サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か 最終処分への道を世界の経験から探る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か 最終処分への道を世界の経験から探る
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/15
  • 出版社: 合同出版
  • サイズ:21cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-1116-9
  • 国内送料無料

紙の本

徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か 最終処分への道を世界の経験から探る

著者 フランク・フォンヒッペル (編),国際核分裂性物質パネル (編),田窪 雅文 (訳)

発電用原子炉使用済み燃料の再処理、中間貯蔵、最終処分を巡り過去半世紀にわたって国際社会が直面してきた政策的及び技術的問題を分析。国際社会の方向性を示し、日本が今すぐ取り組...

もっと見る

徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か 最終処分への道を世界の経験から探る

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

発電用原子炉使用済み燃料の再処理、中間貯蔵、最終処分を巡り過去半世紀にわたって国際社会が直面してきた政策的及び技術的問題を分析。国際社会の方向性を示し、日本が今すぐ取り組むべき課題を提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

この本を読むとよくわかる!

●原発使用国の10カ国(イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、日本、アメリカ、ロシア、スウェーデン、フィンランド、韓国)が使用済み燃料をどのように管理し、どのように処分方法を探し求めているか、そして再処理は問題解決にならないということがわかります。

●①中間貯蔵および輸送、②地層処分場に関連した設計関連事項、③国際原子力機関(IAEA)による使用済み燃料の保障措置など、使用済み燃料の長期的貯蔵および処分に関連した技術的問題の最新情報がわかります。

原子力発電所の使用済み燃料の長期的貯蔵と処分を巡る過去50年間にわたる、国際社会の試みが直面してきた政策的及び技術的問題の分析の書。使用済み核燃料の世界と日本の状況と、最新の技術がわかる決定版!
【商品解説】

著者紹介

フランク・フォンヒッペル

略歴
〈フランク・フォンヒッペル〉プリンストン大学の公共・国際問題名誉教授。IPFM共同議長。核分裂性物質政策問題を30年にわたって研究。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

原発推進派も原発反対派も必読の書

2014/12/31 18:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブーメラン怪獣レッドキラー - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発を再稼動するにせよ、再稼動せずそのまま廃炉にするにせよ、避けて通れないのが、使用済み核燃料の後始末である。
日本政府は、高速増殖炉が一向に実用化せず、核燃料サイクル構想が事実上破綻しているにも関わらず、未だ使用済み核燃料を全て再処理する方針を崩していない。
本書は、米国や英国等、他国の事例を紹介しつつ、全燃料再処理が危険で高コストなことを指摘し、現在世界で主流になっている「乾式キャスク内での中間貯蔵」を提案している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

環境問題・資源・エネルギー ランキング

環境問題・資源・エネルギーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む