サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

約束の森(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/18
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/589p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101778-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

約束の森 (角川文庫)

著者 沢木 冬吾 (著)

警視庁公安部の刑事だった奥野侑也は、殺人事件で妻を亡くし退職を決めた。孤独に暮らしていた侑也に、かつての上司を通じて潜入捜査の依頼が入る。北の果てに建うモウテルの管理人を...

もっと見る

約束の森 (角川文庫)

864(税込)

約束の森

864 (税込)

約束の森

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警視庁公安部の刑事だった奥野侑也は、殺人事件で妻を亡くし退職を決めた。孤独に暮らしていた侑也に、かつての上司を通じて潜入捜査の依頼が入る。北の果てに建うモウテルの管理人を務め、見知らぬ人物と暮らしながら疑似家族を演じろという。侑也が現地に赴くと、そこにいたのは若い男女と傷ついた1匹の番犬だった。やがて闇に隠れた謎の組織の存在と警察当局の狙いが明らかになり、侑也は眠っていた牙を再び甦らせる―。【「BOOK」データベースの商品解説】

警視庁公安部に属していた奥野侑也は、妻を殺されて退職。人知れず孤独に暮らしていたが、かつての上司からモウテルの管理人を頼まれ、北に向かう。そこで待っていたのは見知らぬ若い男女と傷ついた1匹の番犬だった…。〔角川書店 2012年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー82件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

なんと言われようと主人公は犬です

2014/07/31 16:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コハル - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達に面白いと薦められてはいたのだけど
犬がかわいそうな目にあうと聞いて及び腰になっていました。
文庫が出たのを機に思い切って購入。

人間の主人公も強くてかっこいいんですが
なんといってもドーベルマンのマクナイトが秀逸。
逆境にもめげず矜持を失わず毅然と生きていて
虐待者すら許す心の広さです。
彼のために盾になろうとする人の気持ちわかります。

ハリウッド映画を観ているようないい意味での荒唐無稽さとスピード感。
脇を固めるキャラもほんと個性的。
ふみちゃんはサラ・コナーかって感じだし、彼女を守ろうと熊撃ち銃を
持ち出すあの方々は。。。

マクナイトのその後が知りたいので続編希望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった

2015/11/14 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハードボイルドな世界のなか、マクナイトとダイナマイトという2匹の犬が温かみを出してくれる。手元において何度も読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の中では久々のヒット

2015/10/23 06:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももなり - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品を読んで、沢木さんの既刊一気買いを決意しました☆
とにかくのめりこみました。
登場人物の心の動きにシンクロして一喜一憂できます。
なんともいえない読後感…いい作品に出合えたな~ってすごく嬉しかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みごたえあった。

2015/10/16 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:放浪フクロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

元警官の奥野侑也はある日、公安の秘密作戦に絡んで見知らぬ若い男女と共に、人里離れたモウテル群の近くで、疑似家族的な同居生活をすることになった。虐待され続けて人間不信になっていたドーベルマンのマクナイトを引き取るもなかなか心を開かず、同居人たちともぎくしゃくした状態が続く。だが、いくつかの出来事を経てやがて互いを信頼し合う「家族」になっていく様子に、心を打たれました。終盤、多勢による襲撃を受けて何度も絶体絶命の場面があり、最後までどうなるのかわからずハラハラしっぱなしでした。自称・丹野にはびっくりしましたが、口の悪いオーナー、支配人、チンピラ赤城・・・脇役が良い味を出してました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マクナイトいいねえ!

2015/08/30 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スリーピングドッグ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めての沢木作品。
出版された当初から気になっていたのだが、文庫化を機に購入。
ドーベルマン・ピンシャーのマクナイトという犬が中心に据えられ、とても魅力的で、マクナイトのシーンになると自然読むスピードが速まり、のめり込み状態だった。
いわゆる、ハードボイルドと言われる作品は、何か現実離れした不自然さを感じてしまう方で、私の好みの外なのだが、マクナイトが雰囲気を作り、情感豊かに私を引きずり込んでくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2015/06/02 08:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった!!!!!
久々に、女性の私でも楽しめ、ハラハラ、手に汗握り、スッキリ出来る1冊でした。
一気に読みました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく、ひたすら、犬

2016/03/20 06:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、翻訳ものばかり読んでいたので、「あぁ、500ページ越えであっても、日本人作家のものはやはり読みやすいなぁ」としみじみ。
だからといって翻訳ものが読みにくいということではないんだけど、やはり読者として文化というか常識の前提がだいたい同じだから、国内物は読みやすいのでしょう。

物語は、かつて警視庁公安部の刑事だったが、今は世を捨てて生きているような主人公が、かつての上司からの繋がりで潜入捜査を依頼されるところから。 謎の組織をあぶり出すためという計画に乗る必要はなかったが、潜入先にはかつて警察犬候補だったが今は打ち捨てられ、すさんだ犬がいるという。 それが気になって、依頼を引き受けてしまう、という話。

私はドーベルマン・ピンシェルと覚えていたのですが、いつからドーベルマン・ピンシャーという言い方になったのでしょうか。
ドーベルマンかシェパードであればシェパード派のあたしですが、昔、家の近所にドーベルマンが飼われていたのを覚えています。 顔が怖かった、というか威厳があった。 通学路だったのでその家の前を通る度ほえられましたが、こっちも懲りずに毎朝挨拶をし続けていたら、一年ぐらいしたら吠えられなくなり、見送ってくれるようになって。 「飼い主に絶対忠実」であっても、他人の悪意のなさが通じたら認めてもらえるんだな、というのが私のドーベルマンの印象です。
なので、任務よりも心のすさんだ犬のため仕事を引き受ける主人公に共感し、逆上したら犬を虐待する人間の屑を殺しかねない情熱(?)も、なんだか理解できるのです。

しかし、“公安”と“謎の秘密組織”というキーワードが揃うと胡散臭く感じてしまうのは何故でしょうか。 これも刷り込まれ?
<日本版『ウォッチャーズ』>(ディーン・R・クーンツの)と言っている人もいましたが、残念ながらそれは言いすぎ。 バイオレンス描写は近いものはあれど、人間外の種から見たもの、のような視点はない(その分、人間の情と非情のせめぎ合いが多く、「その人、死ななくてもいいでしょう!」な場合もあり-しかし残念なことに「死んでも仕方がない」的過去が添えられたりしてがっかりだ)。
そういう意味では意外に、勧善懲悪?

そして終章の余韻が短すぎ! せめて宮田獣医師が登場する場面がほしかった。
でも奇跡の犬・マクナイトの存在が、この物語のレベルを上げているというか、読ませどころになっているのは事実です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

終盤が・・・

2015/01/17 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

心温まる男と女と犬の物語です。
終盤のドタバタ感がちょっと強すぎな気はするが・・・、面白かったですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

約束の森

2015/12/30 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

本やさんの推薦でしたが、もう一歩でした。読み出してもなかなか進まず1ケ月もかかってしまいました。沢木作品は範囲外かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/13 23:17

投稿元:ブクログ

全般的に私のハートはマクナイトに♪w

前半はゆったりと・・後半はぐいぐいと惹き込まれる様に読みました。

前半・中盤のゆったりの中に、たくさんの伏せんが^^
後半は、えっ?ふぅ~~ほぉ~~~の繰り返しw
そんなハラハラ感もありつつ・・・
心も感じられるお話で、私は好きです^^♪

2016/03/04 09:35

投稿元:ブクログ

文句無しに面白かった。主人公周辺の登場人物の全てが愛おしかった。サイロの3人も赤城もみわな傷ついてて、緩やかに癒されていく展開がすごくよかった。後半のこれだけの激しい展開では誰も殺さないわけにはいかないのはわかるけども、年寄り二人をああしたのは少し都合が良すぎる気もした。そして、マクナイトとの間に気持ちが通じた瞬間の感動。犬への凄まじい愛を感じた一冊。

2015/06/03 22:37

投稿元:ブクログ

2015/6/3
わかってたけど最後のマクナイト出てきたとこは涙出た。
冬子さんが追い返してくれるのはわかってたけどさ。
めっちゃうれしいやん。
人が死にまくるから油断できない作者だわ。
ハラハラドキドキ最後まで気を抜くことなく読み終えました。
赤ちゃんが加わった彼らにまた会いたい。

2015/07/04 22:16

投稿元:ブクログ

ハードボイルドってあまり手に取らないジャンルではあるのだけど、愛犬家なので手に取ってみたりする。
犬の描写が秀逸なのですべて許せる。
ストーリーは普段読んでいる作品に比べて感じが多くて一文が長い印象を受けてしまって雰囲気で流してしまった。一文一文の情報量が多くて、このエピソードはほんとうに落とせないものだったのか…?とかおもってしまう。削ぎ落としつつ訴えかけるのはとてもむずかしい。

2015/06/13 22:58

投稿元:ブクログ

マクナイトと主人公の絆の物語。
熱い!熱い!ハードボイルドを体言する、久々の作品。
主人公にどっぷりと感情移入して読んでいい作品。
全力疾走しても大丈夫な体力がある時に読むといいですね。

2015/02/14 18:39

投稿元:ブクログ

オビと本屋さんのPOPにつられて購入しましたが、すごく面白かったです。
著者の作品は初めてですが、緊張感があって、それでいてちょっとホッとするような場面もあってよかったです。
組織の関係がいまいち、こんがらがってしまいましたが。。
マクナイト、いいなあ。個人的には、隼人、赤城も。
オーナーと支配人の最後は残念でしたが。
最後のところは、かなり引き込まれました。
満足しました。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る