サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

阿蘭陀西鶴
阿蘭陀西鶴 阿蘭陀西鶴
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219141-8
  • 国内送料無料

紙の本

阿蘭陀西鶴

著者 朝井 まかて (著)

井原西鶴は寛永19年(1642)生まれで、松尾芭蕉や近松門左衛門と同時代を生きた俳諧師でもあり浄瑠璃作者でもあった。若くして妻を亡くし、娘と大坂に暮らしながら、全身全霊を...

もっと見る

阿蘭陀西鶴

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

井原西鶴は寛永19年(1642)生まれで、松尾芭蕉や近松門左衛門と同時代を生きた俳諧師でもあり浄瑠璃作者でもあった。若くして妻を亡くし、娘と大坂に暮らしながら、全身全霊をこめて創作に打ち込んだ西鶴は、人間大好き、世間に興味津々、数多の騒動を引き起こす。ほんま、はた迷惑なお父はんや。日本初のベストセラー作家にして娯楽小説の祖・井原西鶴。娘との日々の暮らしから、謎に包まれたその人生に迫った。直木賞受賞第1作!【「BOOK」データベースの商品解説】

「ほんま、はた迷惑なお父はんや」 若くして妻を亡くし、娘と大坂に暮らしながら、創作に打ち込んだ井原西鶴は、人間大好き、世間に興味津々、数多の騒動を引き起こす−。娯楽小説の祖・西鶴の人生を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

「好色一代男」「世間胸算用」などの浮世草子で知られる井原西鶴は寛永19年(1642)生まれで、松尾芭蕉や近松門左衛門と同時代を生きた俳諧師でもあり浄瑠璃作者でもあった。俳諧師としては、一昼夜に多数の句を吟ずる矢数俳諧を創始し、2万3500句を休みなく発する興行を打ったこともあるが、その異端ぶりから、「阿蘭陀流」とも呼ばれた。
若くして妻を亡くし、盲目の娘と大坂に暮らしながら、全身全霊をこめて創作に打ち込んだ西鶴。人間大好き、世間に興味津々、数多の騒動を引き起こしつつ、新しいジャンルの作品を次々と発表して300年前のベストセラー作家となった阿蘭陀西鶴の姿を描く、書き下ろし長編時代小説。
芭蕉との確執、近松との交流。娘と二人の奇妙な暮らし。
創作に一切妥協なし。傍迷惑な天才作家・井原西鶴とは何者か?【商品解説】

著者紹介

朝井 まかて

略歴
〈朝井まかて〉1959年大阪生まれ。甲南女子大学文学部卒業。2008年小説現代長編新人賞奨励賞を受賞してデビュー。「恋歌」で本屋が選ぶ時代小説大賞、直木賞を受賞。他の著書に「ぬけまいる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

おあいとさいかく、父娘のつつがないお話

2016/02/12 01:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分勝手で奔放で天才でそして何より娘を愛してやまない父親の話再び。昨日は音楽家で今日は戯作者。時代もそれぞれ。自分の思うことに一直線で、それが娘に疎まれているとわかっていても辞めらない上、なんとか愛を伝えようと必死。父親ってかわいいんだな。物語は中盤、おあいと淡路へ旅するあたりからぐっと濃くなってきた。おあいも大人になっていき父親へのわだかりも少しずつ溶けて行く。忙しい合間をぬって西鶴が盲いのおあいに文字を教える場面がいっち好き。そして弟へ認めた最初で最後の文。おらんださいかく、つつがなし。おあいも、ね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

浅井まかての西鶴

2015/09/30 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こっこあこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西鶴がこんな感じの人だったとは
知らなかった。
見栄っ張りで世話好きで。

好色物を書いたことを教科書で勉強した時は
「好色物なんて下品な小説家だ」
と思っていたけれど
本当に多彩な人で
俳諧師としても活躍するし、
『日本永代蔵』『世間胸算用』のような
経済の小説も書ける。

気前がいいからお金をどんどん使って
ツケが払えないこともあったようだ。

目の見えないおあいが
子供の時に養子に出されて別れた弟と
再会したときに弟から聞いた話を
読んだときは涙が出た。
ますます西鶴が好きになった。

それで『日本永代蔵』と『好色五代女』
を買ってみた。
私がきちんと読めるか心配だけれども。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/22 23:07

投稿元:ブクログ

井原西鶴のことを、盲目の娘、あいの立場から描いた話。

父親に対する感情の揺れ動き、変化、兄弟に対する思い。
自分がどのようにして今の自分になり得たのか、と言うこと

いろんな思いが描かれている。

井原西鶴とは、こういう人だったのか、と思えてなかなかおもしろかった。

2015/07/06 13:51

投稿元:ブクログ

井原西鶴の盲目の娘・おあいの視点で描かれた親子の物語。

馴染みのない大阪弁、それから初めの頃おあいに可愛げがなくて、読み終わるまでにかなり時間がかかってしまった。挫折しかけたけど、最後まで読めてよかった。
西鶴が『好色一代男』を書き始めたあたりから、ぐんと面白くなったような気がします。名前と代表作しか知らなかったのに、現代語訳を読んでみたくなりました。
実在した人物の名前がちょこちょこ出てくるのも、この人たちは同時代に生きた人たちだったのかと再認識できて面白い。
少し悲しい、でも温かい、良い小説でした。

2015/04/23 20:59

投稿元:ブクログ

おとっつぁんのことをここまでボロクソに思ってる娘と、何も気づかないバカな父親。
西鶴ってそんな人だったの?と思いつつ読み進むうち親子愛にじぃ~ん…。なかなかおもしろい一冊。

2016/12/24 08:30

投稿元:ブクログ

井原西鶴に盲目の娘がいたというのは資料の断片からしか読み取れない事実のようだから、その娘が盲目ながら料理も裁縫もこなし、音や匂いや気配で敏感に父の周りの出来事を感じ取った、というのはおそらく筆者の創作であろう。大衆小説の創始者として文学史に足跡を残す井原西鶴の内面に思いを馳せ、自ら創作したに等しい「盲目の娘」にそれを語らせたのが本書である。

人は想像力を働かせることで、自分が住む場所よりも広い世界を感じることができる。井原西鶴は大阪の町人たちが共感できるキャラクターを設定し、その想像の枠を広げたが、本来暗闇の狭い世界に棲むはずのおあいも、浮世草子を推敲する父の声に導かれて外の世界を知り、やがて家族の本当の想いにも触れていく。おあいはが亡くなったのは26歳の時、父が「世間胸算用」を出した頃と想定され、10代半ばから10年間の心の葛藤に自由に想像力を働かせることで、朝井まかては前作「恋歌」を超える円熟味を示したのではないか。

2014/10/13 19:14

投稿元:ブクログ

西鶴の俗なところが娘の視点からよく書けている。父親への気持ちが少しずつ変わっていくところなどが印象深かった。

2015/03/31 11:24

投稿元:ブクログ

日本初のベストセラー作家井原西鶴のひととなりを盲目の娘おあいの視点からあぶりだしていく物語。自らを阿蘭陀=異端と名乗る西鶴、それを最初白々と見、自分勝手にふるまい家のことを放っておく西鶴に反発を覚えるおあい。しかし西鶴にお供して行く先々で出会う人々やおあいを育て上げるまでは断酒をすると宣言し、その後一滴も酒を飲まなくなったということを知るのをきっかけとし、親子の(というかおあい側)の確執は徐々にとけてゆく。
俳人としての西鶴がどのような評価を後世得ているのかは残念ながら私は知らないけれど『好色一代男』の世の介は知っている。市井の人と交わるうちにすかした俳諧よりも親しみを持てる草紙ものをと転換した西鶴。そのカンは大当たりし、年に何冊も好色ものが刊行されるようになる。一見単調な職業作家へのサクセスストーリーもまかてさんの素晴らしい描写による江戸の雰囲気とおあいの存在とが華を添えて絵巻物のような小説になっている。

2014/10/16 18:31

投稿元:ブクログ

賞を獲った「恋歌」から、著者の作品の方向性がちがってきたと思う。
それ以前の、軽妙でいてひとをそらさない、時代物の描き方が好きだったなぁ。
今が悪いわけじゃないけど、こういう作品ならほかの人にも書けるでしょうという感じがする。
名前が売れないと仕事にならないだろうけど、以前に戻らないかな。。。と一読者としては思ってしまう。

2014/12/06 17:43

投稿元:ブクログ

井原西鶴の生き様が、その娘あおいの視点で描かれる。盲目のあおいに、音や匂い、手触り肌触りを使うことを教えた母親のセリフが良かった。「自分で掴まなあかんのや。己が生きてるこの世界がどんなとこかを」初めはいなくなってほしいと思っていた父西鶴のことをしだいに好ましく思うようになるあおい。それにつられて私も西鶴のことが好きになっていった。あおいの作る料理がとても美味しそう。天地明察の主人公算哲さんが少し話題に上がって嬉しかった。

2015/04/26 14:31

投稿元:ブクログ

朝井まかてさん、江戸の時代文化に載せてひとのくらしや風俗を女性目線で描くのがうまい方だとおもうんだけど、実在の人物をとりあげてるのは恋歌とこれと、ほかにもあるのかな。井原西鶴の盲目の娘おあいの話。だよね。こっちが主人公。井原西鶴の筆の才を描いてるのとはちがうからな。障害をもったこどもを育てるときの親心として、鑑ともいうべき才能を描いてるような、そんな印象が残った。おあいは、幸せだったよね。いいお父さんじゃないの西鶴。
タイトルから、井原西鶴の文化人としての半生ドラマを期待すると物足りないだろうけど、ちょっとみんなが知ってるこの人物を通して、親子とは、縁とは、生まれつき与えられてしまったものを抱えて生きるということは(辰彌もそうだし)どういうことか、いろいろ考える種を拾える。またこの方の描く食の描写があざやかでいいんだよねえ。おあいの料理たべてみたいよ。
弟と出会うところとかもいいシーンだった。こういう家族もあるんだね。読み応え十分な1冊でした。

2014/12/05 00:15

投稿元:ブクログ

井原西鶴と盲目の娘おあいの間に通う情の時の流れによる変遷。淡々とした表現ながら、松尾芭蕉への敵愾心、あるいは嫉妬、近松門左衛門への複雑な思いなど面白く読んだ。

2014/10/06 11:45

投稿元:ブクログ

井原西鶴の盲人の娘 おあい目線で
父親を見つめた
西鶴の人物像はもちろん あの時代の人情物語やつながりが
おもしろい
なにより 親子の最初はかたくなな気持ちがだんだん
ほどけて、
 「おとうはんのおかげで、私はほんまおもしろかった}
は、気持ちがほっこりあったまった
最後、こういって幕を閉じたいもんだわ

2015/09/06 16:18

投稿元:ブクログ

井原西鶴 →『好色一代男』みたいなテスト問題の暗記ものとしてしか接することがなかった西鶴。そんな西鶴のひととなりが父娘関係のなかで描かれているので、楽しみながらも興味深く読めた。

2016/10/06 15:00

投稿元:ブクログ

井原西鶴の娘、盲目のおあいを通して見える父の姿。

大坂の人らしく、口から生まれたような、楽しくておもろいことが大好きな西鶴を嫌っていた思春期のおあい。やさしかった母を亡くし、二人の弟を養子に出したことも納得行っていなかったようだ。
今よりもっと、障害者の生きにくかった時代だったんだな。
家から一歩も出させてもらえないのが常識で、おあいのように外へ連れ出してもらえたり客人に会わせてもらえたりするなんて稀だった。そのことや、おあいのために大好きだった酒を飲まず少しでも長生きしようと決めた父親の気持ちを知り、徐々に心がほぐれていきます。

この父娘を中心として、通り過ぎていく人たちの甘いだけじゃない人生も描かれており、リアリティがありました。
朝井まかてさんの作品は、登場人物が皆生き生きと暮らしている息遣いと熱気が感じられます。