いなのかもしれない。が、若干の物足りなさは感じた。

2014/10/08 01:56

投稿元:ブクログ

ネットいじめは、欧米でも日本と変わらないという状況がわかった。スマートフォンの使用によって、これまでにない事態に直面している状況も、日本同様。いくつかの事例から、本人同士、同級生、保護者、先生、校長、教育長が何をしたのかについて詳細に述べられており、ケーススタディとなっている。日本と異なる点は、銃の乱射事件等の発生により、いじめの問題を慎重に扱っていことと、子ども同士の問題であっても警察への通報が行われている点など。

2014/11/02 09:57

投稿元:ブクログ

スマホが生まれたからといっていじめが多くなったわけでは決してなく、ただ、スマホ・ネットというものの存在でいじめから逃げられる場所がなくなっているのはそうだと思います。

家に帰っても、学校でのことをずっと引きずらなくてはならない大変さ。もう少し考えて親はインターネットを使わせるべきだと思う。
作者が言っていましたが、携帯もPCも、学校から支給されるものではなくて親が与えるものなんだから、その中のいざこざ解決を学校に求めるのは公平ではない。うんたしかにそれはそうかもしれない。

Facebookが行うことは、危険があると思うものに対して予防線を張ること。その投稿をするまでに何度も何度も「それは誰も傷つけませんか?」「違反していませんか?」と聞かれればいらない投稿はしなくなると思う。やっぱり、メールもそうだけど、下書きを何度も見直せる機能は要るんではないでしょうか。

2016/11/30 17:37

投稿元:ブクログ

いじめについて。いじめている人、いじめられている人、間接的に関与している人…周りの大人、親、行政の事を実例を挙げて詳しく書いてある。じっくり読むと気が滅入る。あとがき近くにどう対処したら良いか、Q&Aが掲載されている。

2015/06/25 23:48

投稿元:ブクログ

どの国でも同じようなことが起こるんだなあという印象。ネットが普及した今、いじめは悪口や無視のほか、フェイスブック等に匿名悪口を書き散らす…のあたりも日本でも十分あり得る。アメリカの実例ではあるが、日本でも参考になりそうだ。本の形式としては実例を紹介した後、その後の経過と対策を述べている。最後に掲載されているいじめの被害者、親、教師に対するQ&Aは役に立ちそうだ。

2014/11/05 10:56

投稿元:ブクログ

SNS等が発達し、変容したアメリカのいじめ事情。ティーンエイジャー3人の事例を徹底検証、フェイスブック本社を取材し「ネットいじめ」の問題を探る。OPAC → http://t.co/mfTEocvWzB

2015/03/10 21:18

投稿元:ブクログ

アメリカでのいじめについて。

いじめって、この本のタイトルみたいに、
ある日、友達をクビになってはじまるんだよね。
こわい。

現実に起きているいじめの大半は地位争い。

SNSをつかってのいじめ。

SNSなんてやめりゃいいのに。
会って話せばいいじゃん。とか、いっつも人とつながるとかしんどいじゃん。
って、思ってしまう私は古代人なのかな?