サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ぼくらの天使ゲーム 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくらの天使ゲーム 改版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/18
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101620-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぼくらの天使ゲーム 改版 (角川文庫 「ぼくら」シリーズ)

著者 宗田 理 (著)

夏休みに「ぼくらの七日間戦争」を戦った東中1年2組。大人たちは異例のクラス替えを言い渡した。だが、元2組の面々はばらばらになってもくすぶってはいられない。今度はぼくらの一...

もっと見る

ぼくらの天使ゲーム 改版 (角川文庫 「ぼくら」シリーズ)

648(税込)

ぼくらの天使ゲーム

648 (税込)

ぼくらの天使ゲーム

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏休みに「ぼくらの七日間戦争」を戦った東中1年2組。大人たちは異例のクラス替えを言い渡した。だが、元2組の面々はばらばらになってもくすぶってはいられない。今度はぼくらの一日一善運動“天使ゲーム”を始めた。父さんの煙草に水をかけ、お酒にしょうゆを入れ―。ある日、東中の美少女が学校の屋上から落ちて死んでいるのが見つかった。彼女の死の真相は?ぼくらの犯人捜しが始まった!名作「ぼくら」シリーズ第2弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

「ぼくらの七日間戦争」を戦った1年2組の面々は、今度は一日一善運動「天使ゲーム」を始めた。そんなある日、東中の美少女が学校の屋上から落ちて死んでいるのが見つかる。彼女の死の真相は? ぼくらの犯人捜しが始まった。〔初版:角川文庫 1987年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/24 23:05

投稿元:ブクログ

約30年前の小説なのに殆ど古臭さを感じない。
これだけ時が経っても社会が抱えてる問題って
大差ないんだなぁ。
ネットの普及と連絡手段が劇的に変わったけど、
本質的な問題って変わらないんだね。

だから古臭く感じないのかな。
今時の中高生が読んでも、自分たちの学校内の
問題と大差ないんじゃない?
ここまで純粋な中学生も少ないかな(男子のみ)
女子はいつでも同年代より少し大人びてる感じ。
連絡手段がポケベルや、家の電話がコードレスじゃ無い所に少しだけ時代を感じたw

大人社会も、ここで出てくるベテランの花井刑事が
新人の遠山刑事のような関係があふれてるでしょ。
遠山刑事が年を取ってから花井刑事のようになるか
全く別なタイプの刑事になるかはわからないけど。
若い人がみんな新しいタイプになる訳でもないしね。

それにしても今回の悪者は最低な連中だったな。
仕返しの仕方もえげつなかったけどw
もし計画が失敗してたらと思うとゾッとする。

にしてもこのシリーズ長いなぁ。 
気が向いたらちょくちょく読むとしよう。

今彼等が居たらどんな事するんだろう。
あっ、でも今はこの時ほど物分かりの良い大人って
減ってるか。 
同じようなことしたらすぐに補導されちゃうかな。