サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 赤と青ローマの教室でぼくらは

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤と青ローマの教室でぼくらは
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/23
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6854-8
  • 国内送料無料

紙の本

赤と青ローマの教室でぼくらは

著者 マルコ・ロドリ (著),岡本 太郎 (訳)

小説家・詩人として活躍するマルコ・ロドリは、ローマ郊外の高校で国語教師として30年にわたって教鞭をとっている。決して恵まれた環境とは言えず、時にひどく過酷な教育現場。学習...

もっと見る

赤と青ローマの教室でぼくらは

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小説家・詩人として活躍するマルコ・ロドリは、ローマ郊外の高校で国語教師として30年にわたって教鞭をとっている。決して恵まれた環境とは言えず、時にひどく過酷な教育現場。学習意欲が望めず、将来への展望を持てない生徒たち。近年増加しつつあるいじめ。学校をも蝕む麻薬問題。移民や差別、貧困、落第…。学校社会で起こる様々な問題に対し、作家ならではのすぐれた洞察力で時に温かく、時にきびしい眼差しを向ける。教育本来の理想と現実とのギャップに葛藤しつつも、生徒たちと心がふれあう瞬間を信じて奮闘する日々をつづった心温まるエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

ローマの高校で約30年教鞭を執ってきた作家、マルコ・ロドリ。移民や差別、貧困、落第など学校社会で起こる様々な問題や、教育本来の理想と現実とのギャップに葛藤しつつ、奮闘する日々をつづったエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

小説家・詩人として活躍するマルコ・ロドリは、ローマ郊外の高校で国語教師として30 年にわたって教鞭をとっている。決して恵まれた環境とは言えず、時にひどく過酷な教育現場。学習意欲が望めず、将来への展望を持てない生徒たち。近年増加しつつあるいじめ。学校をも蝕む麻薬問題。移民や差別、貧困、落第……。学校社会で起こる様々な問題に対し、作家ならではのすぐれた洞察力で時に温かく、時にきびしい眼差しを向ける。教育本来の理想と現実とのギャップに葛藤しつつも、生徒たちと心がふれあう瞬間を信じて奮闘する日々をつづった心温まるエッセイ集。
【商品解説】

目次

  • はじめに/ピーニャ学習帳!/率直さの時代/生徒たちの詩心/口頭試問とピアス/ゆっくり動く子どもたち/同じ言葉、同じフレーズ、同じフィーリング/リュックは語る/教室で生徒の携帯が鳴る時/親の勉強をアシストするコーチ?/補講は迷子の子ヒツジを救えるか/ぶ厚くて高い教科書が家計を脅かす/現代っ子とドルチェ&ガッバーナのショーツ/モニカは学校をやめた/『パリ20区、僕たちのクラス』をめぐって/「一分だって悩みたくないんです」/卒業試験に三人の校外試験官がやって来た/追試復活論/欲望について、哲人生徒かく語りき/校外ドーピングテスト?/子どもたちと麻薬/母親は生きていた?/成績会議のステージにて/少年ファシストと左翼の子/卒業試験はどこへ向かう/学校占拠と学生自治/求む、ささやかな変革/政治なんか興味ない/ビーサンはNG/「つまり」から「ってことは」へ/レジュメのネタはググれ/むずかしいイタリア語/筆記試験日の先生と子どもたち/学校多民族化/学食メニューに各国料理が並びはじめた/ファッション科の女の子たち/一四歳の死/悪ガキの懐かしき胸躍る世界/いじめについて/女子版いじめについて/さらば敗者崇拝、倒せ悪しき勝者/三次試験の魔物/イタリアの若者は親元で老いてゆく/スーパーアイドルから電話が……/子どもたちと新聞を/口頭試問の悪夢とハプニング/ベルリンの電子黒板/ロッサーナ・イッバの料理パフォーマンス/修学旅行はヴェネツィアへ/ヴェネツィアの思い出/イタリアの先生は世界一高齢/涙ぐましい給料/フランスの学校は水曜も休みに……/小学校の先生/さようなら補助教員/昔から生徒は先生が嫌い/子どもだって許すまじき/理由なき反抗/落ちこぼれ学級?/試験委員会改革案/カンニングの天才/制服(スモック)復活論/はだかの学校/口頭試問で口からアクロバット/卒業試験が終わって/一年の幕が閉じる日/ぐうたら教師たちに告ぐ/学年末のパーティ/イタリアの子どもたちの夏休み/学生自治と失われた学校/時は止まり、思いは駆け抜ける/新学期初日の先生たち/カンタンさの神サマ/「大事なのはお金だけ」/ウーゴ・バルトロメイ小学校/訳者あとがき――そこで生まれるかもしれない何か

著者紹介

マルコ・ロドリ

略歴
〈マルコ・ロドリ〉1956年ローマ生まれ。作家、詩人。著書に「のらくらの楽園」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/09 07:33

投稿元:ブクログ

ローマの中~高校で教師をしていた詩人の様々なエピソード。国も教育制度もちがうけれど、ため息をつきながら日々を過ごしている教師像が浮かび、笑ったり同感したり…。

教育読みもの ランキング

教育読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む