サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. イラストで学ぶ人工知能概論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イラストで学ぶ人工知能概論
イラストで学ぶ人工知能概論 イラストで学ぶ人工知能概論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:21cm/245p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-06-153823-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

イラストで学ぶ人工知能概論

著者 谷口 忠大 (著)

ホイールダック2号の冒険物語を通して、人工知能全般が学べるテキスト。探索、位置推定、学習と認識、言語と論理の概要をわかりやすく解説し、さまざまなアルゴリズムも掲載する。【...

もっと見る

イラストで学ぶ人工知能概論

2,808(税込)

イラストで学ぶ 人工知能概論

2,808(税込)

イラストで学ぶ 人工知能概論

ポイント :26pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ホイールダック2号の冒険物語を通して、人工知能全般が学べるテキスト。探索、位置推定、学習と認識、言語と論理の概要をわかりやすく解説し、さまざまなアルゴリズムも掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

ホイールダック2号の冒険物語を通して、人工知能全般が学べる異色の教科書。
まずは、この1冊からはじめよう!

・ストーリー仕立てだから、いとも簡単に理解できる!
・探索、位置推定、学習と認識、言語と論理の概要をわかりやすく解説!
・さまざまなアルゴリズムが掲載されているから、実装に役立つ!【商品解説】

目次

  • 第1章 人工知能をつくり出そう
    • 1.1 人工知能とは何か?
    • 1.2 人工知能の歴史
    • 1.3 人工知能の基本問題
    • 1.4 ホイールダック2号の冒険
  • 第2章 探索(1):状態空間と基本的な探索
    • 2.1 状態空間表現
    • 2.2 迷路からの状態空間構成
    • 2.3 基本的な探索
    • 2.4 ホイールダック2号の迷路探索

著者紹介

谷口 忠大

略歴
〈谷口忠大〉京都大学大学院工学研究科精密工学専攻博士課程修了。立命館大学情報理工学部知能情報学科准教授。著書に「コミュニケーションするロボットは創れるか」「ビブリオバトル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人工知能入門の教科書

2016/06/21 03:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いわし - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能入門の教科書として購入。
イラストが多く、堅苦しさを排除しようという姿勢が見える。

利用した大学講師の話によると、図や表の誤りが残っているらしいため、修正した改訂版が望まれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/02 17:13

投稿元:ブクログ

教科書にも色々あるが,ホイールダック2号というゆるキャラに知能を持たせていくというサブテーマで,学生に食いつかせる方針は悪くないと思います。ただ,この本は,各要素技術をあっさりと書いているだけなので,独習にはあまり向いていないように思います。

・編集距離のところはやや分かりにくかったです。
・P(A, B) と P(A∩B) の両方の表記を用いているのは何か意図があるんでしょうか?


*****
人工知能とは一つの確立した理論体系というよりも,象徴的に掲げられた「人間の知能をつくりたい」という欲求によって形成されてきている発展途上の学問体系だといえるだろう。その意味では,アニメやSF作品の中の人工知能のイメージを,人工知能を学ぶモチベーションの基礎におくことは必ずしも間違いではない。(p.2)

 人間の知能とは,私達の活動すべてにかかわるものであり,人工知能という学問はその一つひとつを実現する知能を構成することに対応する。そう考えると,人工知能が広範囲な学問であることを自然に理解できる。ゆえに,すべてを理解しようとすると膨大な知識が求められる。これは知能を学ぶという恐れ多いことに挑戦する以上,不可避なことであり,人工知能という学問の宿命といってもよい。(p.3)

人工知能は決して,「変わらない中心」があるような学問ではなく,さまざまな構成要素が重層的かつ並走的に進歩して絡み合ってきた学問である。そのことを認識しながら,多様な視点を柔軟に取り入れながら学ぶことが人工知能という学問の学びには大切である。(p.6)

 応用を重視した研究においては便利で知的な道具,ロボットをつくることが目的である。そのため,この研究においてつくられた人工知能に対して「人間はそのような計算を行っているとは思えない」といったような批判をすることはお門違いである。また,人間理解を重視して人間のモデルとしてつくられた自律的な知能を目指した人工知能に対して「その技術の用途がわからない。製品化できないのではないか」などと批判することもお門違いである。
 ニ,三歳児は驚くべき語彙獲得能力や運動能力,学習能力を持つが,彼等の知能が私達の生活や仕事の「役に立つか」というと,そうではない。しかし,自律的な存在としての知的さとしては,現在の技術を結集させても実現できないものを持っている。自律的な存在としての知的さと,道具としての理容価値のある知的さは,また異なる観点であることは意識しておく必要があるだろう。(p.218)

2015/11/05 20:38

投稿元:ブクログ

サポートページ
http://ai.tanichu.com/home

【目次】
第1章 人工知能をつくり出そう
第2章 探索(1):状態空間と基本的な探索
第3章 探索(2):最適経路の探索
第4章 探索(3):ゲームの理論
第5章 多段決定(1):動的計画法
第6章 確率とベイズ理論の基礎
第7章 多段決定(2):強化学習
第8章 位置推定(1):ベイズフィルタ
第9章 位置推定(2):粒子フィルタ
第10章 学習と認識(1):クラスタリング
第11章 学習と認識(2):パターン認識
第12章 言語と論理(1):自然言語処理
第13章 言語と論理(2):記号論理
第14章 言語と論理(3):証明と質問応答
第15章 まとめ:知能を「つくる」ということ

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む