サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円!
投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円! 投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円!

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/29
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-02885-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円!

著者 中野 晴啓 (著)

最初の仕組みを作って、あとはほったらかしでOKの「投資信託」の上手な買い方とは? 長期投資のプロが、だまされない「投資信託」の買い方を本音で教える。「投資信託はこの9本か...

もっと見る

投資信託はこうして買いなさい 30代でも定年後でも、ほったらかしで3000万円!

1,620(税込)

投資信託はこうして買いなさい

1,296(税込)

投資信託はこうして買いなさい

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最初の仕組みを作って、あとはほったらかしでOKの「投資信託」の上手な買い方とは? 長期投資のプロが、だまされない「投資信託」の買い方を本音で教える。「投資信託はこの9本から選びなさい」の実践編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中野 晴啓

略歴
〈中野晴啓〉1963年東京生まれ。セゾン投信株式会社代表取締役社長。公益財団法人セゾン文化財団理事、NPO法人「元気な日本を作る会」理事。著書に「投資信託はこの9本から選びなさい」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

わかりやすい

2016/10/31 07:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ihitihit - この投稿者のレビュー一覧を見る

投資信託についてわかりやすく書かれており、初心者でも理解することができる。著者の会社の宣伝はやむなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい

2016/02/07 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yura - この投稿者のレビュー一覧を見る

投資信託初心者向けの本かと思います。
長期投資の大切さを、実際の数字やグラフで表して説明されているのでわかりやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり紙が好き

2015/11/10 05:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっぱり紙が好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

手探りでやってきた投資ですが、無理なく自分の投資の範囲で実践できる、自分自身の整理本です。目先を考えるだけではなく、息の長い投資をしたいと思います。即、実践したこともあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすかったです

2015/08/23 11:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:isakawa - この投稿者のレビュー一覧を見る

老後の生活を考え、資産運用をしようと思い、購入しました。

投信ド素人の私ですが、よくわかる内容でした。早速実践に移ろうと思っています、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/18 13:02

投稿元:ブクログ

2015/10/18読了

中野晴啓による、長期投資の指南本である。

内容は、筆者のお薦めファンドと、ドルコスト平均法・長期投資、という一般的な内容を解説している。

NISAについての説明もあり、直近のテーマにも対応している。

今後も地球全体の経済が成長し続けるならば、このように考えるのが良いと思う。

2015/11/18 13:55

投稿元:ブクログ

2014年からNISAがスタートして口座を開こうと思いつつここまできてしまったのだが、本書を読んで今度こそと意欲が湧いた。
やはりこの低金利時代には分散&長期でコツコツと積み立てるのがベストなのだろう。
下がった時こそたくさんの口数を購入できるチャンスだと思って、焦ったり、すぐに解約したりせず気長に持ち続けるようにする。
始めるまでの手順がわかりやすく説明されているので、よく目論見書を読み情報を把握してから行動することが大切。

2015/02/22 11:43

投稿元:ブクログ

この著者が語る長期投資に適った投資信託の条件をマイルドにすると、
●信託期限が無期限
●分配金再投資
●購入時手数料と運用管理費用率が低い
●純資産残高が大きい
●少額から自動積立可能
●国際分散バランス型

2015/03/23 22:45

投稿元:ブクログ

セゾン投信社長の中野晴啓さんの本なので、自社ファンド推しでもあるのですが、直販投信を中心に9本をセレクションしています。

いくつかのファンドについては『評価が甘いんじゃないか』と感じてしまうものもありますで、参考程度にして自分で投資するべきファンドを選んで決めるべきでしょう。

本書は、おそらく投資初心者向けに作られていて、セゾン投信セミナーに通った帰りに読むようなライトな仕上がりになっています。

NISAのメリット・デメリット、具体的な使い方の説明であったり、ファンドの選び方や口座開設・入金や購入方法と、実際に投資信託を買うレクチャーするページが多い。

そういう意味では、投資についてマニアックな意見をもっている読者層には物足りないことでしょう。

終盤に向けて、読むべきものがないなぁ~と感じていたら、何気に最終章の『今さら聞けないこんな質問
あんな質問』が面白い!

実際にセゾン投信のコールセンターに寄せられる質問の中からピックアップしているので見入ってしまった。

Q.投資信託を購入したお金はどこに行くの?

Q.投資信託のファンドマネジャーはどんな仕事をしているの?

なかなか知ることがないので興味深い。
いっそのこと、セゾン投信のホームページで寄せられた珍しい質問に対する回答を公開してくれればいいのに…と感心してしまいました。

2015/03/15 13:59

投稿元:ブクログ

時間がなかったので、部分よみ。初めて中野さんの本を読んだが、歯切れがよく面白い。心理面を的確にとらえられていた。この本買いたいな。
良い投信を選んで、ひたすら積み立てし、価格は気にしないでほっとく。お金が必要になったら一部解約。単純明快だった。

2015/07/30 18:12

投稿元:ブクログ

家計簿をつけはじめて、1年。
自分の収支がわかるようになってきて、お金に対する関心度も以前と比べて随分上がりました。

アベノミクスの流れに乗じてNISA口座を作ってみたり、約定はしていないものの株の値動きを見てみたり・・・
それだけで自分の視野が広がるのを感じます。

そんな中、「投資信託」はいまいちよくわからないジャンル。
これだけ情報が溢れる中でネットで調べられないものもないでしょう、と思いきや、情報が多すぎて何がなんだか・・・

そこで手にしたこの本は、一般的な知識に留まらず、著者の考えを十分に盛り込んだ、わかりやすい内容でした。
著者が実際に買っている9本の投資信託もリストアップされていて、具体的な話がわかるのが何よりもいいです。

正直なところ、投資信託って、運用をお願いする分高い手数料を取られるし、実際のところどうなの?と穿った見方をしていた部分もあったのですが、資産を分散させるのに少額から始められるし、いい方法かもしれませんね。

国内の株式には手を出そうと思っても、外資やいわゆるグローバルファンドはよくわからない。いっそのこと、その部分はプロにお任せしてしまいたい、と思うので、投資信託とは何ぞや、というものが丁寧に説明されていてよかったです。
長期投資におすすめですね。

私は、この本を読んで知った「鎌倉投信」にて投資信託の定期購入を始めることにしました。
月1万は大きいですが、「これからの社会にほんとうに必要とされる会社」に投資をするというコンセプトに惹かれて。

私のような初心者にも理解しやすい、おすすめの1冊です。

2015/10/04 11:34

投稿元:ブクログ

中野氏の本2冊目です。

ただ自社のファンドを売りたいということだけでなく
その根拠を客観的に示してくれているのでいやらしさがない。

実際本当にお勧めの9本のファンドも明記しており
選ぶ選択肢を与えてくれている。

何より、長期で時間をかけて積み立てていくことで
リスクを低くして、福利効果をもたらしてくれるという。

またこちらはNISAで購入するメリットも説明している

2015/01/24 12:14

投稿元:ブクログ

投資信託のオススメとして、著者の会社の商品があるのは「なんだかなぁ」と思ったが、NISAのことについてわかりやすかった。

ほぼグローバルファンド以外には言及してない感じ。また、投資信託の種類などの基本的なところは説明されていない。

2015/02/10 22:12

投稿元:ブクログ

投資の必要性と投資信託のメリット・デメリットをわかりやすく説明している。ただ、著者はセゾン投信社長なので、自社商品の説明(宣伝)が中心になるのはやむを得ないというところか。

2016/07/15 23:28

投稿元:ブクログ

投資信託を始めようとしているけどどこから始めればいいか分からない、という人のための入門向けの本だと思います。
ドルコスト平均法の理屈や投資信託を選ぶ際のポイントなどを分かりやすく書いてあり、
資産運用のために長期投資先として買うべき投資信託の銘柄までリストにしてくださっているので、
とりあえずオススメを教えてもらって試しに投資してみたい、という人には良いと思います。

入門編なので深入りした内容まではいってないと思いますが、まずはじめに読むには良いと思います。

2015/08/08 10:16

投稿元:ブクログ

長期投資による資産形成の有用性を簡単な例を挙げながら説明してくれます。
また、筆者がおすすめする9つの投資信託の商品を実際に紹介しており、投資信託の導入を考えている方には非常に参考にするところが多い本だと思います。

投資・資産運用 ランキング

投資・資産運用のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む