サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

原爆を背負って 谷口稜曄聞き書き
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/09
  • 出版社: 西日本新聞社
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8167-0888-6
  • 国内送料無料

紙の本

原爆を背負って 谷口稜曄聞き書き

著者 谷口 稜曄 (述),久 知邦 (著)

1945年8月9日、17歳の時、郵便配達中に被爆。死ぬまで消えない傷と痛みに耐え、核兵器廃絶と被爆者援護を求めてきた著者が、闘いの歴史を語る。熱傷を負った被爆者の写真あり...

もっと見る

原爆を背負って 谷口稜曄聞き書き

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1945年8月9日、17歳の時、郵便配達中に被爆。死ぬまで消えない傷と痛みに耐え、核兵器廃絶と被爆者援護を求めてきた著者が、闘いの歴史を語る。熱傷を負った被爆者の写真あり。『西日本新聞』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

西日本新聞の連載を単行本化!

戦後70年、後世に残しておくべき証言。

1945年8月9日午前11時2分、長崎が灰になった。
郵便配達中に背中一面を焼かれた16歳の少年。
死ぬまで消えない傷と痛みに耐え、核兵器廃絶と被爆者援護を求めてきた
谷口稜曄さん(長崎原爆被災者協議会会長)が語る闘いの歴史。
【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

戦争体験記 ランキング

戦争体験記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む