サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

てをあげろ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2014/08/08
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:27cm/34p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-580-82203-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

てをあげろ! (えほんのもり)

著者 カタリーナ・ヴァルクス (作),ふしみ みさを (訳)

ええっ!ハムスターがギャングに!?【「BOOK」データベースの商品解説】ハムスターのビリーのパパは有名なギャング。性格がやさしすぎるビリーを心配したパパは、拳銃を相手に向...

もっと見る

てをあげろ! (えほんのもり)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ええっ!ハムスターがギャングに!?【「BOOK」データベースの商品解説】

ハムスターのビリーのパパは有名なギャング。性格がやさしすぎるビリーを心配したパパは、拳銃を相手に向けておどす練習をさせることに。なるべくちっちゃい相手で練習しようとしたビリーはミミズに「てをあげろ!」と言い…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カタリーナ・ヴァルクス

略歴
〈カタリーナ・ヴァルクス〉1957年オランダ生まれ。フローニンゲン美術大学卒。芸術家として活躍後、息子の誕生を機に子どもの本を作り始める。著書に「ゾウの家にやってきた赤アリ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

息子の美点を認める。

2016/11/06 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名なギャングを父に持つビリー。優しい性格を心配したパパは立派なギャングに育てるためにギャングの練習をさせます。
ビリーは外に出て、出会った動物たちに「手をあげろ」と言います。
脅しの練習に出たのに、友達を作ったり、パパの期待とは反対の結果を出すけど、
そんな息子の姿を見ても、息子の美点を受け入れるパパの懐の大きさが素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カウボーイハットのハムスターの冒険

2016/01/09 15:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「相手を怖がらせる」試練をお父さんから命じられたハムスターのビリーが、けんじゅう(ただしたまは抜いてある)片手に大冒険…、といってもやさしいビリーは本当に脅したりするのではなく、むしろ相手と友達になってしまう。
特におもしろいのは最初のミミズ(なんとジャン=クロードという立派な名前!)。「てをあげろ」と言われて「ぼく、てがないんだけど…」ーごもっとも。
このミミズが後半大きなキーポイントになって話が展開するのだが、それは読んでのお楽しみ。山あり谷ありのストーリーとかわいい絵が最後まで飽きさせない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む