サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

首都水没(文春新書)
首都水没(文春新書) 首都水没(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660980-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

首都水没 (文春新書)

著者 土屋 信行 (著)

ゼロメートル地帯が4割を占め、多数の地下鉄が走る東京は、きわめて水害に弱い構造である。元都庁の土木専門家が、“世界一危ない都市”東京の水害シミュレーションを示す。【「TR...

もっと見る

首都水没 (文春新書)

821(税込)

首都水没

800 (税込)

首都水没

ポイント :7pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゼロメートル地帯が4割を占め、多数の地下鉄が走る東京は、きわめて水害に弱い構造である。元都庁の土木専門家が、“世界一危ない都市”東京の水害シミュレーションを示す。【「TRC MARC」の商品解説】

昨年、ゲリラ豪雨が多発し、和歌山や奈良の山間部に大きな打撃を与えました。都市部もいつ、壊滅的な打撃を受けてもおかしくはありません。事実、東京では昨年、神田川が警戒水域を超えたため警報が鳴り、二子玉川駅そばの高級マンションが、床上浸水しています。なぜ、ここまで事態が深刻化してしまったのでしょうか。
温暖化による気候変化が大きな要因であるのは言うまでもありません。しかし、東京都建設局課長、江戸川区土木部長などを歴任した著者の土屋信行氏は、「それ以上に、行政の対策が後回しにされていることが問題だ」と説きます。
たとえば、江戸川放水路や荒川放水路はそもそも、利根川水系が氾濫し、東京の中心部が浸水することを防ぐために作られました。言い換えれば、江戸川以東、荒川以東に水が逃げるようにできています。当時はそれでよかったでしょうが、都市開発が進んだこの地区をいま豪雨が襲えば、多くの世帯が甚大な被害を受けかねません。にもかかわらず、放水路の東側は100年近く、放置されたままなのです。
土屋氏が危険だと指摘する都内の場所は幾つもありますが、その1つが東京駅です。周辺が低地であるため、実は水没と隣り合わせの状況にあるのです。また地下鉄も早急に対策が求めらます。いまの構造のままだと、地下鉄に流れ込んだ水が、日比谷駅や銀座駅あたりで吹き出すことが懸念されています。すでに、台北の地下鉄で同様の事態が起きており、復旧には3ヵ月を要しました。
洪水対策の第一人者が、都内の危険地区を示すとともに、あるべき強靭化の方策を提案します。【商品解説】

著者紹介

土屋 信行

略歴
〈土屋信行〉1975年東京都入都、道路、橋梁、下水道、まちづくり、河川事業に従事。海抜ゼロメートル世界都市サミットを開催し、幅広く災害対策に取り組む。公益財団法人えどがわ環境財団理事長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

水を治むる者は、国を治む

2015/07/26 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎年、水害による痛ましい被害者が発生し、その時だけ派手に報道されますが、水害対策は地震対策ほど注目されていないように思います。「自分は安全だ」と根拠のない確信があるのかもしれません。それだけに、関東に住む方は無論のこと、本書を一読し、水害の恐ろしさを知っておくべきと思いました。

 内容は以下の通りでした。特に第3章の洪水シミュレーションは、想定される事態が淡々と記述されていて、かえって戦慄を覚えました。
第1章:ゲリラ豪雨について
第2章:東京の地盤沈下について
第3章:地下鉄洪水等の災害シミュレーション
第4章:東京が水害に弱い町となった歴史
第5章:地震洪水
第6章:災害列島の成り立ち
第7章:東京の三大水害
第8章:避難勧告や避難指示について
第9章:まとめ(洪水対策は国家の安全保障)
 全体としては、日本列島の成り立ちや地震対策にまで言及するなど盛りだくさんで、主題である水害がぼけてしまい、総花的で散漫な印象も受けました。

 それにしても、八ツ場ダムとスーパー堤防を否定して、国民の命を虫けらのように扱った愚かな民主党政権(115ページ、170ページ)。特に蓮舫の「スーパー堤防は必要ですか?二百年に一度の津波だったらいいじゃないですか」は忘れられません。無知で不見識な人間が政治家になった時の国民のリスクは果てしなく大きいことが、本書を読んで、改めて思い出されました。
 なお、本書を読んで水害に興味を持った方へは、稲泉連氏著作の「ドキュメント豪雨災害 そのとき人は何を見るか (岩波新書 新赤版)」もお勧めです。本書は、4年前に紀伊半島を襲った台風12号の豪雨災害を振り返り、読者に追体験をしてもらうことで、今後の防災に活かしたいという迫力ある内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/20 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/28 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/25 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/02 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/11 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む