サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 負けるはずがなかった!大東亜戦争

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

負けるはずがなかった!大東亜戦争
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/05
  • 出版社: アスペクト
  • サイズ:18cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7572-2340-0
  • 国内送料無料

紙の本

負けるはずがなかった!大東亜戦争

著者 倉山 満 (著)

外交と戦争の歴史を知らずして、集団的自衛権と平和は語れない! 幕末から敗戦までの日本の置かれた国際的状況をロシア目線で描くことで、日本を考え直す。戦争が大嫌いな人のための...

もっと見る

負けるはずがなかった!大東亜戦争

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

外交と戦争の歴史を知らずして、集団的自衛権と平和は語れない! 幕末から敗戦までの日本の置かれた国際的状況をロシア目線で描くことで、日本を考え直す。戦争が大嫌いな人のための大東亜戦争入門。【「TRC MARC」の商品解説】

戦争が大嫌いな人のための大東亜戦争入門。
外交と戦争の歴史を知らずして、集団的自衛権と真の平和は語れない...。
歴史的に正しい眞相はかうだ!
・世界最強だった帝国陸海軍。
・大東亜戦争は対米戦争以外全戦全勝だった。
・「優秀な現場と無能な上層部」という日本の伝統的病理。
・わざわざハワイを攻撃した愚将・山本五十六。
・戦争設計がなかった官僚軍人・東條英機。【商品解説】

目次

  • はじめに ――敗戦を繰り返さないために敵の手口に学ぶ
  • 第一章 世界最強だった帝国陸海軍を指導した明治の元老
  •  第一節 大国ロシアと明治新政府の奮闘
  •  第二節 日英同盟と日露戦争
  •  第三節 バルカン紛争から第一次大戦へ
  •  第四節 ソヴィエト帝国誕生
  • 第二章 「外務の頭脳硬化、度し難し」の時代へ
  •  第一節 ワシントン体制が孕む危機

著者紹介

倉山 満

略歴
倉山 満(くらやまみつる)1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、同大学で日本国憲法を教え、現在に至る。2012年、希望日本研究所所長を務める。著書に、『反日プロパガンダの近現代史』(アスペクト)、『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』『帝国憲法の真実』(扶桑社)、『大間違いの太平洋戦争』(KKベストセラーズ)などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/09 21:32

投稿元:ブクログ

正直言ってこの本のタイトルには驚かされました。今まで「こうすれば勝てたかも」とか「ここで手を打っておけば」という本はあったと思いますが、「負けるはずが無かった!」というのは驚きを越えて呆れてしまうものでした。

この本はネットで見ただけであれば多分、購入しなかったと思いますが、本屋さんでパラパラ捲ったときに、幕末の1840年から戦争が終わるまでを細かく分けて解説してあり、各章ごとに「ロシアから見た日本の姿」が書かれているのが特徴的に思えて、この本に惹かれてしまいました。

この20年間追いかけている日下氏の著作の中で、何度か「日本は米国以外には戦闘で負けたことが無い」と言い切っていたのが印象に残っていました。この本では私にその解答らしきものを与えてくれたように思います。

また歴史を見るときに、各々の国力は現在の観点から見るのではなく、当時の視点で見るべきですが、この本ではそれらを踏まえて書かれていたと感じました。

今年も終戦記念日がやってきます、毎年8月を迎える頃に太平洋戦争に関する本を読もうと思いつつ、それが実現できずにいましたが、今年はそれがやっと叶いました。

ただこの本の内容を全て鵜呑みにして良いかは判断がつかず、これとは反対の立場の本や、同じテーマを扱った本などを読んで自分の考えを固めていきたいと思いました。

以下は気になったポイントです。

・日露戦争後の三国干渉(露独仏)時に、日本はイギリスとアメリカに助けを求めたが門前払いされた。イタリアが艦隊派遣を申し出てくれたが丁重に断った(P30)

・1900年に義和団が北清事変を起こすが、このとき、日英米露独仏墺伊の8カ国が連合軍を作って戦った。英露独仏墺の旧5大国と、のちの五大国になる、米日伊が含まれている(P32)

・日露戦争時の日露の国力比較は、最大動員兵力で半分、戦艦は半分以下、海軍力は3分の1、銑鉄生産量は44分の1、対米戦争とすら比較にならない圧倒的な差があった、これが対米戦争時に精神論を言い出すことになった(P40)

・日本は朝鮮半島の39度線より南を守るためにロシアと戦い、ポーツマス条約で39度線どころか、朝鮮半島全域と南満州、南樺太を獲得した大勝利であった(P42)

・今のイメージを当時のアメリカに投影して、アメリカがこの頃から強い大国だったと思い込むのは間違い、当時アメリカは大した軍事力を持っておらず、中米の小国をいじめる程度(P50)

・第一次大戦の日本の陸海軍は無敵の強さであった、陸軍は青島をあっという間に攻略、海軍はカナダから地中海までの地域を守っていた。そのおかげで第一次大戦は欧州大戦にとどまり世界大戦にならなかった。しかし日本海軍の貢献の意義をベルサイユ会議で全く主張しなかった(P63)

・日本は第一次大戦で世界帝国になったのでロンドン協定(1915)に参加した、これがあったのでベルサイユ会議に大国として呼ばれた(P64)

・ケインズが喝破したとおり、ベルサイユ体制とは、ドイツが賠償金支払いの約束を守ること、アメリカ経済が絶好調���あることを前提にしている、第二次世界大戦は第一次大戦とは異なり必然であった(P71)

・1921年、ワシントン会議により4カ国条約(英米仏日)調印し、日英同盟破棄、1922年にはワシントン軍縮条約、9カ国条約締結(P78)

・フーバー大統領が海軍総司令官のプラット提督に「日本と戦争になったらどうなる?」と聞かれて、「イギリスがついてくれれば2年、単独なら4年でフィリピンを取り返せる」と答えた。日本が勝てっこない巨大なアメリカに立ち向かったというのは、少なくとも満州事変のころまでは成立しない(P97)

・中国でスターリンが注目していたのは蒋介石、毛沢東はスターリンから見れば軽い存在、毛沢東は1932年に対日宣戦布告をしているがソ連は認めていない。日本も瑞金政府の宣戦布告は届いていないとしている(P106)

・ヒトラーだけが独裁者として強調されるが、ソ連のスターリン、トルコのケマル、ポルトガルのサラザール、更には、ユーゴやブルガリアでも国王独裁を始めていた(P108)

・イタリアは1935年、18万人の戦車兵がエチオピアの現地部隊3万の弓兵に負けてしまった、そして毒ガスを使用して、翌年、国際連盟の侵略認定と経済制裁決議に反発して脱退している(P118)

・ソ連のフィンランドへの侵略に対して、英仏はソ連を国際連盟から除名をしたが、軍隊を送って助けることはしなかった(P137)

・日本の満州事変は、イタリアのエチオピア侵攻、ソ連のフィンランドへの冬戦争と違って、侵略認定されていないので、外交の余地はあった(P141)

・三国同盟を残しつつ、ドイツとだけ縁を切る手もあった。三国といいつつ、クロアチアやハンガリーなど、ドイツが征服した国がみな入っているので、他の国に不誠実にならない(P165)

・アメリカにはオレンジ計画があったが、ほかに、レッド・ブラック・パープル・レインボーといろいろある(P175)

・満州事変中の演習にてアメリカ海軍の7%の命中率は日本の3分の1であったが、世界二位であった(P176)

・日本は石油を求めていたので、オランダだけを攻めればよかった。付け加えるにしても石油を産するブルネイをもつイギリスまで。アメリカを相手にするのならフィリピンだけでやめておくべき(P188,191)

・史料の真贋を判断するには文書学の方法による、作成日・作成者・宛所(だれに向けて作られたか)・伝来の素因(その史料がどういう由来で今この場所にあるか)がポイントである(P196)

・珊瑚礁海戦とミッドウェーでの敗戦が日米戦の転機になっている、これからが消耗戦になっている(P201)

・特攻隊はキルレシオ(戦死者交換比率)が1対1以上を越えた唯一の作戦であった(P211)

・サイパン島陥落して大本営から瀬島龍三がいなくなって堀栄三が作戦を立案するようになって、ペリリュー・硫黄島・沖縄の3回で日本軍は突如善戦するようになる、島の中央の山にこもれ、と指示をだした(P214)

・日本は大陸で負けていないどころか、大東亜戦争は対米戦争以外は全戦全勝であった。大東亜戦争���実態は、日本対米豪連合軍で、イギリスは植民地のオーストラリアよりも格下。日本は、イギリスとオランダに対しては戦勝国(P220)

2014年8月10日作成

2014/08/24 23:17

投稿元:ブクログ

倉山節炸裂!
氏には、太平洋戦争史観を国際政治学会とともに粉砕して欲しい。
特に一次史料をもとに立論しているところが素晴らしい。一次史料に基づかないものは、今後の史料開示が待たれる、と明確に区分けしているところが専門家としての矜恃が強くにじみ出でいる。これは良著でしょう!

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む