サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. なぜなら雨が降ったから

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜなら雨が降ったから
なぜなら雨が降ったから なぜなら雨が降ったから

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/17
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219126-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

なぜなら雨が降ったから

著者 森川 智喜 (著)

ある雨の日「Yuregi Detective Office」の表札がある部屋の前で、女の人が一人で煙草を吸っていた。「あの、もしかしてここの事務所の方ですか」「そうよ」「...

もっと見る

なぜなら雨が降ったから

1,566(税込)

なぜなら雨が降ったから

1,296 (税込)

なぜなら雨が降ったから

ポイント :12pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある雨の日「Yuregi Detective Office」の表札がある部屋の前で、女の人が一人で煙草を吸っていた。「あの、もしかしてここの事務所の方ですか」「そうよ」「探偵さん…ということですか?」「そうなるわね」「すごいですねえ。あの。探偵さんってことは、推理とか、するんですか?」「まあね。あなた、もしかして最近、新しく靴を買ったんじゃない?」史上最短、デビュー2作目で今年度本格ミステリ大賞受賞。天才モリカワによる前代未聞の名探偵、登場!春夏秋冬、そしてまた春―雨女探偵が出会う5つの事件!【「BOOK」データベースの商品解説】

前代未聞の名探偵、登場! 春夏秋冬、そしてまた春。雨女探偵・揺木茶々子が出会う5つの事件。注目の若手作家・森川智喜が贈る連作探偵小説。『エソラ』『小説現代』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

野崎は高校を卒業し、アパートの三○二号室で一人暮らしを始めた。ある雨の日、「Yuregi Detective Office」と看板がかけられた二〇二号室の前で女の人が一人で煙草を吸っていた。
〈探偵さんか? それとも、依頼人さん?〉
 野崎はつい一言、
「あの、もしかしてここの事務所の方ですか」
 と尋ねた。
「そうよ」
「探偵さん……ということですか?」
「そうなるわね」
「すごいですねえ」
 何がすごいのかは分からないが、珍しい職業というものは、その存在だけで何やらすごいように思えるものだ。
「あの。探偵さんってことは、推理とか、するんですか?」
 野崎は、冗談めいた質問を投げた。探偵ってどんなお仕事なんですか、という質問でもよかった。少々掘りさげたかったのである。
 問いを受けた彼女は、煙をくゆらせつつ、答えた。
「まあね」
 そして、なんでもない調子でつけ加えた。
「あなた、もしかして最近、新しく靴を買ったんじゃない?」

なんとゆかしき“ホームズ流!”
かくして大学生の野崎と、雨女探偵・揺木茶々子(ゆれぎちゃちゃこ)の探偵活動がはじまる。
読むと中毒になるモリカワミステリ、どうぞご堪能あれ。【商品解説】

目次

  • 第一話「雨女探偵」――「エソラ vol.15」
  • 第二話「てるてる坊主」――「小説現代2013年12月号」掲載の「雨女探偵の夏」を改題
  • 第三話「雨天決行」――書き下ろし
  • 第四話「雪女探偵」――書き下ろし
  • 第五話「狐の嫁入り」――書き下ろし

収録作品一覧

雨女探偵 5−62
てるてる坊主 63−114
雨天決行 115−174

著者紹介

森川 智喜

略歴
〈森川智喜〉1984年香川県生まれ。京都大学推理小説研究会出身。「キャットフード」でデビュー。「スノーホワイト」で第14回本格ミステリ大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/11 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/15 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/05 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/24 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/24 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/02 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/11 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る