サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101565-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

著者 大島 真寿美 (著),瀧羽 麻子 (著),藤谷 治 (著),森見 登美彦 (著),椰月 美智子 (著),角川文庫編集部 (編)

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」...

もっと見る

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

518(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行―(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、きらきら光る刹那を切り取った物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏…。きらきら光る刹那を切り取った、夏がテーマの短篇集。『本の旅人』等の掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

郵便少年 森見登美彦 著 5−34
フィルムの外 大島真寿美 著 35−81
三泊四日のサマーツアー 椰月美智子 著 83−141

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

試しに

2016/05/26 14:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読む作家の人もいて楽しめた。
中でも森見登美彦の作品が、今までの彼の作品にはないような感じで面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/11 16:46

投稿元:ブクログ

+++
7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行―(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、きらきら光る刹那を切り取った物語。
+++
「郵便少年」森見登美彦 「フィルムの外」大島真寿美 「三泊四日のサマーキャンプ」椰月美智子 「真夏の動物園」瀧羽麻子 「ささくれ紀行」藤谷治
+++

主人公はどれも少年少女である。それぞれの夏休みのひとこまが、きらきらとまぶしい。たとえそのとき心が鬱屈していたとしても、後になって振り返ればきっと輝く夏の日差しとともに思い出して笑顔にしてくれることだろう。夏休みって特別だ、と思わせてくれる一冊である。

2015/07/03 11:14

投稿元:ブクログ

日曜日の朝早く、町の探検に出かけた小三のアオヤマ君は赤いポストに心ひかれ、手紙がどこまででも届くことに感動します。歯科医で出会った不思議なおばあさん、ヒサコさんとの郵便を通したやりとりに涙がこぼれるやさしい夏のお話『郵便少年』ほか5編。

2017/06/02 23:53

投稿元:ブクログ

大人も一人交じっているが、主人公は小学生男子、中学生男子、浪人生男子。若き青少年たちがひと夏の間に笑って悩んで行動する物語を集めたアンソロジー。
『フィルムの外/大島真寿美』『三泊四日のサマーツアー/椰月美智子』は、夏の短い期間にける出会いと別れが書いてあり、その後彼らが再会することはないという締め方をしてるけど、この刹那的な、だけどかけがえのない出会いが、過ぎていく夏の雰囲気とよく合っていて、切なくさわやかだと思いました。

・郵便少年/森見登美彦
友達や身近な人の手紙を個人的に届ける「郵便屋」をはじめた主人公の少年。
歯医者で出会う老女ヒサコさんと知り合いになる。少し気難しいヒサコさんだが、主人公に南極へ行きたいと語る。
主人公は風変わりなクラスメイト・ハセガワくんから宇宙語で書かれた奇妙な手紙を受け取る。宇宙語だから届け先も分からない。ハセガワくんは手紙のあて先は火星だ告げた。今は無理でも、タイムマシンがあれば届けられるという。
そして、主人公の元にヒサコさんからも手紙が届いた。ヒサコさんは一足先に南極へ行くという。この手紙をハセガワくんの手紙と一緒にタイムマシンに載せてくれという文で手紙は終わる。
主人公とハセガワくんは、手紙をお菓子の缶に入れて埋めることにした。未来まで残るタイムカプセルはタイムマシンと同じだと思ったから。そして二人は友達になる。

・フィルムの外/大島真寿美
両親が映画関連の仕事をしていて、夏休み中ロケをすることになり、主人公の少年はロケ先であるお屋敷に越してくる。
映画撮影に明け暮れる両親の代わりに、屋敷の隣に住む女子高生・由奈と親しくなる。
二人の関係は友達を越えていたが、恋というわけでもなく、ただ互いにかけがえのない存在・パートナーだった。
そんな夏を経て、大人になった少年。あの夏以来、由奈とは一切連絡を取っていなかった。
両親があの夏に撮った映画を何年もたってから見ることになり、そこにあの夏の面影を感じた。

・三泊四日のサマーツアー/椰月美智子
夏休みの四日間、孤島の様ツアーに一人で行くことになった主人公の中二の少年。そこで眼鏡の少年と小太りの少年と親しくなる。
彼らはだんだん打ち解け合い、互いのすごいところや、逆に弱音も知り、絆を深める。
孤島の、じりじりと焼けつくような夏の日は、かけがえのないものとなった。
最後、三人は島から離れて日常に戻っていくけど、互いに連絡はしないだろうという予感する。だけど確実に、心の中に互いの存在は強く残っていた。

・真夏の動物園/瀧羽麻子
中学の美術の子常勤講師をするアラサー男性が主人公。
以前の職場がブラックで、一度社会人生活をドロップアウトしている。
夏休み中に行われる修学旅行に付き添うことになったが、そんな中、一人孤立している女子生徒を見つけ、行動を共にする。
女子生徒は中学生特有のひりひりした雰囲気に包まれていた。昔の自分を見ているようでいたたまれなくなる図、言葉を濁すことしかできない。
彼女とともに昔通っていた美大を訪れ、自分が過去に手掛けた作品を見るうちに、忘れていた何かを思い出す。

・ささくれ紀行/藤谷治
受験に二度失敗した浪人生の青年が主人公。
夏、彼は青春18きっぷを使って旅に出る。
受験も煩わしい家族も、何もかも放り出したい気分に駆られたまま、西へ。
陽気なグループとのささやかな出会いがあったりしたが、基本孤独な旅路。いくら西に来ても、ちっとも思いは満たされない。
かといって死ぬ気も起きない。
やがて旅事態に無意味さを覚え、帰宅することを決意する。
帰りの電車の中で「渋谷に行く」と言う元気な、ピンク色の大好きな少女に出会う。
渋谷に幸せがあると信じている強い少女。
主人公は少女と笑顔で別れ、家路についた。

2014/08/09 23:58

投稿元:ブクログ

『ぼくはどこに出かけるときでも、必ず方眼のノートを持っていく。そしてあらゆる発見をノートに書く。そうして世界について学ぶことで、ぼくはまた一段とえらくなる仕組みである。』相変わらずのアオヤマ少年に出会えて安心しました。

「時の罠」の作家陣を見たときは、トミヒコも入れてあげて!と思ったけど、こっちにちゃんとお友達がいたのねJ( 'ー`)し

2016/09/10 12:05

投稿元:ブクログ

モリミー目当てで購入。『郵便少年』でまたアオヤマ君に会えました。アオヤマ君はモリミー作品における切ない担当斑なのでしょうか、よしよしと頭を撫でてあげたい。この好奇心と研究心を忘れずに腐れ大学生になり京都で生活しておくれ。椰月さんの作品はいかにも夏!少年!という王道。藤谷さんは初読みでしたが、ささくれ加減が良かった。青春18きっぷは私も学生時代使ったなあ……1日12時間くらい鈍行に揺られたことを思い出した。社会人こそ長い夏休みが必要だと思うの、なんとかなりませんかね……。

2014/08/07 11:23

投稿元:ブクログ

森見登美彦『郵便少年』
大島真寿美『フィルムの外』
藤谷治『ささくれ記行』
他、収録。(角川書店のデータベースより)
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321403000069

メモ:
森見登美彦『郵便少年』は2011年に入浴剤とのセットでバンダイから販売されたもの。『ペンギン・ハイウェイ』の前のお話、だとか。

2014/08/20 01:44

投稿元:ブクログ

椰月美智子さんが好きで手に取ったアンソロジーでしたが、森見登美彦さんの話が一番好きでした。個人的苦手なSF要素の入った青春ものなんだけど、すーっと物語が染み込んでくかんじで。とてもとても良かった。火星にお手紙届けたいな。

2015/03/29 22:51

投稿元:ブクログ

郵便少年は聡い男の子が郵便に興味を持ち、そこからいろんな人と出会って関わり、少し成長する話。私がこのころこんなにもしっかりした受け答えは全くできておらず、むしろ今も怪しいくらいなので尊敬します。
フィルムの外は最後映画を見てる時のシーンで一緒に想像してしまうくらいぶわっときました。
三泊四日~は、こういう自然のままのところに旅行に行きたくなる話でした。貝とか持って帰っちゃいそうです。

2014/09/06 23:21

投稿元:ブクログ

ひとなつの経験をテーマにしたアンソロジー。大島真寿美さんと椰月美智子さんが良かった。
森見さんは、以前ほっと文庫で出されたもので読んだので、本編の『ペンギンハイウェイ』を読んでからもう一度読みたい。

2014/08/29 12:29

投稿元:ブクログ

真夏の動物園/瀧羽麻子:女子中学の美術の非常勤講師をしている三十代半ばの主人公隆文。修学旅行の引率を引き受けることになり、大学時代に過ごした京都を訪れる。滞在中に遭遇した女子生徒と京都の街を観光することになり、15年ぶりに母校の大学に行くのだが…。

実際の京都の通り名や観光スポットが出てきて、行きたくなった。タイトルから京都市動物園が舞台なのかとも思ったけど、そうではなくて。作中に登場する岡崎にあるというギャラリーを兼ねた喫茶店が実在するのであれば行ってみたい。

2017/04/15 13:40

投稿元:ブクログ

あの夏を忘れない。

なぜこの本を春に読んでいるのか,という疑問も抱きつつ,全体的には楽しく読んだ。夏をテーマにした5つの作品が収められているアンソロジー。YA向けかと思われる。

森見登美彦「郵便少年」どこか『ペンギン・ハイウェイ』を思い出させる。(今手元にないから確認できないが)主人公の少年“ぼく”ことアオヤマ君の理屈っぽさとか。「郵便」を発見し,それにのめりこんでいくアオヤマ君。「宇宙人」を名乗るヒサコさん。クラスメイトのハセガワ君。それぞれがきっと周囲とぴったり合わない孤独を抱いていた。でも,彼らはつながることができる。「郵便」で。

瀧羽麻子「真夏の動物園」女子校の美術教師の隆文は,学生時代を過ごした京都に,修学旅行の付添で来ていた。自分と同様,一人で行動していた生徒・川野となりゆきで共に行動する。川野の青さに,隆文は田舎から京都に出てきて打ちのめされた過去の自分を思い出す。学生時代はまだ夢を見られた最後の時代かもしれない。若者の青さに忠告をしても,彼らはまだ知らないから受け入れられない。けれど冬が来ても,また春が来て夏が来る。彼らの青さを見習ってもいいのだ。

2014/09/10 20:26

投稿元:ブクログ

その名の通り「真夏に読みたい五つの物語」が収められたアンソロジー作品。未読だった森見登美彦氏の『郵便少年』が読みたくて購入しました。

どの作品も、自分の夏の思い出が浮かんでくる良作ばかり。心がホッと温かくなるような作品たちでした。お気に入りは、やはり『郵便少年』を挙げるとして、もう一つ挙げるとすれば『三泊四日のサマーツアー』かな。

今回であった作家さんたちの長編も、これを機会に読んでみたいと思います。特に、瀧羽麻子さんは京都に関係する作品も書かれているようなので楽しみです。

2015/06/20 00:21

投稿元:ブクログ

森見先生の「郵便少年」しか読んでないのでその感想。
「ペンギン・ハイウェイ」の1年前の話ということで、またアオヤマくんに会える幸せ。1年前の彼も相変わらずのアオヤマくんだった。ペンギン程ではないがいろいろな人との出会いを重ねてまた一つ大人になっていく。読んだあとにほっこりする作品でした。

2014/09/25 22:33

投稿元:ブクログ

モリミーのほっと文庫版が読める(入手できなかった(T-T))という事で読みたかった本!図書館にあってラッキー♪どの話もサクサク読めて良かったけれど、少し物足りない気も…(^^;)夏は新しい冒険の季節だなぁ(*´ω`*)と改めて思った(^^)

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む