サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユートピア 改版(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-322021-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ユートピア 改版 (岩波文庫)

著者 トマス・モア (著),平井 正穂 (訳)

ユートピア 改版 (岩波文庫)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ユートピア=貨幣の無い社会

2006/02/26 03:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ユートピア、理想郷。私は、私の考えるユートピアがあった。その件で、インターネットを通して議論した事もある。トマス・モアの考えるユートピアの中にその理想郷は、有った。
 私の考えるユートピア、それは、「お金の無い社会」である。つまり、自分の能力と希望に合った職業に就く事は可能だが、その報酬は、0.しかし、衣食住は保障され、適度な休日と、希望する趣味の世界が実現出来る。つまり、これである。私は、カード等キャシュレス時代の黎明期の現在が、正しく、このユートピアの黎明期であると思うのである。しかし、このユートピアには、前提条件が有る。即ち、人間性善説である。他者との報酬の区別無くとも、自己実現の為の職業に専心出来る。自分の能力を挙げて、自分の就いた職業に邁進出来るという姿勢である。本書に描かれたユートピアの住民は、それが出来ている。
 本書は、二部構成で、第二部において、旅行者が訪れたユートピアの話しを語り伝えるという形式で綴られている。ユートピアについては、「法律制度」「都市」「役人」「知識、技術、職業」「生活と交際」「旅行」「奴隷、病人、結婚」「戦争」「宗教」について、具体的に記載されている。
私の考えるユートピアと関連性がある記述は、最後に記載されている。「詐欺、窃盗、強盗、口論、喧嘩、激論、軋轢、譴責、抗争、殺人、毒殺、こういったものは、日毎に処罰しても復讐を企てこそすれ、決して防ぐことの出来ないものであるが、それこそ貨幣が死滅すればそれと同時に死滅するところのものである。」「貧乏ということ自体が、要するに貨幣をもたないことにすぎないように思われるが、これも貨幣がなくなるならば、次第に消えてなくなっていくだろう。」すなわち、こういう理想社会を、マルクスは、求めたのであろう。「何ものも私有でないこの国では、公共の利益が熱心に追求されるのである。」と本書に記載がある。20世紀の壮大な失敗に終わった大実験であるところのソビエト連邦の成立と崩壊は、この理想郷の実現の難しさを示していると思う。
 本書の最後にも、聞き手の感想として、「たとえユートピア共和国にあるものであっても、これをわれわれの国に移すとなると、ただ望むべくして期待出来ないものが沢山あることを、ここにはっきりと告白しておかなければならない。」として「ユートピア」という著を書き終えている。つまり、トマス・モア自身が、この理想郷を現実の国として実現出来る事は究極の困難が伴う事を理解しているのである。
 本書は、私の考えを具現化した国家の様子を伝えてくれ、私の理想郷が、私だけの考えで無く、トマス・モアという知識人の中で既に具現化されていた事を知らされ、私の考えの正当性を改めて実感しながら読み終えた、楽しい読書であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政治家や経営者にこそ、今まさに読んでもらいたい。モアが命賭けで作り出した世界の理想に学ぶべきことは多い。

2007/11/07 05:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:悠々楽園 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 期待以上に面白く読んだ。ここで示されたモアの理想の世界像が、結局のところ21世紀の現代でも、いまだに求められる理想であり続けていることは興味深い。
 テクノロジーの分野では、人間はこの何千年で格段に――とりわけこの100年ばかりの間に加速度的に――進歩したが、本質的で根源的な諸問題――たとえば「人間の幸せとは何か」とか「どう生きることが人として正しいか」とか――については相も変わらず結論は出ないままで、問題をむしろ複雑化させ、分かりにくくさせてしまった気さえする。そういう問いに対する答えは人それぞれだという考えにも一理あるし、人間は事実そのようにやってきた。その結果われわれが選択したこの世界はベストもしくはベターなのかどうか。1つの正しさに収束できないこと自体が人間の本性であるとすれば、良いも悪いもなく世界は遅かれ早かれこのようにしかならなかったんかもしれない。
 本書の全体は大きく2つに分かれている。第1巻では具体的な事実を挙げて当時のイギリス(およびヨーロッパ)の社会のあり様を批判しながら、対極にある理想の国として「ユートピア」が紹介される。モアは第1巻ですでにユートピアを、次のように簡潔に記している。

「すくない法律で万事が旨く円滑に運んでいる、したがって徳というものが非常に重んじられている国、しかもすべてのものが共有であるからあらゆる人が皆、あらゆる物を豊富にもっている国」

 もっとも重要なことは「平等の確立」であり、それは「すべての人が銘々自分の私有財産を持っている限り、決して行わるべくもない」とも述べている。
 ユートピアの詳細については、第2巻でテーマを区切って語られるが、考察が不十分なところも散見し、退屈な部分もある。ユートピアはモアが作り上げた空想の産物ゆえに、記述が詳細に及べば及ぶほど粗も見えてくるのはやむをえまい。ただ、モアの当時の政治に対する嘆きの深さ、人々の幸せな暮らしを希求する思いの強さ、それゆえに理想の国「ユートピア」を描き世に問うことへの情熱の熱さはどの行間からも伝わってくる。
 訳者・平井正穂さんの解説によれば、モアは暴政--とりわけ国王ヘンリー8世がローマ教皇を無視し自ら聖職の最高位につくという暴挙--に抗議し、役職を辞した後、国王の逆鱗に触れ斬首になる運命をたどったという。ユートピアに込められたモアの理想は単なる机上の空論ではなかったのだ。実現されるべき命がけの理想であり、その意味でモアは真に高潔な人物だった。静かに絞首台に散った彼の人生は、内なる激しさにおいて命を賭して理想を実現させようとする革命家のようだ。
 モアの本職は法律家である。その最高位である大法官にまで上り詰めていた。一方で、敬虔なカソリックでヒューマニストでもあり、世界の平和と幸福は宗教(カソリック)の統一によって成し遂げられると考えていた。全体を締めくくる第2巻の最終章に「宗教」の項を置いたのはもちろん偶然ではない。宗教によってもたらされるはずの「人間の徳」が国づくりの上でも最も重要だと考えていたからにほかならない。
 ユートピアの聖職者は、最高の地位にはあるが、なんら権力を持たない。ただ自らと神の前にのみ頭を垂れる者にすぎない。ユートピアでは宗教は一切自由で(中でもキリスト教が優れているとも取れる記述も少しあるが)、礼拝堂にはあらゆる宗教の人が一度に集まり、「道こそ違えど、目指す高嶺は一つ」と聖なる存在を拝む。「人がその好むところのもの信ずるということは、もともと人間の力ではどうともしがたいということを、ユートピア人は知りすぎるほど知っているからである」とも記している。モアは敬虔なカソリックではあったが、目指していた理想の宗教とは、つまるところそういうものであったのかもしれない。権力によって聖なる存在に就いた国王ヘンリー8世の誤りはモアには許しがたかった。
 ユートピアの政治システムの基底をなすイデオロギーは共産主義である。よくも悪くも大変素朴でわかりやすい。本書の特徴として「ただし」書きが多いことに誰でも気が付くが、訳者の平井正穂さんは、そこに法律家たるモアの理性に基づく留保があったと指摘されている。法律家として厳密さを求める姿勢が、「徳」に任せ置けず、ついつい「ただし」と書いてしまったということだろう。マルクスに先立つこと約400年、それでも探せば粗はいくらでも見つけられると思うが、動機の単純さ・直截さゆえに説得力を失わない。
 当時のイギリス社会はあまりにも貧富の差が激しかった。貴族など、きわめて一握りの富める者の末裔だけがさらに富み、庶民・弱者はさらに貧しくなり不当に苦しい人生を送るしかなかった。まともな仕事に就くこともできない数多くの貧しい人々が「食うため」「生きるため」に盗みや人殺しさえする。しかしそれを誰がとめられよう、とモアは書いている。
 日本でも老人や若年層に犯罪が増えていると最近ニュースで聞いた。自由競争と公平の名の下に、社会的弱者に厳しさを増すばかりの昨今の政策、自立が困難なほど薄給で働かざるをえない派遣やバイトの若者たちの急増と、本書を読んで今の日本の姿が中世イギリスとダブるのは私だけではないだろう。世界で最も豊かな国の1つで最も社会主義的だといわれる日本でもこの有様だから、他に数多くあるさらに貧しい国々の惨状は想像に難くない。
 この本を読み当時の社会を知れば、500年やそこらで人間の本性がさほど高級になることなどないのだと改めてわかる。今、日本で、世界で取りざたされている「格差」の問題と根はまったく同じだ。「格差」は人間の果てしない欲望から生まれる。それこそが戦争や犯罪など諸悪の根源だとモアは結論している。モアは500年前すでに(モアによればプラトンはさらに2000年前に)そんなことは看破していた。「世の中それほど単純じゃない」と片付けてしまうのは簡単だが、その単純な論理をしかと振り返ることは意外と重要な気がするのだ。
 「ユートピア=どこにもない国」とは、その名前自体がすでにアイロニーを含んでいる。探しても、探しても、この先もずっとどこにも見つけられないのだろう。そういえばカート・ヴォネガットの最後の本の題名は「国のない男」であった。ヴォネガットもまたどこにもない国の住人になることをこそ夢見ていたのかもしれない。
 蛇足だが、モアは大変忙しかったらしく、寝食を削ったわずかな時間を使って1年でこの本を書き上げたと、知人ジャイルズ宛の手紙に書いている。人生では誰にとってもこなすべき雑事(それももちろん大事なのだ)は少なくない、その点も今も昔も変わっていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

労働と自由の問題は重要な提起だ

2005/12/24 06:50

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ユートピア」とは、「どこにもない国」という意味でモアの造語である。架空の国に行ってきた人から、その国の制度や暮らしを聞き、モアがそれをまとめたという設定のもとに物語は進められる。
 この物語には、当時の社会批判がたっぷりと込められている。その裏返しとして「ユートピア」が対置されている。1516年に書かれたものとして読むとき、この物語の画期的な部分が浮かび上がってくる。
 資本主義の本源的蓄積の段階を「もし国内のどこかで非常に良質の、したがって高価な羊毛がとれるというところがありますと・・・百姓たちの耕作地をとりあげてしまい、牧場としてすっかり囲ってしまう」「たった一人の強欲非道な・・・人がいて、広大な土地を柵や垣で一ヵ所にかこってしまう」「多くの農民が自分の土地から追い出されてしまう」という例をあげながら分析している。最初に資本主義が発達したイギリス人ならではの観察力に感心した。
また、死刑制度についても「世界中のあらゆる物をもってしても、人間の生命にはかえられない」という視点から反対している。同様な視点から、「戦争で得られた名誉ほど不名誉なものはない」との考えを示している。これは、今も考えなくてはならない視点であろう。
 私が最も注目したのが労働と自由の問題である。ユートピアの国では、6時間労働制が実現されている。そして、余暇を「精神の自由な活動と教養にあてなければならない」ことになっている。「人生の幸福がまさにこの点にある」と信じているからである。
 だからこそ、働かずに他人の労働の成果を搾取して暮らす貴族や軍人などへの批判は痛烈である。安藤昌益ほどではないが、大切な視点だといえる。
 また、信仰の自由を保障する発想は当時としては画期的だったのではなかろうか。
しかし、時代的な制約かもしれないが、身分制度や奴隷制度に対する批判は中途半端である。職業には貴賎があって、賎しい職業は奴隷がするとの考えが示されている。これはいただけない。
 多くの限界と欠点をもってはいるが、今も通用する考えが示されている。
 8時間労働制さえ変形させられている今、6時間労働制と自由との関係は特に重要だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の可能性

2015/08/26 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代が古いので、これをそのままユートピアとすることは、世界史を知っている現代の私たちには少々受け入れがたい箇所もあります。ユートピアの人々が築いた国家は、しょせんユートピア人なくしては成り立ちえない国家だとおもわれるからです。また、奴隷制度について何ら疑問を持たない記述からもやはり現代との差を感じてしまいます。
 しかし、ちょっと引いて考えてみると、トマスモアはこれをかかざるをえなかったのではないか、どうにも進歩しない国家の制度こそが人間の足枷なのであって、人間はもっと自由に生きられるはずだということをいわんがため、こんなにもユートピア人を前面に出したのではないか、と思うようになり、そう考えると、この本を書き上げたエネルギーは相当なものだったのではないかと思われます。
 結局、時代が移っても、世の中が抱える悩みはそんなに変わらないということを改めて感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/03 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/05 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/07 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/28 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/26 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/29 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/13 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/02 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/09 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る