サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/20
  • 出版社: 化学同人
  • サイズ:19cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7598-1661-7
  • 国内送料無料

紙の本

地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来 (DOJIN選書)

著者 宮原 ひろ子 (著)

【講談社科学出版賞(第31回)】屋久杉や南極の氷は、太陽活動や宇宙環境のどんな姿を教えてくれるのか。過去・現在・未来の、地球と太陽、さらには宇宙との関係を、「宇宙気候学」...

もっと見る

地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来 (DOJIN選書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【講談社科学出版賞(第31回)】屋久杉や南極の氷は、太陽活動や宇宙環境のどんな姿を教えてくれるのか。過去・現在・未来の、地球と太陽、さらには宇宙との関係を、「宇宙気候学」の最前線から読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

もっとも身近な天体でありながら,多くの謎が残されている太陽.その太陽の活動が,200年に1度といわれるほど低調な状態にあるという.一方,太陽活動のアップダウンと地球の変動との密接な関係をうかがわせる証拠が得られ始めている.では,現在の低調な太陽活動は地球環境にどのような影響を及ぼすと考えられるのか.本書では,過去・現在・未来の,地球と太陽,さらには宇宙との関係を,「宇宙気候学」の最前線から読み解き,激動する地球への新しい視点を提供する.
【商品解説】

目次

  • 1.変化する太陽
  • 2.太陽の真の姿を追う
  • 3.太陽活動と気候変動の関係性
  • 4.宇宙はどのようにして地球に影響するのか
  • 5.変わるハビタブルゾーン
  • 6.未来の太陽と地球

著者紹介

宮原 ひろ子

略歴
〈宮原ひろ子〉埼玉県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻博士課程(後期課程)修了。博士号(理学)取得。武蔵野美術大学教養文化・学芸員課程研究室専任講師。専門は宇宙線物理学など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/10 14:07

投稿元:ブクログ

黒点ってだから黒く見えるのね。宇宙線の強弱ってそうやって生じるのね。など、太陽の状態や地球に及ぼす様々な影響などが分かりやすく書かれている。しかし本書の表題はいただけない。

2015/09/26 10:34

投稿元:ブクログ

興味深く読んだ。太陽磁場が作り出すカレントシートがどのように銀河宇宙線を遮蔽するかなど、宇宙環境が地球に及ぼす影響を様々な資料から論理的に解説してくれる。80ページ付近の磁場による荷電粒子のドラフトの説明は、左右上下混乱して少しわかりにくい。

2014/10/02 22:49

投稿元:ブクログ

宇宙気候学入門。著者はまだ新しいこの分野の若手研究者。太陽活動の記録と地表各地に残る様々な痕跡を繋ぎあわせて,宇宙と地球の関係に迫っていくという興味深い内容。推理小説より面白い。
地球の天候を宇宙から左右するのは何も太陽光だけじゃない。過去の気候変動の記録をひもといて,銀河放射線や太陽フレアが地球環境に与えてきた影響を探っていく。鍵を握るのはやはり太陽活動で,その周期に応じて地球に届く宇宙線の量も変動,それが雲量の変化をもたらしている可能性がある。全球凍結等の過去の大イベントも,銀河系内での太陽系の位置や近傍での高エネルギー天体現象によって説明がつくかもしれない。
地球はもちろん太陽系も閉じた系でなく,常に外からの影響に晒されている。それが些細な影響でなく,実際に地球の歴史・生命の歩みを大きく変えるものだったとしたら,何だか凄いスケールの話だ。

天文読みもの ランキング

天文読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む