サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第3巻 日本はなぜ戦ったのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第3巻 日本はなぜ戦ったのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/24
  • 出版社: 彩雲出版
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-19584-6
  • 国内送料無料

紙の本

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第3巻 日本はなぜ戦ったのか

著者 小名木 善行 (著)

ねらわれた黄金の国(ジパング)、楠木正成と七生報国、大陸出兵の理由、北海道を守った占守島の戦い…。日本人が知らない日本のすごい話や感動する話全15話を厳選して紹介。ブログ...

もっと見る

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人! 第3巻 日本はなぜ戦ったのか

1,458(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ねらわれた黄金の国(ジパング)、楠木正成と七生報国、大陸出兵の理由、北海道を守った占守島の戦い…。日本人が知らない日本のすごい話や感動する話全15話を厳選して紹介。ブログをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

元寇から大東亜戦争までの主な戦いを検証し、「和」を貴ぶ日本人がなぜ戦ったのか、どうして戦わなければならなかったのかを検証するとともに、日本精神とは何かについて考察する。
1カ月に100万人が訪れる人気ブログ「ねずさんのひとりごと」より誕生。元文部科学大臣、中山成彬氏が「日本人に生まれて、本当によかったと思える本です」と推薦する。
「これほど平和を愛する国はありません。戦えばこれほど強い国はありません。歴史を俯瞰すれば、日本人の「戦」は単なる殺し合いではなく、敵と味方との間に「和」を築くための大きな試練であったといえるのではないでしょうか。敵をただ殺すのではなく、敵も味方も活かそうとする、この形容しがたい精神の奥深さこそ、日本精神の神髄なのです。」(本文より)【商品解説】

目次

  • はじめに──日本はなぜ戦ったのか
  • 1 元 寇──ねらわれた黄金の国
  • 2 文永の役──外敵を打ち払え
  • 3 弘安の役──時宗の決断と「神風」
  • 4 湊川の戦い──楠木正成と七生報国
  • 5 福井水路──武士の生き様
  • 6 日清戦争──朝鮮ハ独立ノ一国ナリ
  • 7 義和団事件──大陸出兵の理由
  • 8 日露戦争──旅順要塞戦とイスラエル建国の精神
  • 9 日露戦争──久松五勇士の戦い

著者紹介

小名木 善行

略歴
倭塾塾長昭和31年1月生まれ。静岡県浜松市出身。国史研究家。日本史検定講座講師&教務。日本の良い話を中心に情報発信するブログ「ねずさんのひとりごと」では、月100万人を越える訪問がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/04 17:23

投稿元:ブクログ

先人のお陰で、今の我々が存在できている。改めて、そう思わされる本。少々出典はどこに?とか、突っ込みたい所もありますが、「和」をもって共存共栄を目指す考えに賛同する。

2015/01/06 20:29

投稿元:ブクログ

戦後捻じ曲げられた史実。30代になってようやく知ることができた。アメリカによって大きく改変された教育の見方を少しずつ変えていく必要があると思った。もちろん,両面でとらえていく必要がある。これまでは日本=悪の図式だけでの教育だった。Aという情報だけではなく,AもBも事実として知った上でこれからの日本,外国との付き合いを考えていくことが大事だと思った。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む