サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. キラー・イン・ザ・モール

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キラー・イン・ザ・モール(TO文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/23
  • 出版社: TOブックス
  • レーベル: TO文庫
  • サイズ:15cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86472-279-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

キラー・イン・ザ・モール (TO文庫)

著者 築地 俊彦 (著)

夏のある日。郊外の巨大なショッピングモールを訪れた、大学生の弦海祐人はトイレで警備員の死体を目撃する。突如、鳴り響く非常ベルと共に防火シャッターが閉じられ、全ての出入り口...

もっと見る

キラー・イン・ザ・モール (TO文庫)

700(税込)

キラー・イン・ザ・モール

605 (税込)

キラー・イン・ザ・モール

ポイント :5pt / 紙の本より95おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏のある日。郊外の巨大なショッピングモールを訪れた、大学生の弦海祐人はトイレで警備員の死体を目撃する。突如、鳴り響く非常ベルと共に防火シャッターが閉じられ、全ての出入り口は封鎖。閉じ込められた客たちを嘲笑うように、何者かが彼らを次々と殺害していく。そして、祐人は気づく。「この中に人殺しがいて、僕たちは逃げられない」。読む者全てが戦慄!衝撃の真実が待ち受けるパニック・サスペンス!【「BOOK」データベースの商品解説】

郊外のショッピングモールを訪れた、大学生の祐人は、トイレで警備員の死体を目撃。突如、防火シャッターが閉じられ、全ての出入り口が封鎖される。閉じ込められた客たちを嘲笑うように、何者かが人々を殺害していき…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/01 21:52

投稿元:ブクログ

いろいろ突っ込みどころはあるけど、一言で言えばこれはない。ストーリーの組み立ては稚拙だし、プロットの詰めも甘い。なにより文章がダメで、グダグダなプロットと相まって下手な同人ゲームのシナリオを読まされてるような感じでした。
オチもこんだけぶち上げておいてパラノイアかよ!って感じだし、正直商業ベースに乗せていいレベルに達してないですね。

2015/03/08 20:30

投稿元:ブクログ

突如として閉ざされたショッピングモールで起こった連続殺人。あまりの状況にパニックに陥る人々と、暗躍する殺人鬼。犯人はいったい誰なのか、そしてその目的は何なのか、という息詰まるパニックサスペンス。
ライトな読み心地でぐいぐい引っ張られます。意外な犯人ってのが売り文句だったけど、いやこれ誰が犯人でもおかしくないでしょ、ってくらいみんな怪しすぎ(苦笑)。しかし動機がこれって……あり得ない話でもないので、ぞくりとさせられてしまいました。

2014/10/14 21:40

投稿元:ブクログ

主人公がよく行くショッピングモールで起きる殺人事件。
その直後何者かによって封鎖され、その場にいた全員がモールから出られなくなる。
そんな中で次々に起こる殺人にパニックになる人々と、事件解決に導こうとする人の話を描いたもの。
ごく一般的な、主人公が事件に巻き込まれて解決していく系ミステリかなと思っていたが…まさかラストがあんな風になるなんて…
途中から違和感を覚えて、ラストでゾッとさせられる。ある意味どんでん返し的?
続きが気になるけど、続いてほしくないかもしれない…
世にも奇妙な物語で映像化できそうな作品。

2017/04/09 18:17

投稿元:ブクログ

たぶん中高生を対象として書かれた物語なのだろう。
ミステリーを読みなれている人ならばすぐに誰が犯人かわかってしまう。
偶然が何度も重なると、もはや偶然ではなくなるといった感じだろうか。
軽い感じで「読書!!」と構えなくても読めるところがいい。
いきなりキャラ変する山村には、「実際にパニックになるような事態になったとき、こんな女がいたら嫌だな」と思いながらも、壊れすぎた山村はけっこう楽しめた。
逆にパニックになって当然の状況下でやけに冷静な田中には違和感を感じた。
閉ざされた空間で次々に死体と遭遇しているのに、行動に何となく慣れが見え隠れしてしまった。
序盤からあちこちにこれでもかと伏線が引かれているので、そこに注意しながら読むと結末が見えてくる。