サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 湖底の城 呉越春秋 5巻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

湖底の城 呉越春秋 5巻
湖底の城 呉越春秋 5巻 湖底の城 呉越春秋 5巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/19
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219153-1
  • 国内送料無料

紙の本

湖底の城 呉越春秋 5巻

著者 宮城谷 昌光 (著)

楚、そして呉王僚を討ち、諸樊との戦いに勝利した公子光は、呉王闔廬に、その子の終〓(るい)は太子となった。子胥は闔廬の使者として、呉の外交を任されていた季子のもとへ向かう。...

もっと見る

湖底の城 呉越春秋 5巻

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

楚、そして呉王僚を討ち、諸樊との戦いに勝利した公子光は、呉王闔廬に、その子の終〓(るい)は太子となった。子胥は闔廬の使者として、呉の外交を任されていた季子のもとへ向かう。子胥は季子の助言通り、斉の首都臨〓(し)で宰相の晏嬰たちと面会。呉が斉に敵対するつもりはないことを伝えた。来たるべき戦いに向け、介根にいる孫武らを迎えにいった子胥は、孫武の兵法書を闔廬に献呈した。その後、才知を試された孫武は媚びることなく王命を厳然と遂行し、闔廬の信を得て臣下となった。孫武の策により、次々と敵を懐柔していく闔廬。いよいよ、楚との本格的な戦いが眼前に迫る。【「BOOK」データベースの商品解説】

来たるべき戦いに備え、伍子胥が呉王・闔廬のために連れてきた稀代の軍師。その人物は−。いよいよ、楚との本格的な戦いが眼前に迫る! 江水流域を舞台に描く中国歴史小説。『小説現代』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

楚との戦いに大勝した、公子光。楚王の死去をしった伍子胥は呉王・僚をうつ。また太子・諸樊との戦いにも勝った公子光は、呉王闔廬となり、その子・終累は太子となった。その後、子胥は闔廬の使者として延陵にいる季子の元を訪れる。季子は呉の外交を任されていたためだ。季子は斉へ使者を出すよう指示をし、子胥は季子の子・艾らを連れて向かう。子胥は斉で安嬰らと会い、呉が斉に敵対するつもりはないことを伝える。
子胥は楚との本格的な戦いに向けて、介根にいる孫武と、その元に預けた褒小羊を迎えにいく。その後、孫武は闔廬の臣下となった。
孫武の策により、次々と敵を懐柔していく闔廬。そしていよいよ、楚との本格的な戦いを眼前に控える――。【商品解説】

著者紹介

宮城谷 昌光

略歴
〈宮城谷昌光〉1945年愛知県生まれ。「夏姫春秋」で直木賞、「重耳」で芸術選奨文部大臣賞、「子産」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

腹心たちの活躍が楽しい。

2015/12/17 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

父兄を謀殺した楚王は死去したが復讐心は消えず新たにする。
来るべき戦いに向け腹心たちを使い暗躍する。
「湖底の城」は宮城谷さんにしては言葉使いが簡単なのでスルリと読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/30 20:14

投稿元:ブクログ

【読了メモ】 (150830 18:00) 宮城谷昌光 『湖底の城』(五)/講談社/2014 Sep 18th/孫武(孫子)のターンです!

2014/09/28 21:59

投稿元:ブクログ

孫武登場。待ってました。孫子の鮮やかな、戦さばきに魅了される巻である。
いよいよ物語は佳境に入ってきた感がある。

2014/12/24 11:26

投稿元:ブクログ

第五巻
久しぶりに読む、全く忘れているが史実なので大きな流れには問題が無い。
いよいよ孫武を後に迎え楚との戦いが、そして不気味な越が?

2014/11/02 21:43

投稿元:ブクログ

そういえば、文芸コーナーをしばらく覗いていなかった。年に1巻では忘れてしまう。もっと早く読みたかった孫武の活躍の巻。

2014/09/27 08:08

投稿元:ブクログ

孫子で有名な孫武登場。 孫武の呉への登用を助けた子胥と共に楚をたたく。あまりに鮮やかな孫武の兵法に次へ次へとページをめくるがやはり、そのための下準備は大きい。
よく言われる勝敗は勝つ前の準備と兵を起こさずにその前に全てを整えて戦わずして勝つ、が孫子の兵法で、戦うときは負けないように全ての準備をしてから。そのための奇兵を使うもありという所は現代の社会にも通じるな。じぶんの仕事でも使えそうなことは良くわかるが実践は難しい。
おもしろい!

2014/10/22 00:49

投稿元:ブクログ

中国春秋時代の伍子胥の物語の五巻目。

いよいよ孫武が呉に仕えます。
歴史的有名なエピソードの姫兵(本作では女兵)は、いたって普通に描写されていたので、宮城谷さん的ひねりを期待して肩透かしを食らいました。
本巻はまるっと孫武大活躍の巻で、本家孫子だけありますが、いろいろ種を仕込んでいるところとかは宮城谷さんっぽいと思いました。
いよいよ時間は伍子胥の大願成就の巻だと思いますが、あのエピソードをいかに描くかを期待して一年待ちます。

2014/10/05 18:55

投稿元:ブクログ

とても気分良い巻。敵をどんどん倒していく様子は読んでいて楽しかった。主人公の影は若干薄いかもしれない。