サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁(実業之日本社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/26
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55179-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 (実業之日本社文庫)

著者 宇江佐 真理 (著)

日本橋の廻船問屋の番頭・栄助の前に現れたのは、以前同じ店で働いていた愚図でのろまの権助だった。しかし、権助は庄内酒田の出店の主に出世したと聞いて、驚きとともに嫉妬の情も湧...

もっと見る

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 (実業之日本社文庫)

640(税込)

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁

508 (税込)

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁

ポイント :4pt / 紙の本より132おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本橋の廻船問屋の番頭・栄助の前に現れたのは、以前同じ店で働いていた愚図でのろまの権助だった。しかし、権助は庄内酒田の出店の主に出世したと聞いて、驚きとともに嫉妬の情も湧きあがり…。表題作ほか、葬具屋、花屋、奉行所同心、夜逃げした呉服屋など、お江戸日本橋に生きる人びとの悲喜交々の心情を名手が掬い上げる傑作人情小説集。【「BOOK」データベースの商品解説】

日本橋の廻船問屋の番頭・栄助の前に、以前同じ店で働いていた権助が現れた。権助が庄内酒田の出店の主になったと聞いた栄助の心中に、嫉妬の情が湧き…。表題作ほか、全6編を収録した人情小説集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

浜町河岸夕景 7−54
桜になびく 55−105
隣りの聖人 107−156

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

心正しく

2017/03/16 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

「浜町河岸夕景」が一番良かった。毒親に育てられたおすぎ、けれど毒に染まらず、正しい物は正しいと判断できる娘。無論面と向かって親に逆らう、親に意見するなんてことはないのだけれど、これは違うなと思ったことは自分ではやらない。毒親の元で芯を通すのは相当な苦労だったろうと思う。そして幼なじみとの縁、落ち着く所へ落ち着き、幸せをカタチにすることができた。ひとえに心の正しさを貫いた故と感じる。表題「酒田さ行ぐさげ」は少々理解不能。男の友情からキレイごとを抜いたらこうなるのかな。常に闘うのが男、なのでしょうか。むむむ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルの力。

2016/01/10 09:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集。
「酒田さ行ぐさげ」という、この方言の入ったタイトルは、表題作の読後にもう一度じっくりと見てほしい。
じわじわとクるものがある。
『花屋の柳』もタイトルがいい。
いかにもなるほど、と思わせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/10 19:45

投稿元:ブクログ

宇江佐さんの江戸物は、本当に優しくて大好きです。
江戸市井に生きる人びとが丁寧に描かれていて、
それぞれの心情に心が揺さぶられます。

日常を、滅法界幸せと思える生き方って素敵ですよね。

2015/05/24 13:07

投稿元:ブクログ

6作からなる短編集。時代小説といえば藤沢周平(ほとんど読んだ)や、池波正太郎、山本周五郎などが好きだが、宇江佐さんの作品は初めて読んだ。それぞれの作品が優しく趣があって(大御所にない女性の視点も)、人生っていいなと思える。ただ、「酒田さ行ぐさげ」の権助の後日談は読者の想像に任せて、あえてない方が良いかも。

2014/08/27 07:20

投稿元:ブクログ

幸せのものさしは人それぞれ、長さも単位もちがう。
まずは、自分に合ったものさしを見つけることかな。

2015/05/08 17:04

投稿元:ブクログ

6話の話である。
『浜町河岸夕景』は、手習い所にも行けない 天蓋屋のおすぎが、主人公であり、子供のころに寂しかった事が今の幸せで大したことでは無かったのだと、、、

『桜になびく』は、妻とお腹の子を亡くした同心勝次郎が、後添いに妹を娶り、幸せに約束する言葉が、「お産で命を落とす事はならぬ」と。

『隣の聖人』は、呉服屋の番頭にだまされ店を無くした、主人一家と、裏店の武士一家とのつながり。

『花屋の柳』 「樹下石上」(じゅかせきじょう)--諸国を行脚する僧侶が、樹の下や石の上で野宿する事が、多いから、花屋は、柳の樹を植え、足袋屋は、店先に石を置くようになったと、書かれている。
結婚を親に反対された植木屋の一人娘の話であるが、一人息子の出来の良さに、感心する。

『松葉緑』は、蚊帳商の大お内儀の美音の年を取ってからの女も道の指南で、最後は、三男の息子の嫁を、貰う事になる。

『酒田さ行ぐさげ』は、廻船問屋の番頭栄助と、酒田の権助との話である。
この中で、本間家が、出てくるが、小さい時から、《酒田には本間様には及びはせぬが、せめてなりたや殿様に》と、言う言葉は、何度も聞かされて来た。
又、本間家は、本陣にも使用されたし、佐渡の城主で、御先祖さんは居たんだと、、、、言っていたが、今のように、パソコンで、検索する事も無く、この本を読む事も無かった。
母が、生きていたら、又、話が、一杯出来た事であろうと、思いながら、読み終えた。

阪神大震災、東日本大震災、この間のネパールの地震等を考えると、幸せってなんだろう。
この平凡な生活、食べる事、水が飲める事、眠れる場所が、ある事、そして、人とつながりがある事、家族がいる事、本が読めること、、、、全てが幸せなのだと、気づかないで、生活をしているのではないだろうか?と!

いつも宇江佐真理さんの本は、小さな事なのだが、人の幸せについて、人ぞれぞれの人生の奥深さを物語っている。