サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沖縄、脱植民地への胎動
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/22
  • 出版社: 未來社
  • サイズ:19cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-624-41098-8
  • 国内送料無料

紙の本

沖縄、脱植民地への胎動

著者 知念 ウシ (著),與儀 秀武 (著),桃原 一彦 (著),赤嶺 ゆかり (著)

政治・軍事から教育・言語にまでわたり沖縄の大地と文化を収奪する日本の「植民地主義」を批判し、「脱植民地」の思索と実践を報告する。知念ウシ、石田雄の往復書簡も収録。PR誌『...

もっと見る

沖縄、脱植民地への胎動

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

政治・軍事から教育・言語にまでわたり沖縄の大地と文化を収奪する日本の「植民地主義」を批判し、「脱植民地」の思索と実践を報告する。知念ウシ、石田雄の往復書簡も収録。PR誌『未来』連載「沖縄からの報告」を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

PR誌「未来」の連載「沖縄からの報告」2012年3月号~2014年3月号を単行本化。
 普天間基地の移設問題、オスプレイ配備問題、竹富町の教科書問題など、政治・軍事から教育・言語にまでわたって沖縄の大地と文化を収奪する日本の「植民地主義」を批判し、「脱植民地」の思索と実践を報告する時事論集。「未来」2013年12月号~2014年6月号で掲載された、知念ウシ氏と石田雄氏との暴力・植民地をめぐる往復書簡も収録する。【商品解説】

目次

  • 第一部
  •  知念ウシ
  •   「どうして沖縄の正月は学校が休みにならないの」/なぜ岩国×で沖縄は〇なのか/普天間基  地の中に入ってみた/オスプレイ腰
  •  與儀秀武
  •   海岸線の思考/エリアの構想力/沖縄文化の潜勢力/独立論の行方
  •  桃原一彦
  •   「井戸」の底でつながるスタンディング・アーミー/身体を主語においたユートピアへ向けて/脱  植民地化と「対決性」/「善意」で舗装された道はどこへ向かう?
  • 第二部
  •  知念ウシ

著者紹介

知念 ウシ

略歴
知念ウシ(ちにん・うしぃ)
 1966年、沖縄島那覇市首里生まれ。津田塾大学、東京大学卒業。むぬかちゃー&むぬかんげーやー、沖縄国際大学非常勤講師。著書に『植民者へ――ポストコロニアリズムという挑発』(共著、松籟社、2007年)、『ウシがゆく――植民地主義を探検し、私をさがす旅』(沖縄タイムス社、2010年)、『闘争する境界――復帰後世代の沖縄からの報告』(共著、未來社、2012年)、『シランフーナー(知らんふり)の暴力――知念ウシ政治発言集』(未來社、2013年)、Under Occupation: Resistence and Struggle in a militarised Asia-Pacific (Daniel Broudy eds., Cambridge Scholars Publishing, 2013) 。翻訳に『りゅう子の白い旗――沖縄いくさものがたり』(新川明文・儀間比呂志版画、出版舎Mugen、2011年)、『トラウマと身体』(共訳、星和書店、2012年)など。

與儀秀武(よぎ・ひでたけ)
 1973年、宮古島市伊良部生まれ。琉球大学大学院人文社会科学研究科修了。沖縄文化論。著書に『闘争する境界――復帰後世代の沖縄からの報告』(共著、未來社、2012年)。主要論文に「沖縄と日本国憲法」(「情況」2008年5月号)など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本の社会・文化 ランキング

日本の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む