サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ハムシハンドブック 葉上の宝石

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハムシハンドブック 葉上の宝石
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/11
  • 出版社: 文一総合出版
  • サイズ:19cm/104p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8299-8122-1
  • 国内送料無料

紙の本

ハムシハンドブック 葉上の宝石

著者 尾園 暁 (著)

日本に分布するハムシのうち、本州で身近に見られる種を中心に、識別ポイントを明記した標本写真、スケール付きの実物大写真、種の雰囲気がわかる生態写真とともに紹介。食草や出現期...

もっと見る

ハムシハンドブック 葉上の宝石

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本に分布するハムシのうち、本州で身近に見られる種を中心に、識別ポイントを明記した標本写真、スケール付きの実物大写真、種の雰囲気がわかる生態写真とともに紹介。食草や出現期、分布などの解説も充実。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

尾園 暁

略歴
〈尾園暁〉琉球大学大学院(修士課程)修了。昆虫写真家。ライフワークはトンボの生態撮影。日本写真家協会、日本自然科学写真協会、日本トンボ学会会員。共著に「ネイチャーガイド日本のトンボ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

使いやすく便利

2015/09/30 03:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:minomonta - この投稿者のレビュー一覧を見る

決して多くの種類が載っているわけではないが見ていて楽しい図鑑だ。拡大写真で特徴を図示しながらも実寸サイズの写真も右上にあって大きさもわかりやすい。色褪せた標本で載せてしまったものがあるのはやや残念だがこのハンドブックにしては良くできている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/21 20:14

投稿元:ブクログ

読書録「ハムシハンドブック」3

著者 尾園暁
出版 文一総合出版

p29より引用
“ムシクソハムシ”

目次から抜粋引用
“ハムシとは?
 ハムシを探そう
 実物大ハムシ一覧
 トゲナシトゲトゲ
 世界のハムシ”

 昆虫写真家である著者による、ハムシ好き
によるハムシ好きのための一冊。
 見目麗しい種からうんこみたいの種まで、
同じ仲間とは思えないほど個性的なハムシた
ちが、実物大で掲載されています。

 上記の引用は、ある種の名前。
虫の糞に擬態しているからこの名が付けられ
ているのですが、あまりにも直球勝負過ぎる
気がします。
昆虫にかぎらず、生物の標準和名は面白いも
のが多いので、図鑑を眺めているだけで楽し
くなります。
 この本の中で紹介されているなかでは、や
はりトゲハムシ亜科の名前が面白いのではな
いでしょうか。
p89のトゲナシトゲトゲについてのコラムで
は、トゲアリトゲナシトゲトゲという冗談の
ような名前まで出てきます。

ーーーーー