サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. されど“服”で人生は変わる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

されど“服”で人生は変わる
されど“服”で人生は変わる されど“服”で人生は変わる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/23
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219133-3
  • 国内送料無料

紙の本

されど“服”で人生は変わる

著者 齋藤 薫 (著)

服で損をしている気がする、毎日の服選びが憂うつ、本当に似合う服がわからない、「オシャレな人」と言われてみたい…。そんな貴女に“今すぐ”効きます! 人生の岐路に、危機に、停...

もっと見る

されど“服”で人生は変わる

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

服で損をしている気がする、毎日の服選びが憂うつ、本当に似合う服がわからない、「オシャレな人」と言われてみたい…。そんな貴女に“今すぐ”効きます! 人生の岐路に、危機に、停滞に効く、オシャレの処方箋。〔2009年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

「面白くって役に立つ!」と大評判。人生の岐路に、危機に、停滞に効く、オシャレの処方箋。大人気エッセイが、新書版で登場!
「服で損をしている気がする」「毎日の服選びが憂うつ」「本当に似合う服がわからない」「『オシャレな人』と言われてみたい」――そんなあなたに“今すぐ”効きます!

 今では当たり前になった“美容ジャーナリスト”という肩書きを世に広めた人気エッセイスト齋藤薫さん。女性の心をつかむ「齋藤理論」は、説得力と実践力を備えています。その理論をファッション、すなわち女性の毎日の着こなしにこそ、応用してみるべきなのではないか? という狙いから編まれ、13万部を超えるヒット作となった通称「され服」を、さらに多くの読者に届けるため、価格を下げた新書版として刊行します。【商品解説】

目次

  • まえがき――自分自身がオシャレに疲れたのが始まり。“着ることで幸せになる方法”を探りたかった
  • 1服で損をしていると感じている人へ――
  • (“愛され服”のウソ・ホント/他人の服見て、我が服直せ/男と会う服、女と会う服
  • /女友達の影響力/損する服、得する服/女が本当に、大人の服に着替える時)
  • 2毎日の服選びが憂うつな人へ――。
  • (オシャレに疲れたら……/風水的“開運”ファッション/雨ニモ負ケズ/幸せを着るファッションセラピー/恋する服、3段活用)
  • 3自分に本当に似合う服が知りたい人へ――。
  • (大きい人の服、小さい人の服/顔と服/ゴールドな女、シルバーな女、パールな女/コートでわかる“自分スタイル”/女とカバン/若服、老け服、若づくり服/「恥ずかしい服」を考える)
  • 4一目置かれる着こなしを身につけたい人へ――。
  • (着まわしからの脱却/高く見えるデニム、安く見えるデニム/モテる女の“黒”使い/衣替えってホントに必要?/日本人は、世界でいちばんオシャレになったか?/女は頭で痩せる、服で痩せる/食べている時の“オシャレ”について)

著者紹介

齋藤 薫

略歴
〈齋藤薫〉女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト、エッセイスト。女性誌で多数の連載を持つほか、美容記事の企画、商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍。著書に「あなたには“躾”があるか?」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少し辛口なのがいい

2016/02/08 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

痛い所をつかれながらも、感心する箇所は多く、大変参考になりました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

服を変えると気持ちまで

2016/03/31 03:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファッションが生活に密着した著者ならではの1冊だ。業界には興味がない人でも、服装を変える楽しみのことを考えながら読むことができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/02 21:38

投稿元:ブクログ

トレンドよりスタイル。着回せる服は確便利だけれど確かにときめかないかも。ファッションは値段や必要性、異性への意識の有無、素材などなど考えることが多くて疲れるけれど時に楽しくカンフル剤になってくれる。服を選ぶことが生きることなんだなあとしみじみ。

2016/07/23 08:36

投稿元:ブクログ

文章体があんまり好きではないのと、内容が重なっている部分があったりして、ちょっとくどい感じがしました。エッセイをまとめたものなので、仕方ないのかもしれません。ただ、女性の人生が服で変わるということには納得しています。

2015/03/31 23:30

投稿元:ブクログ

仕事の関係でファッションについて触れることがあり、その延長で手に取った本。某ファッション誌の編集長のお話を聞く機会があり、その人がただファッションを提案しているのではなく生き方の提案をしていると言っていたけれどまさにその通りの内容でした。ファッションはその人の生き方まで写し出す鏡だと。
人並み程度にはファッションに興味があると思っていたけれど考え方を改めさせられる一冊でした。

2014/12/29 23:37

投稿元:ブクログ

これを読むことで、全身のトータルバランスの重要さ、全身を鏡に映して見ることの大切さがわかった。
それ以外にも、読むだけで、”女”としてどうあるべきかを考えさせられる。
定期的に読んで、自分の女としての意識を忘れないようにしたい!

ファッション ランキング

ファッションのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む