サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/08
  • 出版社: イースト・プレス
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7816-1250-8
  • 国内送料無料

紙の本

ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち

著者 赤坂 憲雄 (著)

なぜそれは、おそろしいのか。なぜなつかしく、切ないのか。「ゴジラ」と「風の谷のナウシカ」のふたつの物語に、日本人の精神の原風景を幻視し刻印する、著者渾身の論考。怪獣映画通...

もっと見る

ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜそれは、おそろしいのか。なぜなつかしく、切ないのか。「ゴジラ」と「風の谷のナウシカ」のふたつの物語に、日本人の精神の原風景を幻視し刻印する、著者渾身の論考。怪獣映画通の俳優・佐野史郎との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤坂 憲雄

略歴
〈赤坂憲雄〉1953年東京都生まれ。民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長、遠野文化研究センター所長。「岡本太郎の見た日本」でドゥマゴ賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゴジラの世界を越え、ナウシカの世界を生きる。

2016/02/21 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災を東京で体験した著者。呆然とした時間の後にやったことがパソコンで映画『ゴジラ』とアニメ『風の谷のナウシカ』を見ることだった、というところから本書は始まる。震災、特に原子力発電所の事故から考えさせられたことは科学技術のありかたである、というのはかなりの人に共通することであろう。本書もそこにつながっていく。

既出の文章などをまとめた部分が多く、内容も『ゴジラ』についての考察が多い。(正直なかなかナウシカまでつながらないので読んでいて少々焦った)。しかし、著者の言いたいことはよく伝わってくる。『ゴジラ』や『風の谷のナウシカ』、さらには『グスコーブドリの伝記』まで引用されてるのだが、ストーリーを知らなくても大丈夫。著者は丁寧に物語を追いながら思考を綴ってくれる。

『ゴジラ』が第五福竜丸や戦争の犠牲者への思いを秘めた作品であることはよく言われることでもある。最後には新しい科学力で葬られるゴジラ。そこにはまだ「科学でなんとかなる」という考えがあったとと著者は分析する。では『ナウシカ』は。科学で破壊された世界は科学の遺物である「巨神兵」では制御できない。アニメ版では若干違和感を残した終わり方をしたと著者は思い、漫画版についても言及をし「人間が火を手にしたことに潜む原罪」にまで考えを広げていく。

「ゴジラ」や「ナウシカ」に対する著者の解釈は、原作者の意図したものではないかもしれない。描かれたものとは、そういうものだ。独り歩きもする。それでも、新たな考えを引き出したり、展開させたりする刺激になるというだけでも、たかが映画、たかが漫画と言えない役割がそこにあるという価値を証明してくれている。

本書での考察はまだ完結しているわけではない。本書のあとがきの日付は2014年7月28日。ハリウッド版「ゴジラ」を見ての感想を含めて書かれていいる。ナウシカについても、特に漫画版の評などはまだ未完であるようなので、再度(いや何度でも)考察して著して欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

特撮・ヒーローもの ランキング

特撮・ヒーローもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む