サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790192-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩 (文春文庫)

著者 藤原 正彦 (著),藤原 美子 (著)

街をゆっくり歩けば、いたるところで歴史の痕跡と出会う。隣り合う東郷平八郎と山本五十六の墓、パリで出会い日本でも隣組だった藤田嗣治と島崎藤村、今も残る引き出しのないマッカー...

もっと見る

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩 (文春文庫)

583(税込)

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩

580 (税込)

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩

ポイント :5pt / 紙の本より3おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

街をゆっくり歩けば、いたるところで歴史の痕跡と出会う。隣り合う東郷平八郎と山本五十六の墓、パリで出会い日本でも隣組だった藤田嗣治と島崎藤村、今も残る引き出しのないマッカーサーの執務机…。藤原教授夫妻と多磨霊園、番町、本郷、皇居周辺、護国寺、鎌倉、諏訪を歩き、日本の歴史に出会うちょっと知的な散歩日和。【「BOOK」データベースの商品解説】

街をゆっくり歩けば、いたるところで歴史の痕跡と出会う−。藤原正彦・美子夫妻が多磨霊園、番町、本郷、皇居周辺、護国寺、鎌倉、諏訪を歩きながら、近代日本の出来事や人物を軽妙に語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

藤原正彦夫妻が近代史の舞台を楽しく歩く

藤原正彦・美子夫妻が多磨霊園、番町、本郷、皇居、護国寺、鎌倉、諏訪を歩き、近代日本の出来事や人物を軽妙に語り合う散歩読本。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/19 21:34

投稿元:ブクログ

夫婦の散歩も会話なんて、本にするべきではないな!
中身は悪くないのに、会話にすると読んでてつらい。

2014/09/07 23:37

投稿元:ブクログ

愉快な御夫婦だ.土地に歴史が刻まれており,その土地に触れることで自らと歴史とを繋ぐ行為もまた史学の面白味だろう.

2014/10/17 13:30

投稿元:ブクログ

【藤原正彦夫妻が近代史の舞台を楽しく歩く】藤原正彦・美子夫妻が多磨霊園、番町、本郷、皇居、護国寺、鎌倉、諏訪を歩き、近代日本の出来事や人物を軽妙に語り合う散歩読本。