サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 人生の意味と神 信仰をめぐる対話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生の意味と神 信仰をめぐる対話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/27
  • 出版社: 新教出版社
  • サイズ:20cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-400-31072-3
  • 国内送料無料

紙の本

人生の意味と神 信仰をめぐる対話

著者 ヴィクトール・フランクル (著),ピンハス・ラピーデ (著),芝田 豊彦 (訳),広岡 義之 (訳)

ナチ強制収容所を生き延びた精神科医と、ユダヤ教の立場に立つ神学者が、人生の意味探求にとって「神」とは何か、聖書をどう読むか、悪はなぜあるか、人間とは何ものかをめぐって、真...

もっと見る

人生の意味と神 信仰をめぐる対話

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナチ強制収容所を生き延びた精神科医と、ユダヤ教の立場に立つ神学者が、人生の意味探求にとって「神」とは何か、聖書をどう読むか、悪はなぜあるか、人間とは何ものかをめぐって、真摯な対話を行う。【「TRC MARC」の商品解説】

アウシュヴィッツを生き延び、ロゴセラピー(実存分析)を提唱した精神科医と、ユダヤ教の立場に立つ神学者の対話。
フランクルは特定の宗教に立つことを明言しないが、人間の根源的宗教性を深く尊重した思想家であり、対してラピーデは明確にユダヤ教の立場に立つ。この二人が、人生の意味探求にとって「神」とは何か、聖書をどう読むかをめぐり、真摯な対話を行う。
この長い対話は、ラピーデが、ユダヤ教ラビであるレオ・ベックに由来する祈りを朗読し、フランクルが、「アーメン」と声をあわせて終わった。
「悪意ある人たちに平安がありますように。すべての復讐が終わり、刑罰と懲罰について語られることがすべて終わりますように。......そしてすべてが過ぎ去ったとき、わたしたちがふたたび人間として人間のもとに生きることが許されますように。」【商品解説】

著者紹介

ヴィクトール・フランクル

略歴
〈ヴィクトール・フランクル〉1905〜97年。オーストリア生まれ。精神科医。ロゴセラピーの創始者。著書に「夜と霧」など。
〈ピンハス・ラピーデ〉1922〜97年。宗教哲学者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/19 08:44

投稿元:ブクログ

ユダヤ人の心理学者、神学者である2人の対話は神の存在、無神論とは、神はどのような方か、ユダヤ人の時間感覚、心理学の領域で神の存在を追求できるのか、など興味深い話題が満載。難解な本でありながら、楽しく読むことができた。ラピーデの言葉のいくつか含蓄深い。「『神は死んだ』とニーチェが語ったが、祈りを叶える者、成功を供給する者という子供じみている神のイメージを考えるならば、彼は全く正しい!」「ある無名のシベリア抑留者の証「わたしは神を探し求めた。神はご自身を遠ざけられた。わたしはわたしの魂を探し求めた。魂は見つからなかった。わたしはわたしの兄弟を探し求めた。そうしたら3つとも見つかった。」「『エロイエロイ レマ サバクタニ』は『わが神 わが神、何のためにあなたは私を見捨てられたのですか』という未来を見ている神への問い」等々。このような充実した対話本が日本語で読めることは、クリスチャン訳者に感謝したい。

宗教学 ランキング

宗教学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む